ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ラクネラ・アラクネラ


ヨミ: ラクネラアラクネラ
掲示板をミル!
48カキコ!

ラクネラ・アラクネラとは、モンスター娘のいる日常に登場する他種族であり、皆のお姉さんである。
CV中村桜


概要


主人公来留主公人ホームステイする事になった6人モンスター娘で、下半身が蜘蛛アラクネ族。
身長198cmバスト92cmHカップウエスト55cmヒップ87cm、体重82kg。
アニメでは第06種「脱皮と産卵する日常」より登場。
人のことは「ハニー」と呼び、パピ人からは「ラク姉さん」と呼ばれている。「ラク姉さん」と最初に呼んだのはパピだが、面倒見の良さからか人も「ラク姉さん」と呼ぶようになった。
人間の脚のように見える部位に関しては後述。

最初のホームステイ先に手違いがあり、アラクネ族が来ると思っていなかった家族と決して良いとは言えない出会いをする(なお、この件に須は関わっていない)。
そんな状況で生活していたところ、不安定な梯子を上り自分の部屋に戻ろうとするラクネラを手伝おうとした一家、九菜月(くなんづき)レンが当たり怪をさせてしまう[1]
両親はこの事故から共存するのは不可能と考えるようになり、アラクネ族の糸でけをしようとする加瀬木の口に乗せられお金で権利を譲ってしまう。
結果、自分をで売ったホームステイ先の家族や、自分をけの具としか見ていない加瀬木を見て人間に嫌気が差し、人間不信になってしまう[2]

その後は加瀬木のに巣をり暮らしていたが、他種族を利用したけに失敗した加瀬木から他種族の為に体を人の話を聞き、興味を持ったことで人を拉致する。もちろん加瀬木は糸でグルグルにされお仕置きされました。
人間不信となっているラクネラは彼が偽善者であると見てその化けの皮を剥がそうと試すのだが、縄を使ったSMプレイ攻め苦に耐えられただけでなく、逆に「脚が艶かしい」と褒められてしまう。
そんなやり取りをしている内に、2人がいる建物は潜伏場所を突き止めたMONに包囲されてしまっていた。ラクネラは人を人質にして逃走しようとするが、ラクネラを疑いもせず自首し逃がそうとする[3]気を抜かれ、逃走をやめてMON(の上である須)と話し合いの場を設ける。
行く当てのないラクネラは須に不手際への意をめ、新たなホームステイ先に「よっぽど広く、他種族の子が大勢住めるような」「アラクネに嫌悪感を抱かないホスト」を希望する。その条件に当てはまるホームステイ先(というかラクネラが人を気に入っていること)に気付いた須は来留主を薦め、6人として迎えられることになった。

見た蜘蛛であるために他種族から嫌悪感を抱かれやすいことを自覚しており、嫌悪感を抱くどころか脚を褒めた人をかなり気に入っている様子[4]
実際、人が他のモン娘たちと結婚して生活していると聞いてからは、当然のように自分も補に入れている。

糸でを作ったり、糸電話ラブラブするホテルを聴いたり、暴走しがちなミーア人間不良達を一拘束したり(バレなきゃ問題ない)と、器用で強い。
Sっ気があり、悪戯が過ぎたリリスに灸を据えご褒美を欲しがるほどに調教してしまうテクニシャンでもある。ララもかなり気持ちよさそうだった(トドメを刺したのはスーだが)。
一方、の中では糸に乗ってぐで~っとしながらポテチを食べているなど、ギャップとも言える一面を見せることも。
アラクネ族の習慣から縄使いの腕を磨くことに余念がなく、仲間たちは新技の開発などの練習に付き合わされている。ただし、スーだけはスライム特性上縛れず、逆に気持ちイイ事をされてしまう。

は6つあり、人間と同じ位置に一対、額に二対という配置。蜘蛛と同じく紫外線を見ることができるらしい。
腕や脚は皮膚ではなく硬い外格で覆われているが、頑丈な割に軽いらしく天井自由に動き回ることができる。なお、肌を傷付けてしまう危険があるため腕には普段からアームカバーをしており、色気の要因となっている。
先のはかなり鋭く、人間の皮膚程度なら簡単に切り裂いてしまう。
蜘蛛部分の背中にある模様は骸のような柄。


アラクネ族


上半身が人間、下半身が蜘蛛の他種族。ただし、顔にを4~6つ持っている、腕が脚と同じようになっているなど、上半身にも蜘蛛の特徴が見られる。
人間の脚の様に上半身から生えているのは、蜘蛛でいう触肢か鋏(8つある脚とは別に存在する附属肢)にあたるが、付け根を横や後ろから見ると人間の臀部()のような部位が確認できるため、蜘蛛の胴体に人間が座っているように見える。
部の先端から糸を分泌でき、編み物など糸を扱う術に長けているが、狩猟民族のような生活をする習慣から獲物を縛る縄として使われることが多い。
獲物をるすためか腕が強く、個人差はあるものの同じ大種であるラミアを抱えてを這い上がれるほど。
呼吸は上半身と下半身(部にある書肺)の両方で行っているようだが、ラクネラは下半身をに浸けると窒息すると発言している。
なお、蜘蛛と同じくコーヒーカフェイン)で酔っぱらってしまうガタッ
亜種は以下の通り。

で素く、ジャンプも得意で元気一杯! 糸も出せるが命綱として使う程度。
アシダカ種
で温厚。意外と素く、獲物を捕獲しても他の獲物を見つけると追ってしまう程のハンター軍曹
基本種にはるかに大きく、毛に覆われている。はさほどいががあり、人間と接することはあまりない。

関連動画



■sm26978319[ニコ動]

■sm26986867[ニコ動]


関連商品


■azB0111LI01M
■az4199504125
■azB011IHLZPC
■az4199504958


関連コミュニティ


ラクネラ・アラクネラに関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



脚注


  1. なお、ラクネラ自身はこの事件を悪夢として見る程トラウマになっている
  2. 菜月は権利を売ってしまったことを悔いていたらしく、後に九菜月レン来留主へとやってきて「再び一緒に暮らしたい」と言ってくるが…
  3. 包囲されているのは(他種族を守るためとはいえ暴力沙汰を起こしてきた)自分だと勘違いしていた。
  4. ただし、脚を褒められた当初は笑いながら「蜘蛛の脚に欲情するとかド変態ね、キモ~い」「なに、そんなに溜まってるの? ひょっとしてDT?」と、真剣には捉えていないと思える態度でからかっていた。

最終更新日: 16/02/18 20:11
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ