ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ライトニングサイクス


ヨミ: ライトニングサイクス
掲示板をミル!
45カキコ!
ゾイド > ライトニングサイクス

ライトニングサイクスとは、『ZOIDSシリーズに登場するチーター高速戦闘ゾイドである。

機体解説

ライトニングサイクス
LIGHTNING SAIX
基本情報
EZ-035
所属 ガイロス帝国
モチーフ チーター
スペック
全長 18.4m
全高 8.8m
全幅 不明
重量 65.0t
最高速 325.0km/h
武装
ゾイドテンプレート

ガイロス帝国が開発した高速戦用チーターゾイド
同時期に登場したEZ-34ジェノブレイカーやEZ-36デススティンガーと共に“帝国3大ゾイド”と呼ばれる。

既に旧式化しつつあったEZ-23ヘルキャットの後継機として開発がスタート。当時の仮想敵はRZ-9コマンドウルフで、このコマンドウルフえるべく研究が進められていた機体にオーガノイドシステムを限定的ながら導入し、なおかつ鹵獲したコマンドウルフを解析して得られたデータを反映する事で完成した。

その結果、機体はヘルキャットべて倍近く大化したもののヘルキャットにはかった牙やを装備したため高い格闘戦を有するようになり、それでいて背部の大パルスレーザーガンにより火力も向上している。

何よりOSにより引き上げられた運動性に加え、その背部の大ブースターによりその最高速度は325km/hに達するというコマンドウルフどころかRZ-28ブレードライガーをも上回る驚異的なスピードを獲得したのである。

さらにヘルキャットの消音機と低熱放射による隠密性もそのまま有しているため、強行偵察や奇襲戦においてもそのを発揮できる。

当初はEZ-16セイバータイガーと言った既存機の補佐役が考えられていたが、そのセイバータイガー以上の性から次期補機として運用される事となる。しかし、OSを搭載した事による機体の大化のため肝心の生産性が悪化してしまい、短期間で必要な数をえる事ができず結局は帝国軍の劣勢を覆すには至らなかった。

それ以降の配備状況は少数量産機が一部の戦線で確認できる程度であったという。

劇中での活躍

バトルストーリー

ZAC2100年ロールアウト。デススティンガーと共に大陸ルートを進む帝国軍の撤退部隊を護衛するため護衛隊の指揮官機として出撃。

しかし、デススティンガー戦闘中に突如暴走、共和軍の追撃部隊どころか帝国軍の撤退部隊および護衛部隊を敵味方問わず攻撃して全滅させてしまうという事態が発生し、ライトニングサイクスのみがその高機動性ゆえに命拾いするという悲惨な結果となった。

次はウルトラザウルス撃破のために決死隊として再出撃したらしいが、その時の具体的な活躍については描写されておらず、結局はウルトラザウルスによる帝国基地への攻撃を許している。

暗黒大陸戦争においては共和軍との停戦会談に臨んだカール・リヒテン・シュバルツの護衛機として働いていたが、シュバルツ暗殺を論む“騎兵団”が寄越したライガーゼロイクスによって一蹴され、プロイツェンの反乱時でもモブゾイドとして共和軍と共にPK師団と戦うシーンがある程度の扱いだった。

このように後述するアニメと違い、バトルストーリーではジェノブレイカーデススティンガーべて活躍の場が与えられる事はほとんどなかった。

アニメ

ゾイド -ZOIDS-』から『ZOIDS新世紀/ZERO』に登場。


[画像を見る]ゾイド -ZOIDS-』では機のコマンドウルフを失ったアーバインの新たな乗機として登場。

ドクター・ディが帝国側で開発した最新鋭機であったが、テスト走行時に拘束具を付けていたにも関わらず並のテストパイロットではとても操り切れずに事故を起こしてしまい、本機の頭とも言うべきメモリーバンクが損傷する事態に陥る。
そこで、ジェノブレイカーとの戦いで致命傷を負い、石化が進行し死を待つだけだったアーバインコマンドウルフメモリーバンク移植する事が検討される。

これについてアーバインは一度拒否したが、ムンベイ等に諭されて了承。メモリーバンク移植事に行われるが、そこにルイーズ大統領が敵の手に落ち、ルドルフも敵から襲撃されるという非常事態が発生。それを打開するためとしてアーバインパイロットとしてそのままライトニングサイクスが実戦投入される事になった。

当初こそメモリーバンクの不適合から機体はさらに制御困難になっていたが、アーバインの「と一緒に走れ!!」という叫びに応えるように両機のメモリーバンクシンクロを果たし、そしてアーバインの的確な操縦の元見事にルドルフとルイーズを救い出す事に成功、これ以降ライトニングサイクスはアーバインの新たな相棒となるのであった。
(この一連のシーンアニメシリーズファンの間でも特に人気が高い。また、本来ライトニングサイクスのキャノピーの色はだが、アーバインの機体はメモリーバンクとのリンクの際にオレンジに変化している)

その後は対ジェノブレイカー戦から対デススティンガー戦までバン・フライハイトブレードライガートーマ・リヒャルト・シュバルツディバイソンと並んで準役級の活躍を続ける事になる。

ジェノブレイカー戦を前にEシールドも装備され、対デススティンガー戦では「デルタフォーメーション・ブロッケイド」の一を担う。対デスザウラー戦では修理していたため、戦場に駆けつけることはなかった。


/ZERO』ではゾイドバトル選手機になっている。
フリーランスのウォーリアーであるジャック・シスコ機と、クリス&ケリーのタスカ姉妹機の合計3機が登場。

ジャックチームチャンプに雇われてチームブリッツと交戦、その卓越したテクニックチームを翻弄するが、ライガーゼロイエーガーに換装した事で優位性を失い敗北する。

その後、ジャックとタスカ姉妹チームを組んでの再対戦ではその高速性に巧みな連携プレーを用いる事で遂にチームブリッツの連勝を止めている。

ロイヤルカップでも引き続きチームブリッツと戦闘、しかし腕を上げたブリッツとの面々としい戦いの末に3機とも撃破されリタイアした。


ちなみにライトニングサイクスには、ストライクレーザークローも装備されているが、いずれも使用されていない。

主な機体バリエーション

ライトニングサイクスBS

機体色は銀色。ライトニングサイクスのテスト機であり、が通常機より優れている。

関連動画


■sm10918166[ニコ動]

■sm10044091[ニコ動]
■sm18536712[ニコ動]

関連商品

■azB0002U3IS4
■azB003CFAHUI
■azB009X2XCD8

関連項目


最終更新日: 17/04/25 00:30
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ