ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ラリアット


ヨミ: ラリアット
掲示板をミル!
14カキコ!

ラリアットまたはラリアート英: lariat)はプロレス技打ち(もしくは首打ち)。現在、多くの重量レスラーが使う。英語での一般名称はクローズライン英: clothesline)。

※当稿ではほぼ同技にあたる亜種アックスボンバー』についても記述する。


概要


元祖は1976年ニューヨークでの対ブルーノサンマチノ戦でスタン・ハンセンが初披露したもの。ラリアット(ラリアートよりもこちらの方が英語の発音に近い)とは野生動物や暴れ畜などを捕えるための「投げ縄」のことで、西部開拓時代から続く投げ縄打ちの所作をイメージしたハンセン自身による命名。元々、アメフト選手時代に相手チームのパスワークを妨する手段として相手の首元に腕を掛けて引き倒していたのを、プロレス技に応用したものである。
海外では同様の技の総称として「洗濯ロープ」を意味するクローズラインclothesline, つまり通りに渡してある洗濯ロープに首を引っ掛けて転ぶイメージ)と呼ばれ、ハンセンの元祖ラリアット(lariat)と区別している(彼のニックネームの一つも「ザ・ラリアット(The Lariat)」である)。日本ではハンセンの技のインパクトリスペクトから「ラリアート(ラリアット)」の方が一般的になり、ハンセンの技の方は西部を冠して「ウエスタン・ラリアート」として特別視されている。

その後、ハルク・ホーガンによるラリアットつまりアックスボンバーAxe Bomber, アクスボマー)を経て、フィニッシュとしての手軽さ・破壊ビジュアル手さから多くの重量級レスラー用されるようになった。
ラリアットのな使用者は長州力ジャンボ鶴田ラッシャー木村佐々木健介小橋健太、潮崎小島聡猛、近藤石井後藤洋央紀真壁刀義など、また最近ではオカダ・カズチカショートレンジ式(相手をロープに振らない)ラリアット「レインメーカーRain Maker, コッポラ監督映画 Rainmaker にちなみ、を降らせるという野心が込められている)」が際立つ。またアックスボンバーの使用者は、大森隆男丸藤正道など。他にも多くの重量級レスラーによって使用されている。


ラリアットとアックス・ボンバーの違い


違いは腕で相手を打つとき、肘を伸ばすか曲げるかである。使用者が腕をまっすぐ伸ばせば、ラリアット。腕を直に曲げれば、アックスボンバーである。また後者は腕の形ゆえに相手の顔面が打点になってしまうことも多い。

もっともアックスボンバーは肘への負担が大きいため、オリジナルのホーガンですら次第に普通のラリアットを打つようになっていったが、技名はアックスボンバーのままであった。


ラリアットのかけ方


一般には、相手をロープに振り、反動で向かってくる相手に対して、歩み寄るような形で腕を伸ばし首回りを打つ。また相手をロープに振らず、至近距離から打つショートレンジ式、相手をコーナーポストに固定してから打つ刺し式などがある。


ダブルラリアット


アゴアニキP投稿VOCALOID巡音ルカ)曲。09年3月7日100万再生を達成。ニコニコでラリアットといえば大抵これである。 ※元ネタはスタリートファイターザンギエフ →ダブルラリアット


関連動画



■nm6049209[ニコ動]

■sm1817725[ニコ動]
■sm16344498[ニコ動]
■sm1933194[ニコ動]
■sm29467309[ニコ動]
■sm33012220[ニコ動]


関連商品


■az4048702386


関連コミュニティ


■co1727302
■co1561196


関連項目・参考



最終更新日: 18/04/07 12:14
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ