ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ラテン語


ヨミ: ラテンゴ
掲示板をミル!
115カキコ!
«前へ
第1変化動詞 第2変化動詞 第3変化動詞 第3変化動詞B 第4変化動詞
不定詞 amāre monēre agere faciere audīre
1人称単数 amō moneō agō faciō audiō
2人称単数 amās monēs agis facis aus
3人称単数 amat monet agit facit audit
1人称複数 amāmus monēmus agimus facimus aumus
2人称複数 amātis monētis agitis facitis autis
3人称複数 amant monent agunt faciunt auunt
現在分詞扱いは第3変化形容詞となる amans monens agens faciens audiens

すべての活用形を上げていくと記事が長くなるので、ここから先は第1活用amāre)を具体例として解説していく。

直説法能動態未完了過去

過去において継続的に行われていた事実について用いる形である(現在幹と活用語尾の間にba/bāを挿入して作る)。

単数 複数
1人称 amābam amāmus
2人称 amās amātis
3人称 amābat amābant

直説法能動態未来

読んで字のごとく未来において現実に行われるであろうことについて用いる形である(第1、第2変化では現在幹と語尾の間におおよそbiを、第3、第4変化では現在幹と語尾の間にa/e/ēを挿入して作る)。

単数 複数
1人称 amābō amābimus
2人称 amābis amābitis
3人称 amābit amābunt

未来分詞はおおよそ現在幹に-tūrus/-a/-umをつけて作るが(例:amātūrus,amātūra,amārum)、第2変化動詞や第3変化動詞は幹末音に変化があることも多い。

直説法能動態完了

ラテン語における了形はそのまま了した事実を表す以外に、単純な過去事実を表す時にも用いられる(現在了幹了幹の作り方はそれぞれのパターンがあるが、どの動詞がどのパターンに属するかは個別におぼえる必要がある了形の語尾を、未来過去はおおよそsumの直説法未来形未完過去形語尾とする)。

現在 未来 過去
1人称単数 amāvī amāverō amāveram
2人称単数 amāvis amāveris amāverās
3人称単数 amavit amāverit amāverat
1人称複数 amāvimus amāverimus amāverāmus
2人称複数 amāvistis amāveritis amāverātis
3人称複数 amāvērunt,amāvēre amaāverint amāverant

了分詞はおおよそ現在幹に-tus/-a/-umをつけて作るが(例:amātus,amāta,amātum)、第2変化動詞や第3変化動詞は幹末音に変化があることも多い。
また了分詞の中性単数格(=対格)は的分詞(スピーヌム)と呼ばれ、移動を表す動詞と組み合わせて移動の的などの意味を表すことができる。

直説法受動態

読んで字のごとく受動的な事実を表す時に用いる(途中までは現在形と同じだが、受動態の語尾をつける)。

現在 未完過去 未来
1人称単数 amor ambar ambor
2人称単数 amāris(amāre) amāris amāberis
3人称単数 amātur amātur amābitur
1人称複数 amāmur amāmur amābimur
2人称複数 amāminī amāminī amābiminī
3人称複数 amantur amabantur amabuntur

直説法受動態(完了形)

了分詞とsumを組み合わせて表す(sumの時制を変化させることで現在了、未来了、過去了を表現できる)。

接続法

接続法とは英語でいう仮定法にあたるもので、話者の意志や願望を表す際に用いる(現在現在幹と語尾の間にā/ēが、未完過去はおおよそが挿入される)。

動態現在 受動態現在 動態未完過去 受動態未完過去
1人称単数 amem amer amārem amārer
2人称単数 amēs amēris amās amāris
3人称単数 amet amētur amāret amātur
1人称複数 amēmus amēmur amāmus amāmur
2人称複数 amētis amēminī amātis amāminī
3人称複数 ament amentur amārent amārentur

接続法(完了形)

読んで字のごとく、接続法を用いるシチュエーションの際の了形である(動態の了形は単数1人称を除けば直説法動態未来了と同じ活用であり、動態過去了は現在幹と語尾の間にissēが挿入される)。

動態 動態過去
1人称単数 amāverim amāvissem
2人称単数 amāveris amāvissēs
3人称単数 amāverit amāvisset
1人称複数 amāverimus amāvissēmus
2人称複数 amāveritis amāvissētis
3人称複数 amāverint amāvissent

受動態については了分詞とsumを組み合わせて表す(sumの時制を変化させることで現在了、過去了を表現できる)。

命令法

読んで字のごとく、他者に命する際に用いる。

動態 受動態
現在2人称単数 amā amāre
現在2人称複数 amāte amāminī
未来2人称単数 amā amātor
未来2人称複数 amātōte
未来3人称単数 amā amātor
未来3人称複数 amantō amantor

不定法

ラテン語には現在了、未来の3時制と動態受動態の6つの形が存在する(現在の受動態は現在幹+-rī、了の動態は了幹+-isse、受動態は了分詞+esse未来動態は未来分詞+esse、受動態は的分詞+īrī)

動態 受動態
現在 amāre amā
amāvisse amātus,-a,-um esse
未来 amāturus,-a,-um esse amātum īrī

その他

そのほかの動詞から生するものとして現在分詞の-nsを-ndumにして作る動名詞(単数の斜格しか存在せず)と、それを第1・第2変化形容詞と同じように活用させて作る動形容詞(例:amandus,amanda,amandum)などがある。


中世ラテン語


上に挙げたものはあくまでもローマ帝国がまだ健在だった古代の規範的な文法である。ローマ末期から次第にさまざまに分化していったが、ローマ帝国の崩壊によってラテン語教育が数年後のカロリングルネッサンスの頃までいったん途切れることで、決定的にバラバラなものとなってしまった。

とはいえ中世の長きにわたってラテン語が存続したのは確かで、学術的にも創作的にも厨二心的にもわりかし重要なものであるのだが、要するにこれまでのルールから脱してみんな好き勝手な使用をするようになった、という類のものであるため、い話ある文章ではたぶん元の形がああだったのがこのように変化しているが別の文章では・・・と延々と変種を見べてくということしかできないのである。

一応大体全体的な流れとしては

、といった感じである。


教会ラテン語


キリスト教関係で用いられるものだが、その最大の特徴は発音がイタリア式になっているということである(大体イタリア語と同じと考えればいい)。

をかじっている人にわかりやすく説明すると有気音がなくなった代わりに後部歯茎音や破擦音が追加された。


母音


基本的にはa / e / i / o / u なのだが長短の区別がなくなった。また二重音のうちae / oe がæ / œ [e]と一文字になっている。


子音



ドイツ式発音


読んで字のごとくドイツで用いられている教会ラテン語の発音。古典ラテン語の発音において日本ではドイツ式が優勢なので大体古典ラテン語そのまんまの発音である。

特筆すべき点を挙げると


関連コミュニティ


■co1858


関連動画



■sm3284732[ニコ動]

■sm3398418[ニコ動]
■sm5989206[ニコ動]
■sm2200973[ニコ動]
■sm11537812[ニコ動]
■sm9140481[ニコ動]
■sm1287261[ニコ動]
■sm12758392[ニコ動]


関連商品


■az4560086818
■az4560085803
■az4061493531
■az4860643666
■az4809643018
■az4560067848
■az4475018781
■az4475013860


ニコニコ大百科内辞書


ラテン語の内容について書かれていないものもある。


次へ»
最終更新日: 19/08/04 18:29
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ