ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


リチャード・ハモンド


ヨミ: リチャードハモンド
掲示板をミル!
77カキコ!

リチャード・ハモンド

 

 

 

リチャード・ハモンド(本名:リチャードマークハモンド)とは、 イギリスを中心に活躍する1969年12月19日まれのTV/ラジオプレゼンター兼ジャーナリストである。

称は「ハムスター」「ハム」。既婚。

 独特の笑いの持ち。何故か言葉が上がる。

「(́◉◞౪◟◉)ハハハハハァ!」


概要


 イングランドSolihoul生まれ、後に家族ウエストミッドランドへ移住。現在は自らの趣味でもある自動車を納める為に買ったと言われるをどこかに持つ。

[画像を見る] BBCでの出演が多かった為に専属職員のイメージ若干あるが、実際にはフリーであり、地方ラジオ放送のDJを皮切りに数々のラジオ/TVに出演、を始めとした番組に関係する本も出版している。

 称である「ハムスター」の由来は身長が低いことから来ているようで、自らもその体格の事を数多くネタにしている。公式ウェブサイト[外部]ドメイン名が「thehamsterscage.co.uk」、個人事務所の名前が「Hamster's Wheel Productions」(直訳すれば「回し車プロダクション」)で、ロゴハムスター回し車で発電した電気を使ってテレビが付いている、という底し た懲りようで、よほど気に入っていることが伺える。ただし、背が低いというのはあくまでイングランド人基準であり、特にTopGearで共演していた自動車評論家/ジャーナリストであるジェレミー・クラークソンが横に並ぶと、画面上の対から小柄な印を受けるだけに過ぎな い。実際には170175cm程度、日本人均体位はある。(ちなみにジェレミー身長190cm程度で、かなり大柄。)

 彼自身が2002年から2015年まで参加した番組「TopGear」では、本業である会進行をこなしつつ数々の体当たりチャレンジをしており、ルノーR25(本物のF1カート)に数時間レッスンしただけで乗せられたり、ドラッグカーアタック中、時速400Km/h付近で宙に舞い地面に叩き付けられ、重体になるなど、かなり危険なにも遭っている。(詳細後述)

onepoll.comが行ったオンラインアンケートの結果では、「もっともセクシーな小男」としてトム・クルーズと共にトップ3にランクインしたことがあり、イギリスでは容姿の面でも人気が高い事が伺える。「ニコニコ動画」におけるTopGear動画で「このイケメン誰?」とコメントがあった場合、彼のことをしている確率が高い。


嗜好と趣味


 なにかと物に着を持つタイプのようで、TopGear番組企画で使用した中古の”おんぼろフェラーリに情が移り、個人的に引き取って修理したり(後の別番組のドッキリ企画目隠し縦列駐に挑戦、自らの手で破壊する結果にw)、先に紹介した「オリバー」(ボツワナ横断旅行中、ほぼ傷で帰ってきたのはこの一台のみ)の件を見ると分かりやすい。

 ポルシェ911をこよなく愛しディーラーには911だけ置けばいいと言い切っている。よくこのことはポルシェが気に入らないジェレミーとの喧の原因となっている。

 所有は変遷があるが、お気に入りであるポルシェ911モーガン等の高級はもちろん、スズキの大二輪(ブラブーサハヤブサGSX-R1000など)など、二輪四輪問わず何台もある。TopGearで出演しボツワナを共にしたオペルカデット、通称「オリバー」も個人的に持っているという噂もある。

ヘリを操縦することも可で、番組の企画中に、使わなくなった兵器の倉庫に訪れた際には保管されていた軍用ヘリを自ら操縦する姿を見せた。

 食べ物の好き嫌いがかなりしく、魚介類は一切食べることができない。そのため、TopGear日本収録やベトナム旅行では現地の料理を食べることができず弱る彼の姿を見ることができる。番組を見ると、どうやらジャンクフードなら食べられるようである。

なお、チーズバーガーやマッスルカー、NASCARを好むことから「本当はアメリカ人だ」とからかわれることもある。

自動車番組の出演者にも関わらずF1の知識に疎く、グランプリ開催中のモナコに訪れてもほとんど興味を示さなかった(ただしその後ホットハッチコースを走った際には「今まで走った中で一番奮した」とっている)。

番組の台本の可性はあるが、フィルコリンズが途中参加した事で知られるプログレッシブバンドジェネシス」が嫌いなようで、ジェレミーが彼をイジるネタの一つになっている。

J:「(エンジンの)Vバンクの間に15分の間奏があるんだ。」(レスポンスが悪い、の意)

H:「」


番組での事故


 出演する番組がチャレンジ企画が多い事と、BBCで長く仕事を共にしてきたジェレミー・クラークソンジェームスメイとの較で最も年齢が若く、「永遠の若手役」として扱われる関係上、出演する番組で自らの身を危険にすことが多い事は先に述べたが、2006年9月20日TopGear収録のため0-400mのタイムを競う為のドラッグカーに乗りタイムアタックに挑戦した際、車両コントロールを失い宙に舞う重大事故が起きた。事故の状態は深刻でハモンド本人は救急搬送、っ先に病院に向かったのは家族ジェレミージェームズ・番組プロデューサーアンディである。病院ベッドのそばに座ったジェレミー必死にいつも通りの態度で接しようとし続け、彼がいかに最低ドライバーかをし続けていた。その話を聞いたハモンドが微かに笑みを浮かべたのを見て、いつもなら絶対にしないぐらいの大喜びをするという重なジェレミーデレを引き出している。

 その事故からはSeries9・Episode1で復帰。「キミキチガイか?」などのキツイブラックジョークで迎えられ、関係者や視聴者感謝を述べた後、いつものように「How hard can it be?」の合言葉と共に道路工事企画が放送された。

 この事故以降、番組で見る限り確認出来るような大きな後遺障等は見受けられないが、本人がるには「怒りっぽくなった」と言う事で、生活に支障がい程度ながらダメージがあった事が判る。しかし、 日本ならば番組放送停止ものの大事故にもかかわらず、TopGearスタッフは特に反の色を見せるわけでもく、番組中の罰ゲームにかこつけて、複葉機の縛り付けアクロバット飛行を繰り返さえさすなど、下っ端芸人並の雑な扱いで彼の命をもてあそび、いじり倒す事に喜びを感じていたようだ。

 そこから10年ほど経ち、BBCを去ったあとも新番組The Grand Tourで相変わらずハチャメチャしていたが、シーズン2の撮影で、ランボルギーニ・アヴェンタドールS、ホンダNSX、リマックコンセプトワンヒルクライム勝負をするという企画の中で、リチャードが操る電気自動車リマック・コンセプトワンが350km/hで崖下へ転落、マシンはそのまま大破炎上という前回以上にやばい事故[外部]が発生。さすがにジェレミーたちも「やつは死んだと思った」らしいが、本人は奇跡的に膝の折で済んだ。(ちなみにの方は搭載していたリチウムイオン電池が炎上し、もはや跡形もなくなった)


出演中の番組


 生まれも育ちもイングランドであるが、心に住み着いているのはアメリカ人である。念願って、現在BBCアメリカで非常にアメリカンな企画をやり続けるという、身も心もアメリカ人になりそうな単独会番組『Richard Hammond's Crash Course』を放送中。

 また、2002年より参加してきた人気番組TopGearについては、ジェレミー・クラークソン2015年中に起こしたスキャンダルプロデューサーへの暴行事件)に関連し会を降(実際には高額な出演料を巡るBBCとの労使交渉の決裂が始まり、とも噂される)、以後、BBC過去収録分の消化試合の後、TopGearを別体制でスタートさせ、結果、最終的に元々フリーである彼はジェームスメイと共にTopGearを降することになった。しかし、壮絶なバカ人気者を世間が放っておくはずはく、2016年より、インターネットサービス会社アマゾン提供するAmazonPrimeVideoでのオンデマンド放送により、ガキ3人によるPoWeEEEEEERゴリ押し自動車関連番組The Grand Tourジェレミージェームズと共に参加している。


関連動画



■sm74721[ニコ動]

■sm4685308[ニコ動]
■sm2106418[ニコ動]
■sm4632698[ニコ動]
■sm5425638[ニコ動]
■sm5591094[ニコ動]


関連商品


■az0752890190
■az1405340819


関連コミュニティ


■co5900


関連項目



最終更新日: 18/06/09 21:17
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ