ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ライダー(Fate/stay night)


ヨミ: ライダー
掲示板をミル!
187カキコ!

ライダー(Fate/stay night)とは、TYPE-MOON発売のPCソフトFate/stay night』に登場するキャラクターの一人である。CV.浅川悠

なお、記事ではこれ以降ライダーと表記する。

ネタバレ注意 この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

概要


第五次聖杯戦争の駒として召喚された仮面ライダーサーヴァントの一騎。
サーヴァントについてはサーヴァント(聖杯戦争)を参照)

妖艶な色気を備えた長身美女で特徴は足元まで届く長を覆うアイマスク
マスター間桐慎二間桐慎二は表向きのマスターであり、ルートによって真のマスターが姿を現すこともある。)

武器は無銘の短ライダーダガーとも)。
形状は鎖のついたダガーと言いながらもる事は不可能である。
としての性アレな事になってるが、その形状から相手に突き刺し鎖で拘束する事ができる。
しかも一度刺さるとなぜか凄く抜けにくいらしい。
近接用ではなく、遠距離からの投擲が用途となる。

ライダークラスにふさわしい機動を持ち、上や前後左右と立体的な動きで敵を翻弄する。
保有スキル宝具の数はサーヴァントの中でも一、二を争うクラスである。

名はギリシャ神話の怪物メドゥーサである。(ネタバレにつき反転

無口想、自己をしないが考えすぎてしまう性格でありポーカーフェイスで隠している。
マスターへの心遣いやエンディングなどで見せる意外な魅などで人気は高い。


ゲーム中の立ち回り(ネタバレ注意)


偽臣の書により本来のマスターではない間桐慎二に従っているため、かなりのを制限されている。そのため、マスターの命により一般人を襲ったり、主人公衛宮士郎の通う学校に魔吸収のための結界宝具を展開したりするなどの魔の底上げを図るための行動を強いられる。

それでも機動や多宝具を使ってセイバー相手に見事な立ち回りを見せた。

マスターに所有権が戻るとそれまで使用を控えていたスキルなども加わりさらに強サーヴァントに変じるが、同時にマスターへの心遣いなどの新しい面も見せるようになる。

よって、ライダーの見せ場はHFルートにあるといっても過言ではない。セイバールートではエクスカリバーを出させるためのかませ、ルートではお前何しに出てきたんだ程度の活躍しかしていない彼女もHFルート中盤、セイバーが泥に飲まれた後からは八面六臂の大活躍である


設定(ネタバレ注意)


エルリア殿から発掘されたを触媒にして召喚された。
このギリシャ神話の古い地縁の物品である。

本来は“木の聖杯戦争”では召喚されない反英雄である。(ただし全な反英雄でもい。)

三次聖杯戦争で起きた事により生じたシステム歪みから、“世間からは悪でありながらも英雄と定義される者”である反英雄の存在が認められている。

ギリシャ神話に登場する見たものを石にする半人半神の女怪で、負の想念によって祭り上げられた反英雄

の群れ、肌はの鱗、背にはを覗いた者は石の彫像にされてしまう。
の化身として描かれる事が多い魔物英雄ペルセウスに倒される。

ゴルゴ三姉妹(ステンノ、エウリアレメデューサ)の末女でたちと違い一不老ではない。
二人が”独りでは生きられない女性性”の徴であるのに対し、”自立した女性”としての側面を有しているため。要するに成長することができる。

リンゴが育つの近くにある「形ない」に住む。
もともとは美しいたちだったが海神ポセイドンされた事により海神の妻の不評を買ってしまい、彼女たちの美しい嫉妬した戦女神アテナによって魔物に堕とされてしまう。(美しさに思い上がった為とも言われている。)

魔物と化した後はない殿にこもり、闇に人を襲う事はなかったという・・・のだが々の理不尽な行いの犠牲者であるメデューサは、その最後も々の気まぐれによって首を狩られるという運命にあった。
切断されたメデューサの首の血から生じた純ペガサス海神ポセイドン息子とも言われている。

英霊となった彼女は“石化魔眼”は有してるものの、美しさは健在となっている。

種別的に英霊というより霊で多種多様な女神として扱われていた頃の名残である。


守護者ではない英霊は後世の人々にを貸す伝承として扱われる。
人間とは相容れない寄りになったものは霊、精霊の類となる。


ステータス


:B 耐久:D 敏捷:A :B 幸運:E 宝具:A+

クラス別能力


対魔:B

魔術への耐性を得る大雑把には、同ランク以下の魔術効化する。

Bランクは三節以下の魔術は難なく効化することが可
魔術、儀礼呪文であってもダメージを与える事は難しい。

ライダークラスが持つ対魔クラスセイバーアーチャーランサーの三騎士べると効果の低いものだが、本人の出自の影からBランクと言う異例の高ランクを持っている。

本人が魔術に長けているため、魔術に対する備えも万全となっている。
さらに高い敏速性を持つライダーは、魔術を命中させること自体が非常に困難になっている。

補足:
一小節(約1
呪文・発を用いる詠唱で、どんなに口で行っても最低1はかかる。
難度の高い魔術式ほど多くの小節が必要となり、長い詠唱ほど魔術の効果も上がる。
ライダー魔眼は一小節(約1)よりも短い一工程(1以下)に区分されるが人が扱えるランク魔眼とは異なっている。

騎乗:A+

乗り物を乗りこなすためので騎乗の才

特定乗り物だけでなく、ほぼ全ての幻獣の類まで自由に乗りこなせる。
ただし、種は該当しない。(騎乗とは別のが必要になる。)

最も騎乗を発揮できる乗り物幻想種である天馬ペガサスであり、本人とペガサスの関係性から人馬一体の動きを見せる事が出来る。(ライダー天馬魔獣だが、年により幻獣の域に達している。)
さらに宝具を使用する事で一時的ではあるがペガサスの全を大幅に上昇させることが出来る。

彼女バイクに乗った場合はグランリライダー「ワインガードナー」と同等の速さで走れ、自転車に乗った場合は「自転車が崩壊」するまで際限なくスピードを上げる事ができる。

※魔放出スキルを持たない為、セイバーV-MAXで見せた様な芸当は出来ない。


、もしくはを模した魔獣で、分類としてみれば魔獣幻獣のすべてに存在している。
種はそれぞれの分類の中でも最優良種とされているのが常である。


保有スキル


魔眼:A+

魔眼とは最短の詠唱である“対を見る”という一工程(1以下)で発動する魔術である。

ライダーはこの魔眼の中でも最高レベル石化魔眼キュベレイを所有しており、その効果は魔術では再現不可能とされている。

この石化魔眼キュベレイ最上級の吸血種が持つとされる“”の更に上をいく“宝石”になる。

その効果は強で、MGIがC以下の者は条件で石化
Bの者でもセーブ判定次第で石化を受ける。
Aの者には石化判定はないが、全ワンランク下げる“重圧”をかけられる。

また、標的にされた対魔眼を見てしまうと効は飛躍的に増大する。

普段は宝具により封印されているが、封印を解除すると常時発動する。

※判定補足
PC版stay nightステータス設定ではMGI(魔)、Fate/complete material 3 World material.では対魔とされている。

作中では4mの間合いからライダーに見られたアーチャー(魔B、対魔D)は蓋は凝固し、腕も動かせず、両足は膝まで石化てしっている。
(魔Bで判定され失敗したのか、対魔Dで条件石化を受けたのかは描写されていないため不明。)

現場に居合わせた遠坂凛衛宮士郎魔眼の影を受け、その視線魔眼に囚われ身動きも取れなくなっている。

またセイバー(魔A++、対魔B)と対峙した時はライダー自身が「魔で上回る彼女石化する事はできませんが、重圧をかける事は出来る。」と発言している。
(対魔Bで判定ならば石化判定が入るが、魔A++で判定だと石化判定しで重圧となる。)

単独行動:C

マスター死亡したり、マスターとの契約を解除しても行動可

ランクCはマスターを失っても1日程度現界が可である。
また、彼女は吸血により魔を得ることが可なため、状況によっては人間を襲うことにより現界し続けることも可である。

怪力:B

一時的に筋を増幅させる。魔物魔獣のみが持つ攻撃特性

英霊でありながら怪物の特性を持つ彼女ならではのスキル

使用すると一時的ではあるが筋ワンランク向上させる。
持続時間は“怪力”のランクによる。

性:E-

霊としての適性の有で、高ランクはより物質的な霊との混血となる。
また、性は英霊自身の魔物魔獣としてのランクが上がる度に減少していく。

元々美しい女神であった彼女は非常に高い霊適性を持っているのだが、後に怪物に転じた事から女神であった頃の霊適性はほぼ消滅してしまっている。(微々たる形ではあるが、性が全に消え去った訳ではい)

通常の英霊では持ちえない“怪物”の特性を持つ事から、騎乗を始めとする女神としてのスキル魔眼怪力と言った怪物としてのスキルを持つ特異な存在となっている。


宝具



次へ»
最終更新日: 19/08/20 07:51
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ