ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


リカルド・フェリーニ


ヨミ: リカルドフェリーニ
掲示板をミル!
350カキコ!

リカルド・フェリーニとは、ガンダムビルドファイターズの登場人物である。

声優中村悠一


概要


イタリアの伊達男ガンプラバトル選手権世界大会第7回のイタリア代表で、
過去2回の出場経験がある世界大会常連のベテラン
使用ガンプラはウイングガンダムフェニーチェ。
ひげと、エレガント眉毛が特徴の24歳。意外と若い

世界中をしており、日本にやって来てジオンバーに行ったり、学校の体育館へふらっと観戦に来ていたり、かと思ったら次はアメリカに行っていたりと、フットワークはかなり軽い。が、この人には負けるかもしれない…

お供のバイクイタリアのピアッジオ産「ベスパ150VL1T」…なのだが、 ラテン語で“スズメバチ”を意味する名称など、機動戦士Vガンダムに登場した同名の特殊部隊パロディである。 こんなところにもネタを仕込むとはも想像していなかったろう。

プロフィールく、『ガンプラを使ったガールハントは成功率80%を誇る』という、別名「イタリア伊達男」。
ガンプラ使ったナンパってどういう事だ…?」と疑問に思ったであろう視聴者に答えるように、5話にてそのナンパ術の一端が披露された。その手法たるや

ウェイター「あちらのお客様からです」(ガンプラを出す)

女性「えっ」

フェリー(ニッコリ

女性(ズキュウウゥン)

というものであった。 ※ 
ちなみに、この時使用されたガンプラヴィクトリーガンダムナンパ用3日で製作)。
このチョイスに関して、本人く「駄のい洗練された姿」と評していたが、識者の間では「女殺しって事か」「いやいや素のVだからマーベットさん生き残ったし」と、しばしば議論が交わされるネタである。

10話でもキララ相手に、黒いサザンクロス式ナンパ術「ときめくお名前です」を敢行し見事落とした
……のだが、その結果といえば、を飲み過ぎてベロンベロンに酔っ払った挙句、08小隊BD-BOXの特典映像について熱くりすぎて、ドン引きされる始末であった。イタリアの駄目男!!
登場シーンでは女性と話している場面が多く、ナンパ成功率80%であることは確かなようだが、ナンパ成功後に長続きするわけではない模様

これだけ書くとただの愉快なイタリア人なのだが、初登場で2ショット5キルしたり、レイジと200戦の特訓に付き合ったり、二日酔いの状態で4人同時バトルロイヤル戦を勝ち抜いたりと、世界選手権の常連だけあってかなりの実者であることが見て取れる。

アメリカガンプラビルダー、「暴れ」グレコ・ローガンとはライバル関係にあり、前回大会のフェリーニ対グレコの一戦は時間いっぱいまで決着が着かず、一発当てた方の勝利(所以オワタ式)」ルールを適用した延長戦に入っても、2時間以上に及ぶ戦いを繰り広げたベストバウトとして数えられている。(8話グレコの情報より)しかしグレコは今大会の予選でニルス・ニールセンによって敗退を喫し(またもウイングトールギスはお流れに)、その他の有選手も敗退した事から、「ガンプラバトルベテラン世代」を代表している人物のようになってきた。

その他にも、ドイツ代表のライナー・チョマーからも彼女取られたという理由で恨まれており世界大会出場者だけで被害者の会まで作られ、11話で大変なに遭うのだった。自業自得の駄男!
彼のライバルであるグレコがニルス・ニールセン敗を喫したこと、上述の被害者の会の襲撃がイオリ・セイ&レイジ組とマオの助けがなければ乗り切れそうになかったこと、そして何より10話で泥酔してキララに呆れられていた様から、イタリアの駄目男という不名誉なあだ名で呼ばれ、その実にも疑問符が打たれていたが・・・

15話にて、ついにビルドファイターとしての本領を発揮。
普段の飄々とした態度とは裏に、メイジンユウキ・タツヤやセイ、レイジ達に勝るとも劣らない熱い情熱を秘めた男である。既に本選進出を決め、友人であるセイやレイジ達のためにわざと負けてもいい状況で本気で戦いに挑んだ理由は、男なら、ファイターであるなら言うまでもないであろう。
地形を巧みに利用し、相手機の特性を掴んだ上で適切に対処するベテランらしい戦法でレイジ達を圧倒。
機体性で勝るスタービルドストライク相手に互以上に渡り合って見せた。MSの性能差が、勝敗を分かつ絶対条件ではないさ
結果、武器も尽きた終盤では互いの意地をかけた素手での殴り合いの末引き分けるという、第7回ガンプラバトル世界大会予選におけるベストバウトと呼ぶにふさわしい名勝負を繰り広げた。
15話直前まで、主人公組が予選を通過できないかもしれない状況ということから、「どうせフェリーニは負けるだろう」と思っていた視聴者も多かっただろうが、そんな思惑のか上んでいったのである。
さすがイタリア伊達男

20話ではキュベレイパピヨンクリアファンネルという初見殺しにもしっかりと対応するものの、エンボディシステムフル活用した機体の圧倒的に屈。一度は自爆を試みるがキララの叱責で思い直し、棄権という形で敗北ベスト8まで勝ち残った。その後のフェニーチェ暴走したキュベレイに容赦なく痛めつけられたものの、試合後に高し憎しみを抱いてアイラ戦に挑もうとするレイジを拳で諭し、ガンプラバトルを楽しんで欲しいという思いを伝えた。
イタリア伊達男は、大人の対応も出来る良い男。


ウイングガンダムフェニーチェ


ウイングガンダム改造ガンプラであり、フェニーチェとはイタリア語で「不死鳥」を意味する。
カラーリングイタリア国旗トリコロール

左側に集中したアンテナ、肩アーマー、デュアルカメラオッドアイ仕様など左右非対称の外見が特徴的で、このため変形機構はオミットされている。
なお、頭部右側のアンテナ当てが欠けているのはダメージであるらしく、意図的に残されている模様。
左右の重量バランス論、を広げれば左後ろに大きく重心が移動するキワモノセッティングなのだが、これを逆に利用してトリッキーな挙動に活かしている点からその高い技量が伺える。

武装は口が縦2門のバスターライフルカスタムは分離して二挺にできる他、フォアグリップによる両手保持、右背面へマウント
接近戦用の武器ビームレイピアを装備。これも左腕にマウントで、ビームガンとしても使える。
左肩アーマーからは形状が変わるビームシールド……ビームマントを防御兵装として使用。特性と布の良いとこ取りで、クラッカーの爆ビームライフルを防御したり、腕部に巻いて殴打の威を増したりといった応用が出来る。

サポートメカメテオホッパー、ガンプラとしては呂布トールギス以来のバイク
機首部がウイングガンダムシールドになっており、バスターライフルカスタムを取り付けるとバーモードさながらの外見となる。
単純に並みのスピードタイプガンプラ以上の速度を出す事が出来るほか、地上を巡航する乗り物に留まらず、最大出で3発分しか携行できないバスターライフルの追加カートリッジのキャリアーとしても機し、射撃面のスタミナも補うことができる。

 

ちなみに本機は最初からこのような改造が施されていたわけではなく、もとは色違いなだけの普通の『HGACウイングガンダム』であった。
フェリーニがガンプラバトルを始めた当初から使用し続けてきた機体(幼少期に組み立てた機体そのものを使用している可性がある)が、数多くの戦を経ては修理改造を繰り返し続けてきた結果、現在の姿になったのである。前述のダメージが残されているのはこれが理由。

彼がガンプラバトルをする理由、そしてフェニーチェを使い続ける理由は
の作ったガンプラが、ウイングガンダムフェニーチェが、一番強いんだと世界に向かって叫ぶためだ!』
という、ガンプラを作った男の子ならでも思ったことのあるを実現させるためである。
即ちフェニーチェは、リカルド・フェリーニという思春期を殺さなかった少年の翼なのである。
彼の機体に対するは、登場人物の中でもトップクラスであろう。相棒ができたよ!やったねウイングガンダム
女性には軟フェリーニであるが、ガンプラに対してはとことん一途な男の模様。この気持ち、まさしく愛だ
何度傷つき壊されようと再びるその姿は、まさにフェニーチェ不死鳥)の名にふさわしい。

フェリーニにとって大切な「相棒」であり、この機体はまさに彼のガンプラバトル歴史そのものであると言えよう。
逆に言えば、修復不能なまでに壊れることも厭わず勝利を掴みにいったことは、スタービルドストライク戦に対する彼の覚悟とフェニーチェへの思いがいかに大きいものであったかがわかるシーンでもある。

ベストバウトである15話の後、Amazon等で売り切れが続出。
劇中の活躍でガンプラが急に売れる事はサザキ・ススム等のギャンの例もあるのだが、中の人つながりで「阿修羅をもえるフラッグ事件の再来」とも称されている。
(元可変機のパイロット、尋常ならぬガンダムなどこれまた中の人ネタで共通点を見出す人もいる。邪推と信じたい


ガンダムフェニーチェリナーシタ


20話においてキュベレイパピヨン膚なきまでに破壊されたフェニーチェを、フェリーニが数日かけ大幅に良を加えったガンプラ名前が長いので名前を言うときはもっぱらウイングの部分が省略される。リナーシタは「復活」という意味。破壊される前から左右非対称のフェニーチェ左右対称にする構想をフェリーニが持っており、それを実現した機体。既にパーツのいくつかはあらかじめ制作しておりそのため短期間のうちに完成させることができた。

まだ原たるウイングガンダムの面影がかなり残っていたフェニーチェが、全体にわたりかなりの形状変更がなされており、非常に鋭的なシルエットとなった。

またフェニーチェでオミットされていたバード形態が復活。それに関係してか左右対称シルエットとなっている。こうしたことから見たは大きく違うものの、基本構造については元のウイングガンダムに近くなったといえる。ただし、ウイングガンダムバード形態時に下半身を反転させるのに対しリナーシタはそのまま、リナーシタはバード形態時にバスターライフルビームライフルを左右の腕部にそれぞれ装着するという違いがある。

情報が一切なく、23話にて突如として登場。サザキのギャンバルカン弾幕を掻い潜り一両断、シャッフルハートとのビームサーベルのつばぜり合いでビームごとぶった切るなどその性大人気なく知らしめた。
しかしキララのガーベラテトラと対戦した際には、「お手柔らかにね」と言われたせいもあってかガーベラテトラにがっつり体術で締め上げられ、よりにもよってその締め上げにを染めるというあられもない姿を披露した。


関連動画



■sm119634[ニコ動]

リカルド・フェリーニが見ていたと思われるOP。まさに彼の原点。グンダンとか言っちゃダメ。


関連静画


■im3642073(静画)
■im3746880(静画)

■im3743704(静画)
■im3726813(静画)


関連立体



関連商品


■azB00FKL6E4K
■azB00LGBMHZI
■azB00FKL6DX2
■azB00E36RP0K
■azB0009Y8R8Y


関連コミュニティ


リカルド・フェリーニに関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 14/09/20 16:25
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ