ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


リザード・モーターCO.,LTD


ヨミ: リザードモーター
掲示板をミル!
5カキコ!

リザードモーターとは、リッジレーサーシリーズに登場するアメリカ合衆国の架自動車メーカーである。


概要


かつて生産台数に置いて世界自動車メーカーの頂点に立ち、世界経済を左右するとまで言われた巨大自動車メーカー。大きなボディに大パワー、高トルクを備える所謂アメリカ車を基本とし、R4においてダイナミックで迫のあるフォルムが特徴と言われている。
レイジレーサーの取扱説明書によれば、ストックカーレースドライバーから信頼されているらしいのだが、同書ではストックカーレースを「直線を一気に駆け抜ける」と紹介しており、明らかドラッグレースと混同している。何れにせよその加速は高く評価されていた様だ。

英語表記はLIZARD MOTER CO.,LTDなのだが、この表記は日本の会社を英語表記する際に用いられる物であり、純アメリカ企業であるリザード社がこれを扱うのは奇妙である。単にリザードと言う場合はLizardと表記し、ロゴもそれに倣う。シリーズ生物ロゴに用いる企業でもある。

レイジレーサーから登場したシリーズ古参メーカーであり、その社史はナムコによるレイジレーサーR4公式攻略本で知る事が出来る。以下の歴史ナムコ公式ガイブックR4に沿っており、レイジレーサー以降のメーカーが登場する作品が同一の世界であると言う前提で記述している。


歴史



創立~オイルショック


リザードバートンによって創立され、最初期からコリーグラインナップに抱えている事以外は創業年を初めとして一切不明。一応コリーグ1999年までに七代を数える事、創立者のリザードバートンナイトメアコメントを出せる事、オイルショック(史実)時点で内か海外かは不明だが、最大手企業の自負を有していた事からある程度創立年を推測する事は可だと思われる。他、R4メーカー選択画面に置いて、創業年またはリアル・レーシングルーツ参戦年と思われる数字が存在するが判読不能であるし、この数字が何を意味するかは不明である。


オイルショック後


動向が明らかになるのはオイルショック頃からで、これにより経済的で環境に優しい作りがめられるようになり、コンパクトカーの時代が訪れた。それに伴い輸出大アメリカは一転して日本ヨーロッパ自動車が輸入されるようになりリザードシェアは減少、更にはコンパクトカーを対としたビッグレースに置いてもヨーロッパ車相手に立て続けに辛める(苦渋とも言われる)結果となってしまう。リザード製のコンパクトカーヨーロッパの大程の排気量とサイズを有しており、経験豊富なヨーロッパに対抗する事が出来なかった為とされる。しかしこの事はリザード社及び同社の技術スタッフを奮起させ、新の開発へと繋がり後年に辱を果たす事となる。もし、このの時代がければ1990年代までの盛もかったかもしれないとまで言われており、オイルショック後の一連の苦リザードに良い変化をしたと考えられている様だ。


リアル・レーシング・ルーツ参戦~破産、そして現在


1987年アメリカ都市シカゴでのリアル・レーシングルーツ開催に伴い、同シリーズへと正式に参戦を果たすが一度も優勝する事が出来ずに1998年を迎える。この頃にはアメリカ60シェアを誇り、生産台数では世界一を記録していた。だがリッジレーサーズにて同名の種がダンヴァーから登場し、それ以降登場しなくなってしまう。その為リッジレーサーファンの間ではダンヴァーへの称説が流れたが、7においてダンヴァー社の創立者が登場しその説は否定された。
最終的にVita公式サイトにてアメリカ合衆国連邦倒産法第11章、所謂チャプター11を申請していたと設定され倒産していた事となった。このチャプター11は再建の為の物であるが清算を的として運用する事も可であるとされており、作中での悲観的反応から清算を意図して運用した可性が高い。具体的な申請の時期は明かされていないが、リッジレーサーズの舞台の可性が高い2004年頃までに申請したと思われ、この推測通りなら僅か4年弱で一気にシェアを落とした事になる。
この急速な没落に関しては各の凄まじい非難を浴びた核エンジンの開発が原因とアンサイクロペディアでは推測されており、これによりリザード社は命脈を断たれるかと思われたが、保有する種をダンヴァー社とラッキーアンド・ワイルド社で分け合う事で一部種は生き延びた。ところがリッジレーサー3D以降ダンヴァー社は旧リザード系の種であったハイジャック止しており、脱リザードの傾向が見られ始めラッキーアンド・ワイルド社が事実上の後継となりつつある。


時期不明


時期が不明である為別記するが、既に巨大企業であった頃にアッソルート社がレース活動資を得る為に身売りを試みている。しかし結局レース活動に関する条件で折り合いが付かず破談となった。


モデルとなった企業


モデルとなったメーカーゼネラルモーターズフォードと考えられる。世界一である点とチャプター11を適用した点はゼネラルモーターズモデルと考えられるが、イタリアの名門スポーツカーメーカーを買収しようとしたのはフォードモデル。また、ビッグ3の中で社名と同じブランドを使い似た経歴を有するのはフォードのみである。
他に原子力自動車を構想していた事が明らかになっているのもフォードだが、他にスチュードベーカー=パッカードや、アメリカ以外ならアーベル、シムカ等も原子力自動車を構想していたとされ、かつての未来予想からの着想も十分考えられる為モデルとは言い切れず、フォードの構想との共通点もあまりない。


関連人物



関連組織



車種



関連動画



関連商品



関連コミュニティ



関連項目



最終更新日: 17/01/07 14:14
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ