ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ラジアータストーリーズ


ヨミ: ラジアータストーリーズ
掲示板をミル!
255カキコ!

『ラジアータ ストーリーズ(RADIATA†STORIES)』とは、スクウェア・エニックスより2005年1月27日に販売されたPS2RPGである。

開発にヴァルキリープロファイルスターオーシャン3を手がけたトライエースが担当している。


概要


キャッチコピーは「変わる世界と、変わらぬ想い」。主題歌玉置成実の「Fortune」。
亜大陸"トゥトアス"、そこに位置する「人間の王・ラジアータ」や「エルフの里・」をベース物語が展開する。
トゥトアスで生活しているキャラクターは約400人、それぞれ独自のタイムスケジュールを持って登場し、そのうち177人を仲間にして戦闘に参加させる事ができるシステムを搭載している。

前半は騎士団に所属して任務に従事したり、ギルドに所属して依頼をこなしたりと、較的自由度が高いが、主人公ジャックの決断により、ストーリーは大きく分岐する。そしてトゥトアスの命運を巡る大きな流れに巻き込まれていく事になる。

絵本調のやわらかなグラフィック岩垂徳行が奏でる和やかなBGMテンポの良い台詞回しなどが特徴的。特に戦闘曲は随一の人気を誇り、powerful_enermy!!やGloomy Dance、隠しダンジョンボス曲といった後半戦の曲の人気が高い。


ストーリー(ネタバレ注意)


殺し」の英雄に持つ少年ジャックは、自身ものような騎士になりたいと憧れ王騎士団のセレクション(選抜試験)を受ける。だが同じくセレクションに出席していた使いの少女リドリーにあっけなく敗れてしまう。
しかし殺しの息子であることを買われ、お情けで王騎士団への加入を許される。

ガンツ揮を執る「桃色闘士団(ローズ・コション)」にリドリーと共に配属されたジャックは着々と任務をこなすが、ある任務の際にリドリー瀕死の重傷を負ってしまう。ジャックには知らされなかったが、実はリドリーはラジアータ王の大貴族ジャスネのであった。
エルフ達の必死の助によってリドリーは一命を取りとめるものの、の息にされて激怒したジャスネによってジャックガンツ共々王騎士団をクビになってしまう。ジャック下町の戦士ギルドに身を寄せることになり、そこで仕事をこなしつつ食いつなぐ日々を送る。

やがてラジアータ中に原因不明の狂化病「アルガンダース」が蔓延し、王に陰りが見え始めると、これに焦った貴族たちは功を競おうとしてドワーフ族の都市を襲撃。守護だった「地」を倒し、ドワーフ達を虐殺してしまう。これに妖精たちは激怒し、両者は不穏になる。

その最中、騎士団に残ったリドリージャックを訪ね、自身の身体に起きている異常についてエルフ族の長老に相談しに行くという。
ここで「リドリーについていくかどうか」という決断が、この先のストーリーを「人間編」と「妖精編」に分ける。


評価


久しく忘れられていたファンタジー世界観、スターオーシャンシリーズなどで定評のあるトライエースの新作ということで、前評判はかなり高かった。しかし、以下の理由により発売当初は「ガッカリゲーに限りなく近いクソゲー」と判定され、KotYにノミネートされた。

こういった評価もあり発売当時は不振をったが、それはラジアータの宣伝がうますぎて、シナリオが万人受けしないからだという見方もあり、ゲーム単体で見ればクソゲーではないという評価が多い。こちら[外部]も参照。
個性的なキャラクターと前中盤のほのぼのとした雰囲気に惚れ込んだファンもいる。

なお発売前の段階では、「The 8th CESA GAME AWARDS FUTURE」を受賞している。


他媒体について


PVCMを見て購入を検討するのも良いが、その際にいくつか気をつけなければならないことがある。


アニメーション


PVおよびCMにてProduction I.G制作アニメーションが流れたが、このアニメーションは元より宣伝"のみ"のために制作されたものであり、ゲーム中で流れることはない。
スクウェア・エニックスも発売前からそう言していたが、購入者たちに十分に伝わっていなかったようで、ゲーム中でアニメーションを見られないことへの批判が少なからず発生した。


ジャックの台詞


「それで世界が救われるなら……、リドリーお前を!」

パターンあるCMの内のいくつかで発せられる、ジャック台詞である。この台詞の最後の部分で、ジャックリドリーを向けているアニメーション(このシーン静止画)が見られる。しかしこ台詞ゲーム中には登場せず、ジャックリドリーが本格的な殺し合いに至ったり、ジャック自身がリドリーを手に掛けることもない。
ヒロインとの敵対という展開から来る苦悩・、そしてそれをどう解決していくか、という部分に期待したプレイヤーにしてみれば、この消化不良本編後半は詐欺に近い。


漫画版


漫画版の外伝作品『The Epic of JACK』『The Song of RIDLEY』では、人間編と妖精編のありえたかもしれないトゥルーエンドが記されている。興味がある場合は古本屋で探してみよう。


登場人物



主要キャラクター


ジャックラッセルCV竹内順子
ジャック本編主人公16歳
殺し」ケアンラッセル父親とし、父親に憧れて騎士少年。言動はややコミカルな要素もあるが、RPG主人公らしくまっすぐな性格。プレイヤーは彼の「よっしゃ!」という台詞を、幾度となく聞かされることになる。
本作の主人公だが、同時にネタ方面でも有名。特にリクルートスーツロボスーツによる奇な着せ替えと、アクセサリ「レプラコーン」を装備時に顕著な"競歩"など、彼自身の軽い性格もあって色々突っ込みどころがある。
 
 
 
 
リドリーティバーレイク (CV小林沙苗
[画像を見る]本編ヒロイン16歳
"北方"ティバーレイの門ジャスネ・コルトンの一人で、幼いころから騎士になるべく育てられてきた。快に両手をぶん回して攻撃する。
ある事件がきっかけで"器"に選ばれ、大きな運命を背負い込むことになる。
金髪ツインテールということで、当時流行り始めた「ツンデレ」かと思われたが、実際のところは「クーデレ」に近く、さらに妖精編では妖怪ヤンデレデレに変貌する。
 
 
 
 
  
ガンツ・ロートシルト (CV斉藤瑞樹
28歳。「桃色闘士団(ローズ・コション)」の団長であり、騎士団時代のジャックリドリーの上
名門”西方獅子"ロートシルト長男であり、王騎士最強と謳われたガウェイン・ロートシルトをに持つ。だが、その威厳を感じさせないのは本人の人柄故か、父親の存在故か。その物ヒゲと太った体のせいで実年齢より老けて見える。
あまり表には出さないが、ジャックに対しては父親同士のことに関して負いがある模様。

主要キャラクターの縁者


エアデール・ラッセルCV半場友恵
ジャックにして、騎士23歳。
両親をくに亡くしたため、ジャックを女手一つで育ててきた。ジャック師匠でもある。
後に仲間キャラクターとして戦闘に駆り出せるが、素手一丁でを屠らんという、ある意味剛の者な戦い方を見せる。
仲間になってもを持たないのは似たような立場で徒手空拳をやっていた師匠あやかったのだろうか…。
アンラッセル
ジャックパパ白色近衛騎士団長
かつて王に現れたを討ち取ったことで「殺し」の称号を与えられた英雄。しかしを退治した直後に行方不明となる。
隠しダンジョンで敵として登場するが、その性格は良くも悪くも「この親にしてあの子あり」である。
ウェイン・ロートシルト (CV茶風林
ガンツ父親赤色獅子騎士団長ににして”西方獅子"ロートシルト長でもあり、ケアンの同僚でもある。
親友であったケアン退治の直後に行方不明になると、それを追うように行方不明となる。
しかし、後に意外な局面で世に再び姿を現す…妖精騎士として、人類の敵として。
ジャスネ・コルトン (CV緒方賢一
リドリー父親。ラジアータ王家老にして"北方"ティバーレイ婿養子。
リドリーと姓が違うのは、「ティバーレイク」の血筋は妻の方にあり、血縁のものにしか姓名を名乗れないため。
その顔立ちは、一言で表すなら「老けたアンパンマン」。意外と常識人なのだが、リドリーを溺するあまりジャックに辛く当たる。

ラジアータ王国関係者(非仲間キャラクター)



次へ»
最終更新日: 13/03/28 20:54
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ