ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ランヴァイル・プルグウィンギル・ゴゲリフウィルンドロブル・ランティシリオゴゴゴホ


ヨミ: ランヴァイルプルグウィンギルゴゲリフウィルンドロブルランティシリオゴゴゴホ
掲示板をミル!
49カキコ!

ランヴァイル・プルグウィンギル・ゴゲリフウィルンドロブル・ランティシリオゴゴゴホ
ウェールズ: Llanfairpwllgwyngyllgogerychwyrndrobwllllantysiliogogogoch)とは、ブリテンウェールズ地方北部のアングルシーに存在する村の名前である。

世界で最も長い一の地名として知られる。


ランヴァイル・プルグウィンギル・ゴゲリフウィルンドロブル・ランティシリオゴゴゴホの概要


Llanfairpwllgwyngyllgogerychwyrndrobwllllantysiliogogogoch はアルファベット58文字ウェールズ洞窟ティリオ教会しい渦巻きの近くにある、シバミのあいの中のマリア教会を意味する(なお「洞窟~近くにある」は「シバミのあい」ではなく「マリア教会」に係っている。理由は後述)。略称公式ではランヴァイル・プルグウィンギル(Llanfairpwllgwyngyll)で、英国各地では英語ランフェアLlanfair)と略されることもあるが、ウェールズに多い他の Llanfair と区別するためにランフェアプル(Llanfairpwll) やランフェアピージー(Llanfair PG) と略されることもある。

ランヴァイル・プルグウィンギル・ゴゲリフウィルンドロブル・ランティシリオゴゴゴホの位置

細かく分解してみると

ウェールズ 日本語
複合 (英訳) 意味
Llanfair llan (church)
 + Mair (Mary)
マリア教会
pwllgwyngyll pwll (hollow)
gwyn (white)
+ cyll (hazel)
シバミのあい
goger-
ychwyrndrobwll
go (near)
ger (about)
y (the)
chwyrn (vehement)
+ trobwll (whirlpool)
しい渦巻きの近く
llantysilio llan (church)
Tysilio (Tysilio)
ティリオ教会
gogogoch -g- (※繋辞)
ogo(f) (cave)
+ coch (red)
洞窟

となるらしい。所々最初の子音が変化しているところはケルトの特徴である子音交代(ミューテーション)である。ウェールズケルト系でありながら歴史的にイングランドと接点が多かったために、英語い発音でもアクセント記号など英語の表記には原則存在しないものは基本的に使わず ch(ドイツ語の ch の音), dd(英語の the の th の音), ff英語の f の音。ウェールズの f は英語の v の音), ll(次節で解説), mh, ngh, nh, rh化(=帯が振えないように発音)した m, ng, n, r )のように子音字を重ねて表すので、自然と字数が多くなりがちである。更に英語と区別が付きやすいようにイとウ(英語では ee, oo)は大抵 y, w で書かれるため、見たに(英語等での)子音字が多に視えて、ゴチゴチャした印になりやすい。

さて、話をランヴァイル・プルグウィンギル・ゴゲリフウィルンドロブル・ランティシリオゴゴゴホに戻すと、元々の名称は現在の正式略称でもあるランヴァイル・プルグウィンギル(Llanfair Pwllgwyngyll)で、これは中世以来のカトリックの教区の下位区分で「『シバミのあい』町区の『マリア教会』小教区」を意味する。つまり本来この村を「純に表しているのはランヴァイルだけなのである。やがて時代が下って俗世の行政区分として再定義が為された後、19世紀後半のヴィクトリア期に観光センターの設置に伴う宣伝のために色々と付け足した現在のランヴァイル・プルグウィンギル・ゴゲリフウィルンドロブル・ランティシリオゴゴゴホという長い名前に称されたという。そのため、だけでなく個人の店舗に至るまで町のあらゆる場所でランヴァイル・プルグウィンギル・ゴゲリフウィルンドロブル・ランティシリオゴゴゴホの町名の入った看を見かけることができる。


ランヴァイル・プルグウィンギル・ゴゲリフウィルンドロブル・ランティシリオゴゴゴホの発音


「ll」の発音はウェールズ特有の「英語の l のように舌先を前の裏側に密着させながら、舌の左右もしくはいずれかの隙間から呼気を強くらせて出す音」なので、日本語話者にとって発音するのも聞き取るのも難しく、日本語では「リ」「スリ」「シ」など表記が一定しない。
そのため Llanfairpwllgwyngyllgogerychwyrndrobwllllantysiliogogogoch は
「ランヴァイル・プルグウィンギル・ゴゲリフウィルンドロブル・ランティシリオゴゴゴホ」の他に
スランヴァイル・プスルグウィンギスル・ゴゲリフウィルンドロブル・スランティリオゴゴゴホ」
サンヴァイル・プスグウィンギス・ゴゲリフウィルンドロブル・サンティリオゴゴゴホ」
などと表記されることがある。

ちなみにウェールズによる実際の発音は ウィキペディア[外部]ウィクショナリー[外部]で聴くことができる。果たしてあなたにはどう聴こえるだろうか。


ランヴァイル・プルグウィンギル・ゴゲリフウィルンドロブル・ランティシリオゴゴゴホの地理


ランヴァイル・プルグウィンギル・ゴゲリフウィルンドロブル・ランティシリオゴゴゴホはウェールズ本土、バンガーの対に存在する。人口は2001年3040人ほど。アングルシーで5番に人口が多い。

ランヴァイル・プルグウィンギル・ゴゲリフウィルンドロブル・ランティシリオゴゴゴホにはウェールズアライアンスリーグに所属するフットボールクラブランヴァイルF.C.」がある。


ランヴァイル・プルグウィンギル・ゴゲリフウィルンドロブル・ランティシリオゴゴゴホ駅


ランヴァイル・プルグウィンギル・ゴゲリフウィルンドロブル・ランティシリオゴゴゴホには世界で最も長い名となっているランヴァイル・プルグウィンギル・ゴゲリフウィルンドロブル・ランティシリオゴゴゴホ
(Llanfairpwllgwyngyllgogerychwyrndrobwllllantysiliogogogoch station)がある。

ランヴァイル・プルグウィンギル・ゴゲリフウィルンドロブル・ランティシリオゴゴゴホアリーヴァ・トレインズ・ウェールズノース・ウェールズコースト線のの一つ。ウェールズ本土バンガーからメナイ峡を渡り、アングルシーに入って最初のとなっている。略称ランヴァイルプル。乗降客が居なければ停しないリクエストストップである。


ランヴァイル・プルグウィンギル・ゴゲリフウィルンドロブル・ランティシリオゴゴゴホの隣の駅


アリーヴァ・トレインズ・ウェールズ
Arriva Trains Wales

路線名 隣の(上り) 隣の(下り)
ノースウェールズ
コースト線

North Wales Coast Line
バンガー
Bangor 
ランヴァイル・プルグウィンギル・
ゴゲリフウィルンドロブル・ランティシリオゴゴゴホ
Llanfairpwllgwyngyllgogerychwyrndrobwllllantysiliogogogoch
ボダーガン
Bodorgan 

ランヴァイル・プルグウィンギル・ゴゲリフウィルンドロブル・ランティシリオゴゴゴホへの行き方


まずどうにかしてロンドンへ行きましょう。ロンドンには大きなが幾つかありますが、ユーストン(Euston)からランヴァイル・プルグウィンギル・ゴゲリフウィルンドロブル・ランティシリオゴゴゴホに行くことが出来ます。行き方は幾つかあるでしょうから駅員さんにランヴァイル・プルグウィンギル・ゴゲリフウィルンドロブル・ランティシリオゴゴゴホに行くにはどうすればいいか聞いてください。それが一番確実です。ランヴァイル・プルグウィンギル・ゴゲリフウィルンドロブル・ランティシリオゴゴゴホはアングルシーにあるので「ランヴァイル・プルグウィンギル・ゴゲリフウィルンドロブル・ランティシリオゴゴゴホなんてなんだか風邪ひいてるみたいだし第一長くて舌を噛んでしまうよ><」という人はアングルシーにはどう行けばいいですかと聞くのもいいでしょう。

一応例を上げておきます。ユーストからクルーCrewe)まで行きましょう。クルーからバンガーに行くことが出来ます。上記通りバンガーの次のがランヴァイル・プルグウィンギル・ゴゲリフウィルンドロブル・ランティシリオゴゴゴホです。所要時間はロンドンから4~5時間くらいです。


ランヴァイル・プルグウィンギル・ゴゲリフウィルンドロブル・ランティシリオゴゴゴホのライヴァル


これまで最長の名をほしいままにしてきたランヴァイル・プルグウィンギル・ゴゲリフウィルンドロブル・ランティシリオゴゴゴホだが、やはりおなじウェールズに恐るべきライヴァルといえる村が現れている。


ランヴァイル・プルグウィンギル・ゴゲリフウィルンドロブル・ランティシリオゴゴゴホの関連動画



■sm28049080[ニコ動]


ランヴァイル・プルグウィンギル・ゴゲリフウィルンドロブル・ランティシリオゴゴゴホの関連項目



最終更新日: 19/03/15 00:38
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ