ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ライトロード


ヨミ: ライトロード
掲示板をミル!
110カキコ!

ライトロードとは、遊戯王OCGカードモンスター群である。


概要


ライトロードと名前のついたカードの効果を使用するテーマデッキである。
モンスターには後光が差しており、を基調にした装は々しい。現在の所、遊戯王シリーズ原作漫画アニメにおいての使用者はいない。(但し、タッグフォース早乙女レイは「ライトロード」の使い手という設定になっている)
「自分のエンドフェイズ毎に発動する。 自分のデッキの上からカードをX枚墓地へ送る。」
という墓地利用カードが山ほどある遊戯王OCGにおいて利点となるを持つ。
(一応は欠点もあり、デッキ破壊や墓地封殺カードに弱い。さらに墓地に置かれるという事は相手にカード開している事であり、そこから何のカードが何枚あるかを推測される弱点があるため、制限カードが入れにくい)
2008年9月1日裁きの龍が、2010年3月1日ルミナスの援軍が制限されるが、それでもなおガチデッキとして使用される強さを誇る。
全てのモンスターカード属性なため、属性サポートオネスト)が使える。そのから単体で使えるカードも多く、様々なデッキに組み込まれている。
全体的にレアリティが高く、ゆえに構築にがかかるのが難点。
なぜか遊戯王OCGデッキの話になると、「ライトロードより強いか弱いか」が標になる事が多い。

だがそれも過去の話。
いくつものキーカードが制限化。墓地封じ・モンスター効果封じ・特殊召喚封じのどれにも弱いという弱点の多さ。相手はデッキ切れも狙え終盤まもりに入られる、デッキ破壊に弱い。定のないシンクロモンスターA・O・J ディサイシブ・アームズ」のメタ効果。
そして確かに墓地カードを送る効果は展開を速くするのだが、1ターンキルができるほど速いわけではない。エンドフェイズまで待たないと墓地カードが送れないのは、「BF」や「インフェルニティ」より遅いのだ。
一時はライトロード一色だった大会も、現在はそれほどまででもなく数あるデッキの一つにしか過ぎない。カードの値段も落ち着いている。
時代の移り変わりのしさ、カードゲームではよくあることである。

2011年9月1日裁きの龍制限となり、2013年3月1日ルミナス制限になる。さらに、デッキトップ定したカードを置いたり、定したカード墓地に送れるラヴァルバル・チェインの登場。元禁止カードカオス・ソルジャー -開闢の使者-や制限カードカオス・ソーサラーの制限緩和。新カテゴリライトレイ登場。超電磁タートルOCG化により、ライトロードはまだまだ戦えるデッキになった。

そして、カードプールの変化により墓地で発動するモンスター効果、魔法の増加、2015年4月25日発売の"クラッシュオブリベリオン"で登場したカードによるコンボとの相性の良さで再び環境へと戻りつつある。上記のチェイン禁止カードとなり、墓地調整手段に悩む事もあったが、2016年以降も、このカテゴリーと連携できるカードが時折登場したため、今なお健闘中。 2017年4月からは闇属性版関連カード群・トワイライトロードが登場した。


ライトロードとサポートカード


ここではライトロードとそのサポートカードのを紹介する。以下、遊戯王wikiより。

2008年2月23日発売”LIGHT OF DESTRUCTION”

ライトロード・パラディン ジェイン/Jain, Lightsworn Paladin
効果モンスター /4/属性/戦士族/攻1800/守1200
効果 このカードが相手モンスターに攻撃するダメージステップの間、このカードの攻撃300ポイントアップする。
また、自分のエンドフェイズ毎に発動する。
自分のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。

ライトロードのメインアタッカー2100の攻撃は中々強い。男性職業パラディン女性ジェイン、見た中性的で物議を醸している。たまに出張する。

ライトロード・ウォリアガロス/Garoth, Lightsworn Warrior
効果モンスター/4/属性/戦士族/攻1850/守1300
効果 「ライトロード・ウォリアガロス」以外の自分フィールド上の「ライトロード」と名のついたモンスターの効果によって自分のデッキからカード墓地へ送られた場合、自分のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。
その後、この効果で墓地へ送られた「ライトロード」と名のついたモンスターの数だけデッキからカードをドローする。

攻撃がある上に手札補充可の持ち青髪筋肉質な男。重装備なのに、腹筋している。

ライトロード・サモナー ルミナス/Lumina, Lightsworn Summoner
効果モンスター/ 3/属性/魔法使い族/攻1000/守1000/制限カード
効果 ターンに1度、手札を1枚捨てて発動できる。
自分の墓地からレベル4以下の 「ライトロード」と名のついたモンスター1体を選択して特殊召喚する。
また、自分のエンドフェイズ毎に発動する。 自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

ステータスは低いものの、そのからライトロードの中心の一枚とされる。そのおかげで過去には制限、準制限カード定される。構えのおかしい女性

ライトロード・ハンター ライコウ/Ryko, Lightsworn Hunter
効果モンスター /2/属性/族/攻 200/守 100
効果 リバースフィールド上のカード1枚を選択して破壊できる。
自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

モンスターどころか魔法も破壊できる上に墓地を肥やせる。地味に裂けマクロス割れる。多分だけど一番出張が多い。、らいお父さんとも。

ライトロード・ビースト ウォルフ/Wulf, Lightsworn Beast
効果モンスター/ 4/属性/戦士族/攻2100/守 300
効果 このカードは通常召喚できず、 カードの効果でのみ特殊召喚できる。
このカードデッキから墓地へ送られた時に発動する。
このカード墓地から特殊召喚する。

ライトロードの効果で場に出れば一気に制圧できるが、手札に来ると使えないカード。なのになぜかよく手札に来る。同じようなテキストレアメタルドラゴンとは違いペンデュラム召喚できない。

ライトロード・マジシャン ライラ/Lyla, Lightsworn Sorceress
効果モンスター /4/属性/魔法使い族/攻1700/守 200
効果 自分のメインフェイズ時に発動できる。
自分フィールド上に表側攻撃表示で存在するこのカードを表側守備表示に変更し、 相手フィールド上の魔法カード1枚を選択して破壊する。
この効果を発動した場合、次の自分のターンターン終了時まで このカードは表示形式を変更できない。
また、自分のエンドフェイズ毎に発動する。
自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

魔法除去効果でよく他のデッキ出張する。黒髪魔法使い女性、見たに反して攻撃も高い。

ライトロード・エンジェル ケルビム/Celestia, Lightsworn Angel
効果モンスター /5/属性/天使族/攻2300/守 200
効果 「ライトロード」と名のついたモンスターリリースして このカードアドバンス召喚に成功した時、 自分のデッキの上からカードを4枚墓地へ送って発動できる。
相手フィールド上のカードを2枚まで選択して破壊する。

ライトロード専用モンスターといったところ。
ターン終了時ではなく、すぐに墓地に送る上にコストという変わり種。それが利点にも欠点にもなる。天使っぷりが凄い。ミドラーシュを戦闘破壊できるだけの打点はあるため、ピン刺しするのも一

ライトロード・ドラゴン グラゴニス/Gragonith, Lightsworn Dragon
効果モンスター /6/属性/ドラゴン族/攻2000/守1600
効果 このカードの攻撃・守備は、自分の墓地の 「ライトロード」と名のついたモンスターの種類×300ポイントアップする。
このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、 その守備を攻撃えていれば、 その数値だけ相手ライフ戦闘ダメージを与える。 また、自分のエンドフェイズ毎に発動する。
自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

裁きの龍に次ぐ攻撃の持ち。状況次第では攻撃7000以上になるとのこと。馬鹿と貫通を活かし、一気に相手のライフを奪う専用デッキもある。普通のライロではあんまり使われないかわいそうな白竜

裁きの龍(ジャッジメントドラグーン)/Judgment Dragon
効果モンスター/ 8/属性/ドラゴン族/攻3000/守2600/
効果 このカードは通常召喚できない。 自分の墓地の「ライトロード」と名のついたモンスターが 4種類以上の場合のみ特殊召喚できる。
自分のメインフェイズ時に、 1000ライフポイントを払って発動できる。
このカード以外のフィールド上のカードを全て破壊する。 また、自分のエンドフェイズ毎に発動する。 自分のデッキの上からカードを4枚墓地へ送る。

な破壊効果と攻撃を持つライトロードの切り札。召喚しやすくするために、グラゴニスも一枚は入れてやるべき。その強な効果から準制限カード定された時期があったが、環境の変化、ルール変更により制限カードに戻った。

ジャスティスワールド/Realm of Light
フィールド魔法
効果 自分のデッキからカード墓地へ送られる度に、 このカードにシャインカウンターを1つ置く。
フィールド上の「ライトロード」と名のついたモンスターの攻撃は、 このカードに乗っているシャインカウンターの数×100ポイントアップする。
また、このカードカードの効果によって破壊される場合、 代わりにこのカードに乗っているシャインカウンターを2つ取り除く。

ライトロード専用フィールド魔法。速攻が基本のライトロードにおいてはまず使われない。だが、ライトレイダイダロスと組み合わせれば使えなくはないと思う。

ソーラー・エクスチェンジ/Solar Recharge
通常魔法
効果 手札から「ライトロード」と名のついたモンスター1体を捨てて発動できる。
デッキからカードを2枚ドローし、その後自分のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。

ライトロード専用のドローカード。すごく便利だが後半に来ると自分の首を絞める。

ライトリサレンス/Light Spiral
永続
効果 「ライトロード」と名のついたモンスターの効果で自分のデッキからカード墓地に送られる度に、相手のデッキの上からカードを1枚ゲームから除外する。

使ったとしてもこちらがデッキを失う方が速いので、使用方法に困るカードネクロフェイス消したら泣ける。

2008年4月19日発売”THE DUELIST GENESIS”

ライトロード・プリースト ジェニス/Jenis, Lightsworn Mender
効果モンスター/ 4/属性/魔法使い族/攻 300/守2100
効果 「ライトロード」と名のついたカードの効果によって自分のデッキからカード墓地へ送られたターンエンドフェイズ時、相手ライフ500ポイントダメージを与え、自分は500ライフポイント回復する。

次へ»
最終更新日: 19/11/28 09:35
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ