ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ラファイエット級フリゲート


ヨミ: ラファイエットキュウフリゲート
掲示板をミル!
3カキコ!

ラファイエット級フリゲートとは、フランス海軍が運用しているフリゲートである。


概要


本級の最大の特徴はステルス性に最大の配慮がなされていることである。
1996年から2001年にかけて5隻が建造されフランス海軍で運用されているが15隻が台湾(中華民国)、サウジアラビアシンガポールで運用されている。


船体


前述の通り、本級の特徴はステルス性に最大の配慮がなされているので船体は以下の特徴を持つ。

この結果、全長124.2m、満載排水量3600tの規模にもかかわらずレーダースクリーンには7分の1程度の艦船にしか映らないと言われている。
一方、推進方式はCODAD方式=ディーゼルエンジンx4を採用しており、最大速25kt、巡航速度15kt7000里となる。
ディーゼルエンジンは振動・雑音が多いことで知られており、潜水艦に探知されやすいという懸念があるがエンジンと船体の間には防振台が備えられているなどの対策をとっている。


兵装


本級は100x1艦対空ミサイル当初は旋回式クロタル8連装発射機だったが近年はVLS16セル(アスター15)に換装、エグゾゼ対艦ミサイル4連装2基、近接戦闘用に20㎜機関2基とヘリコプター1機搭載と一通りのを備えているが一つだけ欠落している兵装がある。

それは対潜装備である。即ちアスロックどころか欧準の324㎜3連装魚雷発射管、果てはソナーまで積んでおらず、潜水艦を相手にした場合は艦載機を除くと対魚雷用のデコイしかない=潜水艦自体には対応できない欠点がある。

何故かというと本級の主任務は自海外領土及び同盟=欧州連合の警備と防衛である。即ち警備地域で紛争等の緊急事態が発生した場合、先遣隊として出動し牽制や場合によっては搭載火器で実行使を行う=砲艦外交用の軍艦なのである。


乗員


本級の乗員は152名だがこれとは別に25人の便乗者を搭乗させることができるこの25名はフランス海軍コマンド=特殊部隊である。
即ち、艦載機ないし艦載艇、もしくは自(遠泳または潜)で標に接近して作戦を遂行し、場合によっては本級が搭載兵装で援護するというのが前述の任務の一つである。このは前級のフロレアルフリゲートから引き継いだものである。


派生型


これらは多くの相違があるが概ね共通しているのは艦載機に加え固定対潜装備が増設されている、が76㎜に変更されていることである。


康定級フリゲート


1992年から1998年にかけて6隻が建造・就役が行われた台湾仕様。原との相違は以下の通り。

この結果、原より用途が広がった反面、本級の売りであるステルス性が低下するなどワケあり艦になってしまった。

どうしてこうなった

理由は際関係である。
台湾1980年代から海軍近代化計画『計画』を進め、3000t級(対)ミサイル駆逐艦1500t級フリゲートの2本立てとし、ドイツフランス韓国からフリゲートを輸入+ライセンス生産で賄おうとしたが大陸=中国との関係悪化を恐れたドイツ韓国は手を引いた。フランス1990年1月政府側が撤回を発表したが軍需産業側からの要望が大きく、7か後にめて輸出6隻+ライセンス生産10隻の許可を出した。

ところがフランス側は台湾の足元を見てライセンス生産料をり上げるだけでなく各種装備品の売却代も上げてきた結果6隻の代は2倍以上に高騰、更に建造代の一部が政界にリベートされている汚職疑惑=ラファイエット事件に発展することになった後にフランス政治抗争事件となる『クリアストリーム事件』へ発展し時のドミニク・ド・ビルパン首相が辞任する事態に
このあおりを受けて台湾ライセンス生産を諦めフランスで建造した6隻を搭載兵装なしで台湾に回航し自前で調達できる兵装を搭載することになった。

配備後

こうして紆余曲折を経て形になった康定級フリゲートだが前述の通りワケあり艦となっている。

という具合に問題のある艦ではあるが重な台湾海軍の戦として現在6隻が活動し、以下のアップデートが計画・実行されている。

SAM更新計画 AAM2』を艦載化してシーチャパラルから換装する案。
当初は垂直発射式にする予定だったが予算の都合で対艦ミサイル
と同様に両舷に連装発射機を固定する方式になる模様。
ステルス 2014年に1隻が台湾独自設計のステルスに換装したが2017年
に製造元のイタリアオートメラーラ社から正規のステルス
輸入し順次換装している。

アル・リヤド級フリゲート


1999年から2004年にかけて3隻が建造されたサウジアラビア仕様。産油でもあり、対中関係も気にしなくていいので康定級より後述の対潜装備を除くと高度な内容となっている。


フォーミダブル級フリゲート


2002年から2009年にかけて6隻が建造・配備が行われたシンガポール仕様。原開発から10年近く経ったこともあり、新技術などでがさらに向上した。


関連動画



■sm1821348[ニコ動]

■sm22613389[ニコ動]


関連商品


■azB0002HZYT8
■azB0012WZCNU


関連コミュニティ


■community


関連項目



最終更新日: 20/03/21 15:49
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ