ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


リズ(ファイアーエムブレム)


ヨミ: チンマイカーチャン
掲示板をミル!
106カキコ!

リズ(ファイアーエムブレム)とはニンテンドー3DS専用ソフトファイアーエムブレム 覚醒」の登場人物である。


ちんまい概要いうな!


ネタバレ要素を含むので観覧注意!※

序章から参戦する人物の一人で、主人公であるクロムCV阿澄佳奈で、誕生日3月6日。初期職はシスター重力なんか知ったことかと言わんばかりのツインテールが特徴のちんまい子。ちなみに彼女スカートの下に着けているものはクリノリンという下着の一種で、こちらの世界の19世紀後半に流行したもの。こらソコ、下着に反応するな。

クロムなので当然彼女もイーリス王女なのだが、本人は王族として特別扱いされることを嫌う、というか、後述するが自他ともに認めるほど王族らしさがこれっぽっちも見当たらない性格である。そのため、とでもを作らずに分け隔てなく付き合うことができる。ただ少々甘えたがりだったりいたずら好きだったりと、精的にまだ幼い部分も。年下相手にお姉さんぶることもある。

よく「ちんまい」といわれ、そのたびに「ちんまい言うな!」と怒るのがお約束クロムのほかDLCでは異界のウードからもちんまいと言われたほか、『ファイアーエムブレム無双』ではマークスからもちんまいと言われてしまう始末。さらに同作では挑発(右スティック押し込み)を出すとその場で「ちんまい言うな!」と怒り出す。

王であるエメリナ、自警団団長であるクロムと、立に職務を遂行するを誇りに思う一方で、2人にべて何もできない自分に強い劣等感を感じている。またイーリスの王族は皆生まれながらにして体のどこかにが刻まれるのだが、彼女にはそれがない。上記の件と合わせて、心のどこかで自分はクロム達の本当の家族ではないのではないかと悩んでいる。このに関する彼女息子とのエピソードは必見。

王族としてはわがままだったり落ち着きがなかったり好き嫌いが多かったりと散々な彼女だが、逆にそんな庶民的なところが親しみやすさとなっている。周りを巻き込む明るさや自分を飾らない素直さ、くるくると変わるその表情はみなを笑顔にし、クロム達とはまた違う理由で慕われている。ちなみに独身のままEDを迎えると、クロム現在世情を伝えるために各地をしてまわるのだが、そのの様子は「中」として各地に笑い話として残されているらしい。

軍の中で一番○○」は、「軍の中で一番、よく飛び跳ねている」。将来の夢はのように素敵なレディになること。ただ事全般は苦手で、とくに料理は隠し味に特効を入れたり、スープ色だったりと人が倒れるレベルが倒れたかは記録にないが。ちなみに初恋の人はフレデリク。彼と同じくへそくりをコツコツ貯めているが、その額は思わず驚愕してしまうレベル

子どもっぽさ全開の彼女だが、息子との会話は母ちゃんそのもの。肝っ玉母ちゃんの域にすら入りつつある。息子く「相手の話を聞かずに自分の世界で人をふりまわす」性格らしい。どうやらこの自分の世界で人をふりまわす部分が特に強化されて息子に遺伝したようだ。未来ウードとは何度も手合わせをしていたようだが、その度にボコボコにしていたらしい。まだウードが幼かったからかもしれないが、彼はリズに一度も勝利したことがなかったと話している。リズも立になったものである。

FEシリーズ兄妹と言えばなにかとヤバイ雰囲気になることで有名だが(とくに戦とか魔とか魔とか)、彼女クロムはそんなことを微も感じさせない・・・だけではなく、血が繋がってない可性のほうを極端に恐れていたり、初恋の人がいたり、トドメとして息子があるのを見てと血が繋がってると安心するという性すらをも素粒子レベルで取り除く底ぶりである。一部期待していた人もここまでやられるといっそ清々しい思いであろう。

キャラクターデザインコザキユースケ氏によると、開発中は暗い性格の設定だったが、コザキ氏の実妹漫画家イラストレーターのこざき亜衣)に対するイメージが反映されて今の明るく元気な性格になったらしい。


わたしだってやればできるんだよ! 


シリーズ恒例の初期シスター。ただ僧侶らしい設定がないため「」と言う意味なのかと思ってしまう。
どうもシスターの成長率があまり良くないらしく序盤は伸びにくいと感じるが、十分な回復ができるユニットが他にいないため使わざるをえない。クラスチェンジ後は伸びがよくなる。
 シスターからのクラスチェンジ賢者が一般的だが、や守備が意外と伸びるためバトルシスターも案外イケる。グラ的にはこっちのほうがしっくりくる。ちなみに賢者エメリナと同じ装。余談だがシスターの他になれる職はトルバトール/ペガサスナイトと、全て女性専用職である。
 も魔伸びるためペガサスナイト系の上級職はどちらもリズの性質を活かしやすく、回復役が足りているようならいっそこっちにチェンジして使うのも良い。その場合、せっかくなので息子のためにも「疾風」を覚えて遺伝させておきたい。
母親としては魔法系のステータスと幸運にボーナスがつき、などが下がる。


ヒーローズでも頑張っちゃうよー!


ヒーローズでも初期から実装されている、英雄戦でも入手可だった。

ステータス傾向としては、速さに難があるものの原作通りHPと守備が伸びやすく、硬い。
攻撃スキルは「アサルト」と移動を下げる「グラビティ」とそこまで強くないが、回復スキルに味方のHPが残り少ないほど多くのHPを回復できる「リバース」を供えており、瀕死の味方でもほぼ全快できる高い回復量を持っている。
スキルは回復量が上がる「治癒」と、味方全体の攻撃を+4する「業火の祝福」。
補助スキルとして、2ターンに1度HPが10回復する「回復3」を習得可

回復役としては自身の打たれ強さと回復量に優れており「業火の祝福」による火力増も可であるなど、職者的な要素があるほかのユニットたちと衛生兵の如く戦場で軍務を行うことを強く意識した構成となっている。


無双でも力がわいてくる!


ファイアーエムブレム無双でも参戦。クラスこそシスターだが、実質的にはを振り回すバトルシスター的なキャラクターとして登場。小柄な体をぶん回す様はPVの時点で迫満点。を回転させながら自身の周囲を旋回させる危なっかしい技やボルトアクスに持ち替えった撃を放っている。シスターなだけありや祓を使うこともできる。ストーリーモードでは覚醒オープニングでおなじみのクロムとの例のやり取りをフルボイスで行ってくる。

クラスチェンジではやはりクリノリンをむき出しにするバトルシスタークラスチェンジステータス面では均以上のHPと高い魔防で魔ユニットに強く出られるのが強み。一方守備は全キャラ中ワーストなのでHPそれなりに高いとは言っても油断は禁物。特に士系ユニット正面から殴りに行く時は要注意。攻撃面では物理ユニットでありながらより魔が高く、物魔反転を持たせると純火力はかなり上がる。一方も固有スキルの「+10」でそこそこの補強が見込める。兵の中で魔ユニットに強く出られるのはリズだけなのでこちらも十分選択肢に入る。

支援レベルA+に達する(会話を見れる)のはティアモルキナマークスタクミサクラエリーゼアンナティアモや姪っ子のルキナはありそうでなかった組み合わせ。

DLCの追加ヒストリーでは全体的にコメディリリーフな役割。王女なのに軍宣伝のつかいっぱしりをさせられたりナバールにちょっかいを出したりしている。DLC覚醒パックを購入するとエメリナのローブに身を包んだ賢者衣装と専用武器「リズの癒」が入手できる。前者はアグレッシブリズのモーションにはやや不釣り合いだが原作賢者として運用していたなら。後者身をつけたようなゴージャスな外見が特徴。名前とは裏に回復特性はついていない。


関連動画を紹介してくれるの?ありがとう!



■sm17652947[ニコ動]

■sm17705644[ニコ動]


お買いものってワクワクするね!何を買ってくれるの~?


■azb006qggogq


あ、関連コミュニティにヒビ入ってる。これ絶対お兄ちゃんのしわざだよ…


■co525


じゃーん!関連項目だよ!似合ってるでしょ



最終更新日: 18/08/11 14:39
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ