ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ライトエンド・ドラゴン


ヨミ: ライトエンドドラゴン

ライトエンド・ドラゴンとは、漫画遊☆戯☆王GX」に登場するカードである。


概要


万丈目準が使用する属性ドラゴンモンスター

8/ATK 2600/DEF 2100
攻・守500P下げることで
相手モンスター1体の
攻・守1500P下げる

実質1000ポイントの攻守差をつけられる。
万丈の数多いドラゴンの中でも特に頻繁に登場しており、対となる「ダークエンド・ドラゴン」や「光と闇の竜」とともに、万丈ドラゴンの1体。

初登場は「ダークエンド・ドラゴン」同様にVS丸藤翔
「表裏一体」によってダークエンドと入れ替わる形で特殊召喚され、攻撃してきた「ソリッドロイドγ」に対して効果を発動、攻撃を下げることで返り討ちにした。

VS遊城十代(2回)でも登場。
の巣窟」で、破壊されたダークエンドに代わって特殊召喚され、効果で「E・HERO アブソルートZero」の攻撃を下げて戦闘破壊したが、攻撃を下げてしまったせいで、次のターンには「E・HERO ジ・アース」によって戦闘破壊された。

破壊される直前のアブソルートZeroの攻撃2500であったため、この時は効果を使わずとも戦闘破壊することができた。
もっとも、万丈は最終的に勝利したので致命的なミスというわけでもない。

丸藤亮とのデュエルでも登場。
「陰の」によって特殊召喚され、「サイバー・ドラゴン」の攻撃を下げたが、「陰の」のデメリットによってそのターンの攻撃はできず、次のターンに「サイバーエルタニン」の効果で破壊されてしまった。

VSオースチン・オブライエンでも登場。
経過は不明だが、フィールドに召喚されていた。「The blazing MARS」の攻撃を受けたが「ドゥラビリティ耐久)」によって攻守を半減させることで破壊とダメージ効にし、次のターンに効果でMARSの攻守を下げた後、「ボムドラゴン」とともに「光と闇の竜」召喚の生け贄となった。

MARSの攻撃を受けた時の攻撃を見るに、その時点で効果は使っていなかったと思われるが、なぜかMARSの攻撃に対して効果を使って返り討ちにすることをせず、次のターンに効果を使用していた。
これについても、最終的には万丈勝利しているため、何か問題があったというわけではない。

最終決戦、十代とタッグでのVSMr.マッケンジートラゴエディア)でも登場。
の煌き」によってデッキから特殊召喚され、なにも召喚せずがらきのトラゴエディアダイレクトアタックを決めた。その後、「破滅の未来」で破壊されそうになったため、「」によって手札に戻され、ダークエンドと入れ替わった。


攻撃名は「シャイニング・サプリメイション」、効果名は「ライト・イクスパンション」。
サプリメイションは、「昇」を意味するsublimationからだろうか。イクスパンション(expansion)は「拡大、膨、発展」の意。

テキストには、具体的な効果の使用可回数が書いていないが、VS十代など、効果を使えば返り討ちできるはずの場面で使っていないのを見るに、一度しか使用できないのかもしれない。


OCG版


「LIMITED EDITION 12」(「Vジャンプ2008年7月号応募者全員サービス)でOCGに登場。

シンクロ・効果モンスター
8/属性/ドラゴン族/ATK 2600/DEF 2100
チューナーチューナー以外の属性モンスター1体以上
このカードが相手モンスター戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。
このカードの攻撃・守備500ポイントダウンし、
戦闘を行う相手モンスターの攻撃・守備
エンドフェイズ時まで1500ポイントダウンする。

※「エンドフェイズ」は「ターン終了時」と読み替える

効果はおおむねそのままだが、自身と戦闘を行うモンスターにしか使用できなくなり、攻守減少はターン終了時までになった。しかし、それ以前にシンクロモンスターにされるという変を受け、再現も何もあったものでない別物と化した。

効果を利用すれば、実質攻撃3100未満のモンスターまで対応可
決して悪くはないが、同じレベル8には、攻撃3000の「琰魔竜 レッド・デーモン」なども存在するので強いてこちらを優先する理由は少ない。こちらが優れるのは、攻撃3000以上3100未満のモンスター一方的に破壊できる点。

また、属性なので、「オネスト」などのサポートを受けられるのも利点。素材縛りからも、使用するとすれば属性デッキとなる。

自身の下がった攻撃を戻すため、「亜空間物質転送装置」などと相性がいい。
ダークエンドと異なり、「あまのじゃくの呪い」との相性はあまりよくない。下がった攻撃を上昇に変えられるため、自分で使う場合は使いどころさえ注意すれば生かせるが、このカードの効果にチェーンして相手に使われた場合は実質1000ポイント分相手の攻撃を上げることになる。


デュエリストセット Ver.ライトロードジャッジメント」で再録されている。

シンクロモンスター変されたため、妥協してチューナーを投入しない限りどうやっても万丈デッキでこのカードを使用することはできなくなってしまった。漫画GX6巻のおまけページでも、作者がこのことを嘆く様子が描かれている。しかし万丈の使用カテゴリーの1つ「おジャマ」はシンクロとの相性が悪くないカテゴリーなので、もし漫画版とアニメ版の混成デッキチューナーを投入するなら採用の余地はあるかもしれない。

アニメ5D'sに登場した「コズミック・ブラスト」、「チューナーズ・マインド」のイラストに描かれている。いずれもシンクロモンスターに関する効果を持つカードであるため、シンクロモンスターとしてのこのカードを意識して描いたものということになる。


関連動画



■sm14030232[ニコ動]

■sm24116461[ニコ動]


関連商品


■azB001O39RH4


関連項目



最終更新日: 16/03/03 21:10
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ