ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ライガーゼロ


ヨミ: ライガーゼロ
掲示板をミル!
120カキコ!
ゾイド > ライガーゼロ

ライガーゼロとは、『ZOIDSシリーズに登場するライオン高速戦闘ゾイドである。

別売りの追加パーツにより色々な機体バリエーションが楽しめるプレイバリューの高い玩具になっている。
アニメシリーズでは2作連続で役機を務めている。


機体解説


ライガーゼロ
LIGER ZERO
基本情報
RZ-041
EZ-054
所属 ヘリック共和国
ガイロス帝国
ネオゼネバス帝国
モチーフ ライオン
スペック
全長 24.0 m
全高 8.3 m
全幅 不明
重量 85.0 t
最高速 307.0 km/h
武装
ゾイドテンプレート

ライガーゼロ

ヘリック共和国が・・・ではなく、元はと言うとガイロス帝国が開発した高速戦闘ライオンゾイド
共和軍が使用する事になるのは帝国基地制圧の際に鹵獲したプロトタイプ制作方法から基本装備まで全にコピーするような形で量産したためである。

最大の特徴はコアに“全野生体ゾイド”のものを使用しているという点である。
現在においてほとんどのゾイド惑星Zi大異変でどうにか絶滅を免れた原種ゾイドを保護・人工繁殖させてそれをベースにして生み出されているが、この人工飼育を繰り返した結果、今日まで使われている大半のゾイド原種の生命戦闘力は以前よりも落ちているとされる。しかし、種の中にはその大異変を自で乗り越えたゾイドもおり、このゾイドの生命戦闘力は人工飼育で育てられたゾイドのものをかにえ、そのは“オーガノイドシステム搭載ゾイド”に匹敵するものと言われている。

ライガーゼロもまたこの全野生種ライオンゾイドベースに生み出されたゾイドであり、基本的な運動だけでも十分RZ-28ブレードライガーしうレベルを有している。
野生種本来のを活かすためとして、基本的にそのコアを生体機体に移し替えてそこに装甲を被せるだけで火器や武装はほとんど装備されておらず、そのままではの牙や四肢のを用いた原始的な戦い方しかできないが、このライガーゼロ最大の特徴はその外部装甲を任務や的に合わせて換装する事で、多種多様な戦略と戦法を行えるようになる“チェンジング・アーマー・システム(CAS”と呼ばれる画期的なシステムを搭載している事である。
このCASによりライガーゼロは今までのゾイド以上に格闘戦から撃戦、後には低飛行による奇襲戦法さえ可な幅広い戦術的運用ができるほどの汎用性を獲得したのである。

野生のゾイドをそのまま使用するという都合上、従来機以上にゾイドパイロットの相性で操縦性が左右されやすい傾向があり、それでいて全野生種は個体数も種類も少なく捕獲が困難で、しかもCASを採用したため製造費はブレードライガー以上という極めて高コストな機体になっている。
さらに今まで用意されてきたCASはその方向性が極端に特化しており、装備形態ではかえって汎用性を低下させたり、換装には相当の設備を擁するため場所や現地によっては不都合なシステムであるともされている。

それでもこの全野生体ゾイドの採用は今までのゾイドの在り方を変えるものであり、これ以降両軍のとなるゾイドは全て全野生体ゾイドベースに作られるようになる。
そしてライガーゼロのCASもまた発展して行き、後にはブロックスゾイドとのチェンジイズを応用したB-CASなどが生み出されている。

共和側が本機を手に入れるや、そのコンセプトを付けた共和軍によってブレードライガーに代わる共和ゾイドとして採用される事になり、このライガーゼロを中核にした専用部隊の結成および専用のCASの開発も急ピッチで進められる。そして初陣となる共和基地の防衛戦で覚しい働きを見せ、そして暗黒大陸での戦いでは常に急先鋒に立って進撃するなど、共和軍の新たなフラッグシップ機としてガイロス戦からネオゼネバス戦まで活躍し続けた歴史的機体となった。

なお、同時期に同じ基地で開発されたEZ-49バーサークフューラー事実上の兄弟機であり、また開発データ帝国側にも残されていたため後にガイロス帝国およびネオゼネバス帝国もライガーゼロを製作している。
さらに戦争後期にネオゼネバス帝国が創りだしたEZ-72エナジーライガーもこのライガーゼロと同種のライオンゾイドコアを使用している。


主なCAS一覧


ライガーゼロシュナイダー

ライガーゼロシュナイダー
LIGER ZERO SCHNEIDER
スペック
全長 24.1m
全高 10.1m
重量 135.0t
最高速 310.0km/h
武装
ゾイドテンプレート

[画像を見る]

ライガーゼロに格闘装甲“シュナイダーユニット”を装着させた形態。
ブレードライガーの直系的な装備でもあり、今まで培われた対ゾイド格闘戦のデータを活かしやすい機体。

なんとレーザーブレードを前面部に5本、胴体両側にブレードライガーのそれよりも長いものが2本と合計7基も装備しており、さらにEZ-36デススティンガー荷電粒子砲すら防ぎきるほど高出のEシールドジェネレーターも搭載した攻防一体の形態で、特に前面部レーザーブレードとEシールドを展開して敵に突撃する必殺技の“ファイブレードストーム”の威は凄まじく、巨大ゾイドクラスの装甲も容易く貫く事ができる。

機体重量も増しているが、ブースターやスラスターも増設して機動性を補っている。ただし、その分エネルギーの消費率は高く、稼働時間は短い。

ライガーゼロイエーガー

ライガーゼロイエーガー
LIGER ZERO JAGER
スペック
全長 24.1m
全高 10.8m
重量 132.0t
最高速 330.0km/h
武装
ゾイドテンプレート

[画像を見る]
ライガーゼロに高機動装甲“イエーガーユニット”を装着させた形態。
もとより優れていたライガーゼロの機動性と高速性を極限まで高めた姿であり、ブレードライガーぐ機動を持つというEZ-35ライトニングサイクスに対抗する事が想定されている。

最大の特徴である背部の大イオンブースターポッドブレードライガーロケットブースターよりもスムーズに加速でき、なおかつ自在に度の調整ができるため急な方向転換も自由に熟す事が可になっている。

運動性と機動性は従来のあらゆる高速ゾイドのそれをかに上回っているが、その反面武器の追加はほとんどく、単純にライガーゼロを速くしたような機体となっている。

ライガーゼロパンツァー

ライガーゼロパンツァー
LIGER ZERO PANZER
スペック
全長 23.3m
全高 9.7m
重量 145.0t
最高速 285.0km/h
武装
ゾイドテンプレート

[画像を見る]

ライガーゼロに重火力装甲“パンツァーユニット”を装着させた形態。
本来は高速格闘戦を得意とするライガータイプを本格的な撃戦に対応させたという機体。

背部のハイブリッドキャノンおよび全身に装備されたミサイルポッドにより、その火力は大幅に高められているが、それでいて200km/h以上の機動性も維持しているため、後方支援のみならず敵前線へ素く接近して敵軍へ強襲攻撃をかける事ができ、その全武器を一斉発射する“バーニングビッグバン”は小ゾイドであれば部隊ごと殲滅し、巨大ゾイドの重装甲さえ全に粉砕するほどの破壊を発揮する。

なお、『/ZERO』や『妄想戦記』シリーズではその基本設計を視した装備からこのモードではほとんど動く事が出来ずにすぐオーバーヒートしてしまうとされるが、バトストではそのような描写は見られないためその辺の偽は不明(ただし、RZ-66ゴルヘックス付属のバトストで登場した機体はオーバーヒートこそしていないものの、やはり運動が低下していたのは事実なのか、敵ゾイドとの格闘戦で不利になる場面もあった)。
この描写の違いについては、コトブキヤ版キットの取説にて説明されており、バトスト時代のライガーゼロ本体およびパンツァーユニットには「エルチウム・ゼロ」という軽量・硬質で放熱性にも優れた金属を使用する事で重装甲と高機動を両立していたとされている。


次へ»
最終更新日: 17/04/17 00:34
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ