ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ラブライブ!サンシャイン!!Blu-ray特典曲


ヨミ: ラブライブサンシャインブルーレイトクテンキョク

ラブライブ!サンシャイン!!Blu-ray特典曲の記事では、テレビアニメラブライブ!サンシャイン!!』のBlu-ray特装限定版に同梱されている、特典CDの収録楽曲について紹介する。

なお、特定法人店舗で全巻を買いえることで入手できる法人特典CDの楽曲については、歌唱しているCYaRon!AZALEAGuilty Kissの各記事を参照されたい。


概要


テレビアニメラブライブ!サンシャイン!!』のBlu-ray特装限定版各巻に、オフボーカルトラックと合わせて収録されている。
第1期は各学年の3人ずつに分かれて歌う曲(2・3・5巻)、そして第2期はソロ曲(1~6巻)も収録されているので要チェック

あくまでもBlu-rayの特典の一つであり、CD・配信単体では発売されていないため、Aqoursの他の楽曲にべて少し手が届きにくいが、試聴動画前作『ラブライブ!』Blu-ray特典曲と異なり、YouTubeでのみ配信され、なぜかニコニコ動画では公式配信されていない。スクフェスでの配信で気に入ったものがあればぜひ購入してみよう。

当記事で扱ういずれの楽曲も、畑亜貴作詞を担当している。


第1期



第1巻:Pops heartで踊るんだもん![動] 試聴動画[外部]


■azB01HR3DR20

曲名そのままに、心弾けるポップサウンドが楽しい曲。「今だけは嫌なことなんて忘れるほど踊り明かそう!」という、スタートを切ったばかりのAqoursらしい、エネルギーに満ちた楽曲である。

ライブイベントでのパフォーマンスとしては、2016年12月の「ジングルベルがとまらない」発売記念イベントAqours 冬休み課外活動 ~みんなでシャンシャンAqoursミニライブ2016♪~」が初披露の場となった。その後、2017年2月横浜アリーナで開催された「Aqours First LoveLive! ~Step! ZERO to ONE~」では、1日・2日ともにアンコール1曲として披露された。
初披露のミニライブニコニコ生放送生配信されたことに加え、本曲が収録されている第1巻には、1stライブ1日の最速先行抽選申込券が封入されていた。そのため、特典曲の中では較的認知度が高いと思われる。


第2巻:空も心も晴れるから[動] [画像]試聴動画[外部]


■azB01HR3DORI

歌は千歌により結成されたAqoursの初期メンバーである2年生が担当している。

決めたよHand in Hand/ダイスキだったらダイジョウブ!」から打って変わり、しっとりバラードを歌い上げる2年生3人の歌は必聴。本編で披露された2曲が、スクールアイドルとして着飾った姿でスタートへの希望を歌った曲だとすれば、この曲は素顔のままの彼女たちが、聴き手だけでなく自分たち自身をも、悩みや不安もひっくるめて率直な気持ちで励ます曲と言えるかもしれない。

2期第7話では、9人全員で歌うバージョンが挿入歌として使用された。こちらは今のところCD化されていないが、活動の転換点になり得る局面に立たされた9人が、それぞれの気持ちに向き合う場面を支える大切な役割を果たした。


第3巻:Waku-Waku-Week![動] [画像]試聴動画[外部]


■azB01HR3DQZS

歌は本巻収録の第5話までにAqoursに加入した1年生が担当している。

元気いっぱいの1年生が、“はじめて”を重ねていくワクワクをフレッシュに歌う。2番以降のお遊び要素も楽しく、1年生トリオポテンシャルが見出せること間違いなし。


第4巻:Daydream Warrior[動] [画像]試聴動画[外部]


■azB01HR3DOMS

「デイドリーム・ウォーリアー」と読み、あえて訳せば「夢の戦士」といったところか。一般発売曲とは一線を画すクールEDMサウンドに乗せて、戦士となった9人が喪失とのを歌う。
「Waku-Waku-Week!」ではキュートな曲調にちょっぴりたじろぎながら歌いつつ、今回のミステリアスな曲で存分に本領発揮と相成った堕天使ちゃんの幸せそうな顔がに浮かぶようである。


第5巻:G線上のシンデレラ[動] [画像]試聴動画[外部]


■azB01HR3DOSC

歌は本巻収録の第9話でAqoursに加入した3年生が担当している。

「やりたいこと、なんでもえちゃうよ!」という、3年生の3人による掛け合いがふんだんに織り交ぜられたジャジーな曲。小原が味方につけば、なんでもできるのである。

なお、曲名の元ネタである、いわゆる「G線上のアリア」とは異なり、特にヴァイオリンのG線だけでの演奏を織り込んだ構成になっているわけではない。


第6巻:スリリング・ワンウェイ[動] [画像]試聴動画[外部]


■azB01HR3DR1G

王道ロックん中。一度聴いたら忘れられない、イントロの千歌のロングシャウトが癖になる。可らしい9人の中にも確かに潜む、貪欲な野心を垣間見ることができるだろう。

ライブイベントでは「Daydream Warrior」とセットで歌われることも多く(2ndライブ演、1stファンミ大阪ソウル千葉演など)、この2曲で会場のテンションを最高潮に持っていくキラーチューン的な地位を占めている。


第7巻:太陽を追いかけろ![動] [画像]試聴動画[外部]


■azB01HR3DON2

旺盛な好奇心を胸に、まだ見ぬ世界への期待を歌っている。歌詞の通り、マーチリズムを基調としつつ、鮮やかに展開していく曲調も魅
未来への船出”を歌った「MIRAI TICKET」と対を成す曲として聴くと、また味わい深い。

2017年3月AnimeJapan 2017会場では、テレビアニメ第1期の映像から特別に制作された、本曲のPVムービーが放映された。


第2期



第1巻:One More Sunshine Story[動] [画像]試聴動画[外部]


■azB0765TGLGH

シリーズ醍醐味でもある、時折感じられる劇中劇のような雰囲気を、そのまま歌に落とし込んだミュージカル調の曲に仕上がっている。

きをめてAqoursを立ち上げて以来、なおも歩み続ける千歌が、めてその気持ちを全身で表現しているような、賑やかな1曲。


第2巻:おやすみなさん![動] [画像]試聴動画[外部]


■azB0765TGLG1

悲しみに向き合ったときの感にすることもあるが、やはり笑顔でいればこそ、気分が晴れやかになっていくと信じる歌詞が、前向きな気持ちにさせてくれる。どことなく1期同じく第2巻の「空も心も晴れるから」にも通じるようなテーマである。

感受性豊かで心優しい丸ならではの、カントリーで温かい楽曲。


第3巻:in this unstable world/Pianoforte Monologue [画像]試聴動画[外部]


■azB0765X7YKV

in this unstable world[動]

理屈だけで生きてはいない人間は、それぞれいくつもの側面を持って人生を歩んでいる。そんなもが宿し得る潜在的な多面性を率先して体現し続ける、堕天使ヨハネテーマソング

Pianoforte Monologue[動]

梨子テレビアニメ版を通して、ピアノに思い悩む中でのスクールアイドルとの出会いから、心から大切にしたいと願うものに向き合うことができた。この曲には、みんなとのつながりから自分の気持ちに自信を持てた梨子の率直な想いがにじみ出ている。


第4巻:Beginner's Sailing[動] [画像]試聴動画[外部]


■azB0765TTXT4

あふれんばかりの元気を原動に突き進む曜が歌い上げる、王道応援歌に見守られながら活動しているAqoursの中でも、“Sailing”をキーワードとする曲はやはり彼女にこそ特によく似合う。

勇気や情熱の大切さを訴えかける歌詞は、本巻収録の第6話で披露された「MIRACLE WAVE」(作曲も同じく酒井拓也)に呼応する渡辺曜サイドストーリーにも聴こえてくる。


第5巻:RED GEM WINK/WHITE FIRST LOVE [画像]試聴動画[外部]


■azB0765X7YKT

RED GEM WINK[動]


ちょっと昔のアイドルが歌っていたような雰囲気が漂う、落ち着いたラブソングに仕上がっている。本巻収録の第8話・第9話で一歩成長を遂げたルビィは、これから少しだけ殻を破ったに、大人びたをするのかも。

WHITE FIRST LOVE[動]


こちらも新たな予感させる曲。普段はクールビューティイメージも根強いダイヤが、内に秘める想いの熱さはいかほどか。彼女の嗜みの一つでもある箏の音色も、本曲を気高く引き締めている。


第6巻:New winding road/さかなかなんだか? [画像]試聴動画[外部]


■azB0765SMCNF

New winding road[動]

それぞれの進路に向かうことになった3年生組の3人、そしてAqoursの9人を想うような曲。2期第10話で「神様も勘当」と冗談めかしていた莉だが、そこにあった「みんなが再び一つになれるように」という強い願いが、この曲からも感じられる。

さかなかなんだか?[動]

実家ダイビングショップを手伝う果南にぴったりの、とともに過ごす中で自然に紡がれるかのような曲。日本語2人にしてコミカルな曲名ではあるが、自由であることを大事にして楽しむ詞を、行動の果南らしく軽やかに歌っている。


第7巻:キセキヒカル[動] [画像]試聴動画[外部]


■azB0765TGJKM

テレビアニメ2期メインテーマ本作テレビアニメ1期より劇伴を手掛けている作曲者の加藤達也は、どの曲を聴いても『ラブライブ!サンシャイン!!』の世界観を感じられるようにと、ほぼ全てのトラックに共通のモチーフを散りばめている(1期サウンドトラックSailing to the Sunshine[外部]」封入のコメントより)。2期劇伴も同様で、サウンドトラックJourney to the Sunshine[外部]」に収録された多くのトラックで、このテーマを感じ取ることができる。にそのまま詞とメロディが乗せられている。
9人がAqoursとして活動してきた1年間を振り返り、今だかられる想いを素直にっている。彼女たちに常に寄り添ってきた劇伴に歌を乗せているからこそ宿る強いメッセージ性、そしてタイトルに使われているカタカナの“キセキ”にも想いを馳せてみたい。


関連動画



■sm30312719[ニコ動]

■sm31024707[ニコ動]
■1521287909[ニコ動]


関連項目



次へ»
最終更新日: 18/06/16 23:29
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ