ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ランサー(Fate/stay night)


ヨミ: ランサー
掲示板をミル!
1267カキコ!

ランサー

ランサーとは、ゲームFate/stay night』に登場するサーヴァントの一人である。

CV神奈延年

サーヴァントについてはサーヴァント(聖杯戦争)参照。

以降、この記事ではランサーと表記。


概要


[画像を見る] この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

敏捷性に優れた全身タイツ使いのサーヴァント名はケルト神話の皇子クーフーリン。劇中で一番最初に名が判明するサーヴァントである。使用する宝具真紅ゲイボルク。このゲイボルクの知名度と技の鋭さにより、相対したものにはまず確実に名が割れてしまう。マスターバゼット・フラガ・マクレミッツ言峰綺礼ネタバレにつき反転)。

固有スキル『仕切り直し』を持つほか、Aランク戦闘続行を有するなど、生存率に優れたサーヴァントである。槍術のほかにルーン魔術も得意としている。戦闘にはほとんど使用しないが、これのおかげでキャスタークラスにも適性を持っている。令呪による強制のため、最初に戦う敵とは全で戦えないなど、不遇な面も立つ。

どこぞの波動昇の如く、強いものと戦うために召喚に応じるものの、マスターに恵まれずなかなか全で戦う機会が得られない不運サーヴァントである。遠坂凛はお気に入りであるがアーチャーとの相性は考え方の面などでかなり悪い。

通称は兄貴ファンディスクFate/hollow ataraxia』では重要な役割を任されている。カーニバル・ファンタズムでは登場する回数こそ多いものの、毎回何らかの形で「死亡」するという理不尽な扱いを受けている。
ごく稀に自動車事故に巻き込まれて死亡するほか、某ギリシャの大英雄宝具としても機する。


共通ルートにおいて


Fate/stay night』は大まかに言えば3つのルートに分かれているが、どのルートにおいても代わらない部分。

マスターの命に従って他のサーヴァントの威偵察をしていたが、アーチャーとの戦闘Fate/stay night主人公衛宮士郎撃されたため、口封じのために士郎を攻撃、その心臓を貫いた。その直後に士郎遠坂凛によって生するが、それを気づいて自宅に戻った士郎を再度襲撃。しかし、追い詰めた士郎により衛宮の土蔵の魔法陣が起動。7騎サーヴァントであるセイバーが召喚されてしまう。

そのままセイバーとの戦闘に移行するものの必殺の宝具ゲイボルクでセイバーを仕留められなかったため、その場を撤退。以降しばらく行方をくらますことになる。


Fate(セイバールート)にて


他のサーヴァントたちが続々と脱落していく中一切姿を見せなかったが、言峰教会の地下室にて士郎を助けに来たセイバーと対峙。狭い場所ゆえには不利であるが令呪縛りは解け全で戦えると思われたが・・・?


Unlimited Blade Works(凛ルート)にて


キャスター相手に打つ手なしになってしまった士郎に助を申し出、キャスター側に寝返っていたアーチャーの足止めを引き受ける。令呪縛りが解けたため全を持ってアーチャー突する。

キャスターとの決着後、アーチャーに誘拐されたを助けようという士郎に引き続き協し、アーチャー士郎が戦う中を救出することに成功する。が……?


Heaven's Feel(桜ルート)にて


すべてのサーヴァントと戦ったあとに新たに出現した真アサシンサーヴァントを追いかけて洞寺に赴くが…


『hollow ataraxia』にて[画像を見る]


マスターの権利は新キャラであるカレン・オルテンシアに移っている。扱いはかなりひどいらしい。

すべてのサーヴァント平和に暮らしている中、魚釣りをしてみたりナンパをしてみたりバイトをしてみたりと現世の生活を存分に堪している。ただし、ランサーズヘブン(波止場での魚釣り)は他のサーヴァントによって消滅する運命にある。

そして、ランサー過去と第5次聖杯戦争時の裏事情などもられ、彼はひとつの決着をつけに教会に向かう。


ステータス


stay night :B 耐久:C 敏捷:A :C 幸運:E 宝具:B
EXTRA :B 耐久:A 敏捷:A :C 幸運:D 宝具:B
EXTELLA :B 耐久:A 敏捷:A :C 幸運:E 宝具:B
Grand Order :B 耐久:C 敏捷:A :C 幸運:E 宝具:B

技能


Fate/stay night

対魔:C 第二節以下の詠唱による魔術効化する。
魔術、儀礼呪法など大掛かりな魔術は防げない。
戦闘続行:A 往生際が悪い。
瀕死の傷でも戦闘を可とし、 決定的な致命傷を受けない限り生き延びる。
仕切り直し:C 戦闘から離脱する
また、不利になった戦闘戦闘開始ターンに戻し、技の条件を初期値に戻す。
ルーン:B 北欧魔術刻印・ルーンの所持。
このスキルを持つため、クー・フーリン魔術師クラスにも相当する。
さらに敵に一対一を強制させる『四枝の浅瀬』(アトゴウラ)も所有する。
矢避けの加護:B 飛び道具に対する防御。射手を視界におさめていれば確実に回避可
ただし、狙撃手が見えないほどの距離からの狙撃や、広範囲攻撃には対応できない。
性:B 霊適性を持つかどうか。高いほどより物質的な霊との混血とされる。
stay night』ではギルガメッシュが対宝具である『の鎖』(エルキドゥ)を所持していたため死にスキルの印が強いが、
EXTRA』の性と同じものであるとするなら加護に該当するスキルを打ち消したり、
相手の粛清防御値を削減できると思われる。
粛清防御、または対粛清とはワールドエンド級の攻撃にも対応する最上級の防御のこと。

Fate/EXTRA

対魔:C 第二節以下の詠唱による魔術効化する。
魔術、儀礼呪法など大掛かりな魔術は防げない。
戦闘続行:A→C 窮地における生命の強さ。瀕死の傷でも戦闘を可とし、
決定的な致命傷を受けない限り生き延びる。
マスターにより耐久値がブーストされたためか、一時的にランクが下がっている。
性:B 霊適性を持つかどうか。高いほどより物質的な霊との混血とされる。
粛清防御と呼ばれる特殊な防御値をランク分だけ削減する効果もある。
菩提悟り、信仰の加護、といったスキルを打ち破る。

宝具


ランサー宝具は「刺し穿つ死」と「突き穿つ死」の二つ。これは宝具自体を二つ所有しているのではなく、一つの宝具に二通りの使い方があるという一変わったもの。本体は彼の持つい魔。以下、使い方ごとの特性を紹介する。

『刺し穿つ死
ランク:B
種別:対人宝具
レンジ:2~4
最大捕捉:1人

影の女王であるスカサハから貰った魔ゲイ・ボルク。その対人用の刺突技。本来のゲイ・ボルクは投げであり、こちらの使い方はランサー自身が編み出したイレギュラーな使用法である。通称「刺しボルク」
因果逆転の呪いによって、名を解放すると「心臓が突き刺さった」という結果を作ってからが放たれる。

つまり、「を放ったから当たった」のではなく、「が当たったから放った」という必中必殺の宝具
発動した時点で「が当たった」事になっているので、いかなる防御や回避も意味を成さない(一応例外がある)。これを避けるには、因果逆転の呪いを逸らすほどの高い幸運値が必要になる。セイバーは直感と、幸運値が高かったこともありなんとか死なずに済んだ(が、あくまで心臓を外れただけであってそのものは直撃している)。

確実に対心臓を破壊するため、エクスカリバーを耐え抜くようなタフな相手でも十分に殺傷可。こちらの発動形の価は規模や破壊でなく、その命中率と特異性である。原因のであるが故に、発動させてしまえば本人が死んだとしても勝手に標へと疾駆する。回復を阻する呪いを持っており、これで心臓を破壊されると治療が不可能になるほか、っただけでも治癒には時間がかかる。体内殲滅と言う特性を持ち、刺さった敵の体内で数のを炸裂させて内部を底的に破壊しつくすことが可。『Fate/hollow ataraxia』における対バゼット戦でこの効果が発揮された。

弱点は、の間合いに入らないと発動できないため、遠距離の相手に対しては効果がいということ。いざ接近戦になるとの間合いに入ってしまう為、発動させないためには必死に下がり続けるしかない。魔の燃費も良く、一対一の殺し合いにおいては非常に強宝具であると言える。


『突き穿つ死
ランク:B+
種別:対軍宝具
レンジ:5~40
最大捕捉:50

投げであるゲイ・ボルクの本来の発動形。ランサー渾身の魔と膂を持って投擲される。通称「投げボルク」。刺しボルクは一対一の状況で有効だが、こちらは集団戦で威を発揮する。一人一人を狙い撃つのではなく、一撃で広範囲を吹っ飛ばす。イメージ的には爆裂ホーミングミサイルと言ったところか。

最高速度はマッハ2。因果逆転の呪いは一応健在であるが、こちらは規模と威を重視しているので刺しボルクほど強ではない。が、それでも何度かわされようと対を貫くまで追尾をやめないという恐ろしさを持つ。

熾天覆う七つの円環」に対しても如何なく効果を発揮し、一旦止まったものの、のむこうにいるアーチャーめがけて再始動した(結果、相打ちに近い形で相殺され、アーチャーは片腕をズタズタにされた)。単純威系の宝具に分類されるらしく、その威アーチャーく、原典である「大神宣言(グングニル)」を越えるとのこと。

なお、某菌糸類によれば、ランサールーン魔術によって一時的にランクアップが可であるらしい。これによってバーサーカーの十二の試練を突破できる可性が示唆されている。これら二つの発動形をうまく使いこなしている辺り、やはり一流の戦士である。「EXTRA」においては、ターン制戦闘システムであることや、全体的なゲームバランスの面から少々威を抑えられており若干不遇な感が否めない。がランサー本人の死に際は非常にかっこよく一見の価値がある。

デザイン若干手が加えられており、本編よりも刺々しくなっている(実際の伝承を忠実に再現したかったのかもしれない)。


Fate/Grand Order


Fate/Grand Orderでは、ランサー/キャスター/バーサーカークラスとして参戦。

また『Fate/Prototype』に登場したランサー(Fate/Prototype)実装されているため、実質4騎のクー・フーリンが参戦していることになる。

初期実装の恒常ランサー生存の高いスキル構成はどの生でも共通している。


クー・フーリン〔キャスター〕


初期実装キャスター。一部序章クリア報酬であり、同シナリオクリアガチャに追加。


次へ»
最終更新日: 19/09/03 00:13
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ