ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ラフィアン


ヨミ: ラフィアン
掲示板をミル!
2カキコ!

ラフィアン(Ruffian)とは、アメリカの元競走馬である。
凄まじいスピードと強さを発揮し全競馬ファンを歓喜させ、あまりに悲しき最期がアメリカ競馬界を変え、とある男の与太話の種相馬眼の明となっ20世紀のアメリカ名馬100選ではでは最高の35位に選定されている。
名は悪、ならず者の意。である彼女からめば、じゃじゃがふさわしいか。ヤッテヤルデス 


The Black Lighting


アメリカの大種にして独自血統の祖であるBold Ruler(ボールドルーラー)の子Reviewer(レビューワー)、Shenanigans(シェナニガンズ)は22戦して3勝したがステークスウィナーになれなかった。Native Dancer(ネイティヴダンサー)という血統である。ラフィアンもネイティヴダンサー隔世遺伝の法則に当てはまったのかもしれない。

ラフィアンは名前に反して非常に従順で慢強いだったという。また、と見間違えるほどの大だったので、競馬関係者「はなんという名前のですか?」厩務員「彼女の名前はラフィアンです」とやんわり訂正するといったエピソードも残されている。
しかしデカすぎたせいか鈍重と思われ、生まれたクレイボーンファームでは当初期待は大きくなかったという。
実際はなりで3ハロン35.8叩き出し、担当の攻め手をひっくり返らせるとんでもないだったが。

デビュー戦は大体が太に思われたのか「こんな賭けたバカいるんですか!?溝に捨ててるようなもんじゃないですか!」という安い煽りをした人間もいたらしく2番人気になったが、15ちぎって競馬場レコードタイ勝利した。煽った人間がどう思ったかは知らない。
戦と同条件のGⅢで迎えた二戦レコードタイ、三戦Raise a Native(レイズアネイティヴ)が記録したレコードに0.2に迫るタイム9身差圧勝、続くGⅠ二連戦も圧勝。
ここで球節を折し休養となったが、ここまでにつけた着差がなんと5戦で45身、1戦あたり9身である。なんじゃこりゃ。ラフィアンはセクレタリアトと噂されるようになっていた。
折したのは8月末だったが、最優秀2歳に選定された。そらそうよな。
ちなみにこのまま2歳戦を予定通りのローテで敗で駆け抜けた場合、年度代表選定すらあり得たと言われている。前例としてはセクレタリアト、後年にも欧州アラジとかフェイヴァリットトリックの例もあるのでありえない話ではない。
でも当年の年度代表フォアゴーに本当に投票で勝てたんだろうか。


Queen of the Century


折明けはやや気性がキツくなって拒むようなところが出ていたが、じっくりそのへんをほぐし、復帰に向けて調教を積んだ。
満を持して3歳の4月に復帰するとアローワンスとGⅢを楽勝。復帰2戦GⅢが終わった後戦のヴァスケス騎手ケンタッキーダービーでラフィアン同様に敗の最優秀2歳いていたFoolish Pleasure(フーリッシュプレジャー)に乗るべくチャーチルダウンズに立ち、彼を勝ちに導くとすぐにとんぼ返りして来たという。
「ラフィアンから離れて過ごすなんてまっぴらごめんですからね!」というのはヴァスケス騎手の弁である。
この結果に復活の手応えを得た営は、ニューヨーク牝馬三冠レースであるエイコーンステークス・マザーグースステークス・CCAオークスへ出走させる。
2歳戦と様子見のレースは全て1400m以下であり、8ハロン(約1600m)・9ハロン(約1800m)・12ハロン(約2400m)のニューヨーク牝馬三冠はどうか?というもあるにはあった。
が、初戦のエイコーンステークスでは猛に競りかけてきた相手をスピードで圧倒し8身+レースレコード
二戦マザーグースステークスは距離延長と将来を考えてスピード任せの大逃げではなくスローめに入っての溜め逃げを実践、彼女は生来の賢さと慢強さで対応。三付近で仕掛けると一気にちぎり13身半+レースレコード
CCAオークスは再びスピード任せに大きく前に出ると、これまた次の次元に上がるための課題として相手が仕掛けてくるまでゴーサインを堪え、相手の仕掛けを見て満を持して仕掛けると一気に抜け出すが、流石に距離があったか2身3/4差まで迫られたが並びかけるどころか影も一切踏ませずレースレコードタイ勝利
イメージ的にはサイレンススズカ毎日王冠みたいなものだろうか。それを12ハロンでやられたらライバルたちはどうしようもない。

とまあぐうの音もでない完全勝利でトリプルティアラ獲得である。競馬ファンは歓喜し、にも挑んでくれ!というはより強まった。
マザーグースステークスの時計は二年前に同じコース快速されたRiva Ridge(リヴァリッジ)が出した時計と0.8差の猛なものだったし、CCAオークスレコードタイとなった2:27:8は後世10ハロン(約2000m)に短縮するまで並ぶものも出ず、同年のベルモントステークスでフーリッシュプレジャーとAvatar(アヴァター)の一騎討ちの末のタイムである2:28:2より0.4速い時計であった。
そのため、クラシック走ってた連中でもぶっ飛ばせるというも上がっていたし、CCAオークスセクレタリアト同様に最初から最後まで全疾走したら2:24:0の時計に迫ったのでは?いや更新したんじゃない?とさえ言われていた。
シアトルスルー「ないです。」アファームド「いやーキツイっす(素)」


The Battle of the Sexes


前述のようなラフィアン>>>他の3歳という見方をファンがするようになった背景としては、ブラッドホース誌などマスコミが「ラフィアンに勝たなきゃダービーだろうが価値、果たしての皆さんはこの偉大な逃亡者に追いつくことが出来るのでしょうか?」などとセンセーショナルに煽り立てたのもあるが
その当時、このセクションのタイトルに据えた「性別間の戦い」と銘打たれたエキシビションでテニスの4大大会を39回勝った当時最強女子テニスプレイヤービリージーンキングが4大大会6回優勝男子プレイヤーボビー・リグスを破った記憶がまだ新しい時期で、性差をえた女王というものがイメージしやすかったというのはあった。
アメリカ競馬においてはケンタッキーダービーを勝った例は当時だと今でいうフロリダダービー程の格すらないローカルレースだった時代の1915年まで遡らねばならないほどで実はそんなに越した女王の例がない。
2000年代以降競馬は名の時代と言えるが中距離以上、いわゆる王道路線を制圧した例はアメリカではほぼないに等しい。
BCクラシックを勝ったゼニヤッタプリークネスステークスハスケル招待・ウッドウォードステークスを勝ったレイチェルアレクサンドラも軸足は限定戦にあり、ブエナビスタアーモンドアイファウンドエネイブルのように混合戦に軸足を置くことはなかった。
理由としては芝も含めて限定路線がガッチリ整備されており、に挑む場合古も含めたすべての有叩き潰してやることがないので満を持して挑む、というのが定例化していた。
ダートで必要なパワースピードを支えるスタミナ・体の強さが芝レースより必要というのはあるかもしれない。
そのため顕彰馬の名でも王道路線において対で圧倒的だったはそう多くない。しかし、ラフィアンはそれを破壊するに足るスピードがある、セクレタリアトだ!競馬界のビリージーンキングになれる!さあ今すぐ行け!という期待が集まってしまったのだ。

ところでこの年の三冠三冠を前述のケンタッキーダービーフーリッシュプレジャー、プリークネスステークスMaster Derby(マスターダービー)、ベルモントステークスアヴァターの三頭で分け合う形となっていた。ニューヨーク競馬協会(NYRA)は盛り上がっていい行になると感じたか「決勝戦だ!決勝戦をやろう!」Race of Championsという企画をぶち上げて各営に打診した。

しかしベルモントステークスアヴァターの営がすまん、スワップスステークス出るから地元帰るわ!と拒否して西海に引っ込んでしまったため、
NYRAは行を盛り上げるべくトリプルティアラを達成したラフィアンを代役に招くことにしたのだが、今度はプリークネスステークスマスターダービー営がとやりたくない」と拒否。…と日本の文献では言われるが、実際はモンマスパーク競馬場が横出して先にラフィアンVSフーリッシュプレジャーの40ドル勝者総取りマッチレース企画を立てて横取りしようとしたため
NYRAがすまん、ウチもマッチレースに切り替える!迷惑料で5万ドル払うから招待取り消しで納得してくれ!」と言って辞退してもらったのが本当のところらしい。招待した側からやっぱ招待しねぇから迷惑料で納得しろと言うのはなかなかない話である。
結局ラフィアンとフーリッシュプレジャーの営を口説き落として世紀のマッチレースを招致成功したのはNYRAだった。
当初の企画とは趣が変わったがケンタッキーダービーVSトリプルティアラの女王による、ベルモントパーク2000mを舞台とした世紀のマッチレース開催が決まったのであった。NYRA安堵。
ちなみにマスターダービーではなくフーリッシュプレジャーが選ばれたのはケンタッキーダービーというのはもちろん、前述した通り2歳時に7戦敗で最優秀2歳を受賞していて最優秀2歳を受賞したラフィアンと対照しやすい存在だったというのも並べると映えるわ!と判断された部分はあるだろう。
マスターダービー営は迷惑料貰ったとはいえ無茶振りに振り回されてしまった上でお前んとこのだとラフィアンと釣り合わない、映えないと言われたも同然だしなんか散々である。

ザ・グレートレースと銘打たれ、35ドルを賭けたこのレースを見るためにベルモントパーク5万人が駆けつけた。TV視聴者を含めると2000アメリカ人が見つめたという。
一番人気はラフィアンであり、ケンタッキーダービーフーリッシュプレジャーは屈辱の二番人気であった。
両方の戦だったヴァスケス騎手はかなり悩んだらしいが、ラフィアンに前述の通り惚れ込んでいたことや、フーリッシュプレジャーの管理調教師であるルロイ・ジョリー師が競馬界にはしくこの手の話がわかる人であったためラフィアンを選んだ。
どっちにせよフーリッシュプレジャーは捨てられちゃったため、新たな上バエザ騎手を招くことになった。
レーススタート直後こそ弱点のスタートをジョリー師がマッチレースに向け特訓したフーリッシュプレジャーが飛び出してハナを切るが、直ぐにスピード任せにラフィアンが前に出てフーリッシュプレジャーはそれを半身後ろから追いかける。
その態勢になった後、しばらく走ったあたりでラフィアン上ヴァスケス騎手、フーリッシュプレジャー上バエザ騎手は共に不穏な音を聞き、ヴァスケス騎手は競争を止めた。
彼女の凄まじいスピードを生み出してきた右前脚が、砕けてしまったのだ…このレースの最初の2ハロンが22.2という、ケンタッキーダービーでも史上稀に見るハイペースだったのが祟ったのかもしれない。
レース企画したNYRAも、ラフィアンの可性に胸を躍らせていた観客も、信じて送り出したラフィアン営も、愕然とするしかなかった。
フーリッシュプレジャーは単走で競馬場を回ってゴール。労せず35ドル総取りを決めたがそれどころではなかっただろう。


最期と余談


直ちに緊急手術が施されたが、様子を見るべく触診した医師の手が血でべっとりとなるほどの重篤な折であり、当時の医療技術では生存絶望的であった。
それでも手術の結果、脚のを応急的に繋ぐことには成功した。しかし麻酔が切れたラフィアンは痛みに耐えかね折れた右前脚をしく叩きつけ、ギブスが壊れるほど暴れてしまった。
こうなってはもうがちゃんと繋がり、治癒する希望はない、ということで予後不良殺となった。
天才少女の前途は一にして暗転し、消え失せたのであった…。
死後、圧倒的な強さでのトリプルティアラ達成が評価され、最優秀3歳を獲得した。通算成績11戦10勝。
彼女現在、最期の地であるベルモントパーク競馬場に眠っている。 
そのベルモントパーク競馬場にはラフィアン医療センターという世界最先端の専門の病院があり、バーバロの悲劇など後年起こった事例などで積み重なった知見を元によりよい医療・悲劇の死を奇跡生存に変える術をめて研究が続いている。


次へ»
最終更新日: 21/02/12 08:11
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ