ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ラヴィオ


ヨミ: ラヴィオ
掲示板をミル!
44カキコ!

ラヴィオとは、『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』に登場するキャラクターである。

英語名は「Ravio」。CVは同作でリンクを演じた斎賀みつきが掛け持ちで担当している。ぶっちゃけネタバレである。


概要



人物


紫色のローブにウサギ仮面をかぶった、怪しい体の自称「の商人」。
名前の由来はおそらく「ラビット男」のもじりだと思われる。一人称は「ボク」で、リンクのことは「勇者くん」と呼ぶ。シロちゃんというペット小鳥といつも一緒にいる。

の敵・ユガに敗れて倒れていたリンクを見つけ、助けたことでリンクと知り合う。
助けてあげた見返りとしてリンクに泊めてくれるように頼み、リンクがそれを承諾した後日、何とリンクを勝手に改造してアイテムショップを始めてしまう
勝手な装がまずかったことを察したラヴィオが「勇者くんはボクを貸す! ボク勇者くんにアイテムを貸す!」というまるで釣り合っていない交換条件を持ちかけ、以後リンクに様々なアイテムを貸してくれるようになる。

上記のなれ初めからわかるように、性格はかなり軽いお調子者。言葉遣いは丁寧で、しばしばウサギしぐさで踊ったり、ワタワタと身振り手振りを交えて慌てふためいたりと可らしいリアクションを取る一方、何かを隠すためにそんな性格を演じているような様子もうかがえる。
ただし、ルピーに対して非常にがめついのはどうやら偽りのない素の性格なのか、持っているルピーの袋に触ると「命より大切なものがはいっている」と怒ったり、リンクナチュラルづる扱いしたりしてくる。


劇中での活躍


リンクにとってはとんでもない経緯で始めたラヴィオのお店だが、実際のところ彼なしで『神々のトライフォース2』の冒険は成り立たない。

まず、彼が最初にお近づきの印としてくれるアイテム「ラヴィオの腕輪」によって、リンクは本作最大のポイント画化」を身に着ける。これがなければリンクの冒険はユガに絵にされた時点で終わるところだった。

そしてラヴィオのお店は、いわゆるゼルダシリーズの「道具屋」ではない。何と矢、バクダンフックショットといった冒険に欠かせないアイテムを、ほぼ全て序盤から格安で貸してくれる(本当に格安なのかはラヴィオの言い値なので解らないけど)。必死ダンジョンクリアしてアイテムを手に入れていた歴代リンクからすると、羨ましい限りのお店だろう。ナビィミドナと違って一緒に冒険はしないものの、ある意味本作におけるリンクパートナー的存在とも言える。

もっとも格安なのはあくまで「借りる」場合で、これらのアイテムゲームオーバーになると全てシロちゃんによって没収されてしまう。これを防ぐためには、バカ高いルピーを払ってアイテムの「買い取り」を行なわなければならない。安く貸して便利さを教えてから法外なを要する、ラヴィオの商才がる。

ちなみにすべてのアイテムを買い取ってしまうと、ラヴィオはリンクで延々と寝ているだけのニートと化す。働けよおい。


正体


以下は本編エンディングについての非常に重要なネタバレのため、反転

その正体は、ハイラルと対を成す異世界ロウラルの人間マスクを取った素顔は、黒髪になっただけでリンク二つであり、いわば「ロウラルのリンク」である。ウサギ仮面をかぶっていたのは、『神々のトライフォース』で闇の世界に落ちたリンクウサギの姿になっていたことのオマージュだと思われる。(開発者インタビューで「今回、ゼルダヒルダのように対デザインを意識していまして。ラヴィオの場合は、『神々のトライフォース』での“闇の世界”にまつわるデザインイメージしています。もっと詳しく言いたいんですが、これ以上はネタバレになってしまうので……。」とられている)

かつてはロウラルにもハイラル同様のトライフォースが存在していたのだが、そのを巡る争いが勃発、その争いの元であるトライフォースを先祖が破壊するに至った。しかし、その結果トライフォース加護を失ったロウラルは荒の一途をたどっていた。
ロウラルのヒルダは、滅亡に向かうロウラルの未来を憂うあまり、ユガと共に魔王ガノンを復活させ、ハイラルトライフォースを奪い取るという暴挙に打って出ようとしていた。ラヴィオはそんなを止めるため、片切符という危険を承知で単身ハイラルに乗り込み勇者リンクへ協していたのである。ちなみに、ロウラルに存在するに辛口モードで行くと、その時に書いたと思われる3日間の日記が存在する。

エンディングではリンク敗北してなお諦めきれないヒルダに対し、「あなたがやろうとしていることは、過去トライフォースを巡る争いそのものだ。」「たとえ滅びる運命だとしても、これが私たちのロウラルではないですか。」と決死の説得を行なう。
その言葉を聞いたヒルダは考えをめ、今のロウラルが自分たちのロウラルであることを受け止め、トライフォースゼルダリンクハイラルへ帰還させる。
ハイラルへと戻ったは二人はハイラルトライフォースを使って、ロウラルのトライフォースを復活させることで2人の想いに応えた。

エンディングでラヴィオは自分を「臆病者」といい、リンクに対して「ハイラル勇者リンクも君のようになりたかった」と心情を吐露する。だがヒルダの心を救ったのは紛れもなくラヴィオであり、彼が正正銘「ロウラルの勇者」であることに疑いの余地はない。

ただ、は返せこの野郎。


関連動画



■sm22432504[ニコ動]

■sm25159492?ref=search_key_video[ニコ動]
■sm25159796?ref=search_key_video[ニコ動]


関連商品


■azB00G54UDYI


関連コミュニティ


■co10831


関連項目



最終更新日: 14/12/26 17:48
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ