ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ライブビューイング


ヨミ: ライブビューイング
掲示板をミル!
4カキコ!

ライブビューイングとは、様々なイベント映画館で生中継すること、あるいはそれを鑑賞することである。


概要


ライブコンサート演劇などの演を各地の映画館で生中継する。イベント会場にいなくてもリアルタイムでその様子を楽しむことができる。

より多くの人にイベントを見てもらいたい催者・出演者側、集客を増やしたい映画館側、イベントを楽しみたい観客側の利が一致し、現在では多くのイベントで実施されている。

略称は「ライビュ」「LV」など。


利点



欠点・注意点



歴史


演劇などを映画館で上映・鑑賞する」という形式は、「劇団☆新感線」が2004年開した「ゲキ×シネ」や、松竹2005年開した「シネマ歌舞伎」などが日本で最初に実施された事例であるが、同時生中継ではなく録画して編集を加えたものであったことからライブビューイングの始祖としては扱わないケース映画館映画以外のデジタルコンテンツを上映することを、日本映画業界では「ODS (Other Digital Stuff)」と呼ぶ。確かに「ゲキ×シネ」や「シネマ歌舞伎」も、ライブビューイングも、同じ「ODS」ではある。しかし「生中継」「ライブ」という重要な要素が取りこぼされているため、「ゲキ×シネ」や「シネマ歌舞伎」はあくまでライブビューイングの「前身」というべきだろう。 もある。

これらの上映に時を同じくして、2006年に全7大メジャー映画制作スタジオによって、デジタル上映用の「Digital Cinema Initiatives」(DCI)規格が定められた。これを受けて日本国内では、2007年2月9日新宿バルト9が日本初となる全スクリーンデジタル化を実施したNECビューテクノロジープレスリリース シネマコンプレックス「新宿バルト9」全シアターに弊社プロジェクターを納入[外部]。またスポーツイベントの生中継上映イベント「パブリックビューイング」の開催の頻度も上がっていった。

「ライブビューイング」という形態・呼称を日本で使用した最も初期の例は、松竹2006年に開始した「METライブビューイング」という事業である。これはアメリカ合衆国ニューヨークメトロリタ歌劇場で上演されるオペラを通信衛星を利用して生中継し、日本歌舞伎座や劇場で上演するという革新的事業だったちなみに「ライブビューイング」という名称は日本独自のものである。メトロリタ歌劇場は本アメリカ内や他にも同様の配信事業を行っているがそちらではこの名称は使用していない。しかしこの「METライブビューイング」が始まった後も、オペラに関心がある層以外には「ライブビューイング」という言葉はさほどメジャーではなかった。

2008年5月9日には、L'Arc~en~Cielフランスパリでの演を日本5箇所の映画館で生中継上演するという世界初の試みを行っているラルクのパリ公演を深夜の映画館で生中継 - 音楽ナタリー[外部]。また、2008年12月31日には、赤坂BLITZで実施された「X JAPAN COUNTDOWN GIG/初心に帰って」が「CINEMA LIVE」という名称で日本TOHOシネマズ13箇所にて実施された「X JAPAN COUNTDOWN GIG」をTOHOシネマズ13カ所で同時中継! : 映画ニュース - 映画.com[外部]内で開催されたライブ日本国内で全各地の映画館へ配信したのはこれが初めてとなる。

そして、2009年10月4日に開催された「ミュージカル・テニスの王子様 The Final Match 立海 First feat. 四天宝寺」の東京凱旋千秋楽が全11都市で同時中継上映された際に「ライブビューイング」の呼称が使用されたMMV:ミュージカル・テニスの王子様|ミュージカル『テニスの王子様』 The Final Match 立海 First feat. 四天宝寺|東京凱旋公演ライブビューイング詳細[外部]。このライブビューイングイベントは大都市部では満席を出し、地方映画館でも8割の席が埋まるという大成功を収めた。

この同じ2009年には3D映画アバター」の大ヒットなど3D映画ブームも起きており、映画館へのデジタル上映システムの導入はますます加速。これによってデジタル映像配信への対応が可となり、ライブビューイングの普及を後押ししていった。

2010年には、宇多田ヒカル福山雅治などの大物音楽アーティストライブなどでもライブビューイングが実施され、さらに「ミュージカル・テニスの王子様」でも、千秋楽演のライブビューイングは続けられた。

2011年6月には、ライブビューイング事業を専業とする「ライブ・ビューイング・ジャパン」が、アミューズファミリーマート博報堂WOWOWなどによって設立され、後に電通東映東宝ソニーなども資本参加している。そして「ライブ・ビューイング・ジャパン」は多様で大量のコンテンツ映画館に配信し始め、日本では加速度的に「ライブビューイング」という形態・呼称が定着していったのである。

現在は、J-POP韓流系のイベントが中心の「ライブ・ビューイング・ジャパン」、刀剣乱舞など2.5次元ミュージカルに強い「東宝」、アイマスおよびラブライブシリーズライブイベントを一手に引き受ける「ティ・ジョイ」の三社を中心に、数多くの企業がライブビューイング事業に乗り出している。エイベックススターダストプロモーションLDH(EXILEなど)のように自前でライブビューイングのレーベルを持っているレコード会社もある。また松竹東宝アニプレックスなどは同じ回線を利用して、初日舞台挨拶の生中継つき上映の実施が定番となっている。また「ライブ・ビューイング・ジャパン」などは衛星回線に加え、較的に強い光回線を用いた中継も新たにスタートさせている。

ライブビューイングは今や全のどこかの映画館で毎週必ずといっていいほど開催され、もはや映画館の上映形態のひとつとなりつつある。映画館によっては一日に二つ以上の演が同時に中継されていることもしばしばで、映画館から体的にライブビューイングの存在を発信する映画館も増えてきている。


関連項目



関連リンク



最終更新日: 19/08/24 17:14
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ