ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


リアリティ


ヨミ: リアリティ
掲示板をミル!
242カキコ!

リアリティ(英:reality)とは、現実真実性、事実本質などを意味する英単

曖昧さ回避

語源


日本語のリアリティは直接は英語realityに由来。そして、英語のrealityはフランス語のréalitéに由来する。これは、さらに中世ラテン語realitasの対格realitatemに遡り、このは、後期ラテン語で、realであるrealisに、性質を現す接尾辞 '-tas' をつけることで出来た。このrealisラテン語で"もの、こと"の意味を表すresに形容詞の接尾辞'-alis'がついて出来た形容詞。


概要


日本語としてリアリティとは、リアルっぽい要素のこと。

よく「フィクションにリアリティをめるな」と言われるが、リアルにリアリティをめてもリアリスティックではないので、められるのは常にフィクションである。そしてどうフィクションにリアリティを混ぜ込むか、視するか、という作業を怠っているアーティストは一人たりともいないだろう。

realityを日本語にすると「現実」「現実性」などとなるが、また「迫真性」、あるいは「説得」とも言い換えられる。現実物理原則に沿っているか、というだけではなく、作品世界での理論が一貫しているか、事物・人物描写が自然に感じられるか、などということも含めるためである。ライトセーバーで切り合おうが美男美女しか出てこなかろうが、スター・ウォーズガンダムにもリアリティは存在できるのだ。

事実は小説より奇なりという言葉もあるように、また、リアリティの感じられないリアルが存在したりと、リアリティとリアルは明確に異なるものである。

有名なシュールレアリズムは、現実とは意識で捉えきれないところにある、という前提によって成り立っている。その結果として部外者には、秩序で非現実的なものと映るのである。このように、各人の感じる「リアリティ」の相違は険しく、決着の見えない問題となっている。


関連項目



最終更新日: 19/04/22 23:18
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ