ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ライフィセット


ヨミ: ライフィセット

ライフィセットとは、バンダイナムコエンターテインメントより発売のゲームテイルズオブベルセリア」の登場キャラクターである。
本作には二人のライフィセットが存在する。

  1. ベルベット・クラウであるライフィセット・クラウ
  2. であり、パーティキャラとして加入するライフィセット

二人がどういう関係なのかは物語の根幹にガッツリ関わるのでその辺りは一旦置いといて、本記事では両方の人物について記述する。


ベルベットの弟、ライフィセット・クラウ


釘宮理恵

アバルの村でであるベルベット・クラウと義アーサーと共に暮らしている少年。身体が弱くしょっちゅう熱を出して寝込んでいるが、いつかに出て世界地図を描くことを見ている。ベルベットからは「ラフィ」というあだ名で呼ばれているが「子供っぽい」としてあまり気にいっていないようである。

緋のアーサーアルトリウスに殺され、生贄として祠に落とされた。その様子を撃したベルベットが喰魔へと変貌したことで物語が大きく動き出すことになる。


聖隷、ライフィセット


だって、一人で苦しむのは辛いでしょ?

[画像][外部]

年齢 10歳
身長 142cm
デザイン 岩本
武器
戦闘タイプ 隷術士
種族
CV 浅倉杏美

生まれて以来、名前も与えられないまま術を使用する具として使われてきた少年の命に従う以外の生き方を知らず、感情で自分の意見を持つこともなかった。

最初は意思を持たない振る舞いでベルベットをイラだたせるが、を経ていろいろなことを学び、心と意志を成長させていく。その存在は次第に、情を宿して進み続けるベルベットの支えとなっていく――。

公式サイト[外部]より引用

[画像を見る]

寮の一等対魔士、テレサ・リナレスに使役されている隷。使役隷の時にはテレサに「二号」と呼ばれており、自分の意思をほぼ封じられている状態でいた。ベルベットテレサのもとから逃げ出す際に半ば誘拐されるような形で連れだされることになる。隷二号にの面影を見たベルベットからと同じ「ライフィセット」の名前を与えられるが、意思を持った自分自身を見てほしい隷ライフィセットの思いをぶつけられたベルベットめて彼に「フィー」というニックネームを与え、独自の個性を持つようになっていく。テレサとの使役契約が切れた後はエレノア・ヒューム契約を交わし、彼女とも交流を深めていく。

意思を封じられていた頃から本を読んだり好奇心が旺盛。特に昆虫についてベルベット女性も引き気味になるほど並々ならぬ熱意を持っている。ロクロウアイゼンとは男のロマンを理解する者同士として、また彼らからを通じて「男とは」「大人とは」を学び、年齢にそぐわない気のある性格へとなっていく。ベルベットに対しても守られようとは微も思っておらず、常に対等でありたいという気持ちから強く出ることもある。

ベルセリア本編におけるヒロイン的存在であり、キャスト女性キャラ定評のある朝倉美が担当している。(メインキャラでは初の男子キャラを演じるらしい。)


戦闘スタイル


戦闘スタイル隷術と葉を使った義を組み合わせた隷術士。いわゆる後衛タイプで回復術も豊富。ブレイクソウルディバイドイン」を発動させることで5間味方のダメージを半減させ、発動終了時に味方全体を回復する。


二人のライフィセットの真実


注意 この項は作品のネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベルベットとのの中で、フィーには穢れを浄化する「白銀の炎」のを秘めていることが明らかになる。なぜフィーにそのようながあるのか、を抱えたパーティの前にラフィと同じ姿をしたカノヌシが現れる。二人のライフィセットはカノヌシの心と体をる転生体であり、生まれるはずだったアルトリウスの息子ラフィーがそれぞれ生贄になることで復活した。つまりフィーの穢れを浄化するカノヌシのの一部であり、その体はアルトリウスの息子から転生した姿である。

カノヌシの体として転生したラフィは厳密にはラフィの記憶と容姿をしている別の存在であるため、性格は生前のラフィーと違い傲慢な性格。カノヌシは喰魔が喰らった穢れをもって全復活を果たすため、その姿と記憶を利用してベルベットから絶望穢れを喰らおうと揺さぶる。そしてカノヌシの口から「アルトリウスによるラフィの殺はラフィの同意の上で行われた行為」であり、ベルベット復讐に意味がないものであると突きつけられる。絶望するベルベットを救ったのがフィーだった。彼の説得によりベルベットは再び復讐のための意志を取り戻すことになるが、これを恨んだカノヌシはフィーの殺ももくろむようになる。

そしてアルトリウス&カノヌシとの最終決戦ベルベットアルトリウスへの復讐を果たすことができたが、同時に制御されていたカノヌシが暴走を始めた。ベルベットカノヌシ=ラフィを鎮めるためにその身を喰らわせることで差し出し、またベルベットもラフィを喰らうことで「互いが互いを喰らい合う限の矛盾」を発生させることで、自分諸共カノヌシを半永久的に封じ込めた。

ベルベットの意志を受け取ったフィーは、カノヌシに代わる新たなとなるためにその体を代償に白銀の炎のを強化、世界中の穢れを浄化するためにドラゴンへと変貌した。新たなマオテラスとなったフィーは、その後数千年にわたり世界を見守っていくこととなる。


関連動画



■sm35395169[ニコ動]


関連商品


■azB0719339ZS
■az4902372568
■az4047331910
■azB077RM2PM4


関連項目



最終更新日: 19/07/28 23:39
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ