ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


リチュア


ヨミ: リチュア
掲示板をミル!
277カキコ!

リチュアとは、遊戯王OCGカテゴリーの一つである。


概要


正義を信じ、かつて強大なを封印、平和を願い続けた「氷結界」に対し、同質のを得ながら、それを「儀」を用いて失われた邪悪古代儀式(イビリチュア)へと転成させた集団があった。名を「リチュア」という。 もともと勢としては小さい彼らは、ミスバレー湿地帯の豊富な資め、ガスタへの侵攻を始めるのだった。

ヴァイロンの撃退により地上世界は共通の大敵を失い、リチュアは再びミスバレー湿地帯へ侵攻する。 先の大戦での傷跡も大きく、元々が小勢であったリチュアは、ラヴァルの者たちを禁呪法の生け贄とし、そのを取り込んでしまうのだった。 大戦が生んだ、んだ共闘の姿がそこにはあった―

ラヴァルを吸収し尽くしてなおめ続けるリチュアは、かつての破壊者(トリシューラ)、侵略者(インヴェルズ)をも戦とすることを画策する。 それが邪念(ヴェルズ)の、そして侵略者(インヴェルズ)の意思である事を知らずに… すべては悪魔が復活したその時よりの契約。 そう、魔轟神との戦いの舞台裏で交わされた、氷結界(ノエリア)による降魔儀式(イビリチュア)によって―

デュエルターミナル第10弾「インヴェルズ侵略!!」から登場したカテゴリーである。 
「リチュア」というのは、「儀式」をあらわす英語「ritual」の略でその名の通り、儀式召喚として戦う種族である。このモンスター群に属するモンスターは全て属性であるため氷結界の後釜とも言える。
またこの種族の全てのモンスターは、リチュアにおけるキーカード「リチュアの儀」をペンダントや武器にしている。


2010年8月”DT10-インヴェルズの侵略!!-”


以下のテキストは、遊戯王カードwikiより転載

リチュア・アビス/Gishki Abyss
効果モンスター 2/属性/族/攻 800/守 500
このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時、自分のデッキから「リチュア・アビス」以外の守備1000以下の 「リチュア」と名のついたモンスター1体を手札に加える事ができる。     

守備1000以下のリチュアを手札に加えることが出来るサメ。その中に、「シャドウ・リチュア」と「ヴィジョン・リチュア」が含まれるので、儀式モンスター儀式魔法が間接的にサーチ可。このカードを「サルベージ」や「浮上」などで何度も再利用し、サーチを繰り返すのが【リチュア】の基本となる。   また、DTミニゲームぴちぴち魚釣り」「ふわふわガスタ!」にも登場する。

リチュア・ヴァニティ/Gishki Vanity
効果モンスター 2/属性/族/攻1000/守 800
自分のメインフェイズ時に、このカードを手札から捨てて発動する事ができる。
このターン、相手は「リチュア」と名のついた儀式魔法カードの発動に対して 魔法・効果モンスターの効果を発動する事ができず、「リチュア」と名のついた儀式モンスター儀式召喚に成功した時、相手は魔法・効果モンスターの効果を発動する事ができない。

儀式召喚に対する妨を防ぐことができるお兄さん。ただ、儀式モンスターに耐性がつくわけではないので、除去には注意が必要。「リチュアル・バスター」と併用すると、除去を恐れずに済むが、手札事故には注意。
余談だが、リチュアの人モンスター族である。「浮上」とか出来るけど・・・なぜ族。

リチュア・マーカー/Gishki Marker
効果モンスター 4/属性/族/攻1600/守1200
このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時、「リチュア」と名のついた自分の墓地に存在する 儀式モンスターまたは儀式魔法カード1枚を選択して手札に加える事ができる。 

 墓地儀式モンスター儀式魔法サルベージすることができるタコ。ただ、「リチュアの儀」自身がサルベージを持っていたり、このカードは「リチュア・アビス」や「サルベージ」に対応していなかったり、かといって下級アタッカークラス打点があるかといったらそうでもないという、なんとも微妙カード
また、こいつもDTミニゲームぴちぴち魚釣り」「ふわふわガスタ!」に登場する。

リチュア・チェイン/Gishki Chain
効果モンスター4/属性/海竜族/攻1800/守1000
このカードが召喚に成功した時、自分のデッキの上からカードを3枚確認する。確認したカードの中に儀式モンスターまたは儀式魔法カードがあった場合、その1枚を相手に見せて手札に加える事ができる。確認したカードは好きな順番でデッキの上に戻す。  

 デッキトップ操作を持ち、その中に儀式魔法儀式モンスターがあればサーチも可となる。サーチに関しては確実にサーチできる「リチュア・アビス」に劣る。下級アタッカー打点があるのが魅といえるが、【リチュア】の弱点「ライオウ」に負けてしまっているのが惜しい。このカードは【リチュア】よりも【大逆転クイズ】や【マアト】の方が相性がいいかもしれない。海竜族のアタッカー、と言う点では魅的である。
マンジュ・ゴッド等が制限化した際、代用品としての宣告者と共に【影霊衣】等に採用されていたことも。
武器は名前の通り鎖である。また、こいつもDTミニゲームぴちぴち魚釣り」「ふわふわガスタ!」に登場する。

リチュア・エリアル/Gishki Ariel
効果モンスター4/属性/魔法使い族/攻1000/守1800
リバース:自分のデッキから「リチュア」と名のついたモンスター1体を手札に加える事ができる。    

「リチュア」をサーチするリバース効果を持つ女の子1800とそれなりの守備がある。サーチは「リチュア・アビス」と違いの制限はない。「リチュア・アビス」ではサーチ出来ない「リチュア・ビースト」をサーチするといいだろう。ただ、リバース効果ゆえにタイミングが遅れるのが難点。
見た、名前などから「霊使いエリア」との関係がささやかれている。同じく「風霊使いウィン」との関係がささやかれている「ガスタ巫女 ウィンダ」と共に、高い人気を誇る。遊戯王ではよくあることだが。
ちなみに、WCS2011ではデュエリストとして登場する。もちろん使用デッキは【リチュア】。一人称は『』。

シャドウ・リチュア/Gishki Shadow
効果モンスター4/属性/海竜族/攻1200/守1000
属性儀式モンスターを特殊召喚する場合、このカード1枚で儀式召喚のためのリリースとして使用する事ができる。また、手札からこのカードを捨てる事で、自分のデッキから「リチュア」と名のついた儀式魔法カード1枚を手札に加える。

儀式召喚リリース軽減、儀式魔法サーチ効果を持つ。二つの効果から、【リチュア】には欠かせないカードである。ステータスも「リチュア・アビス」、「サルベージ」両方に対応するため、手札に持つことは容易である。その効果、装から「リチュア」の幹部のような存在だろうか。
ちなみに、前半の効果は「リチュア」の儀式モンスターだけでなく、「要塞クジラ」「クラブ・タートル」等にも対応する。

リチュアの儀/Gishki Aquamirror
儀式魔法
「リチュア」と名のついた儀式モンスターの降臨に必要。
手札・自分フィールド上から、儀式召喚するモンスターと同じレベルになるようにモンスターリリースしなければならない。また、墓地に存在するこのカードデッキに戻す事で、自分の墓地に存在する「リチュア」と名のついた儀式モンスター1体を選択して手札に戻す。

リチュア専用儀式魔法であり、墓地の自身をデッキに戻す事でリチュア儀式モンスターサルベージする効果も持っている。【リチュア】の得意とする連続儀式召喚徴する一枚となる。レベルは同じにする必要があるが、「シャドウ・リチュア」、「ヴィジョン・リチュア」で視出来る。だが、後半の効果から出来るだけ同じレベル儀式モンスターが望ましい。この効果から、デッキをくむ際儀式モンスターレベルを統一する人が多い。

瞑想術/Aquamirror Meditation
通常 手札の儀式魔法カード1枚を相手に見せ、自分の墓地に存在する「リチュア」と名のついたモンスター2体を選択して発動する。 選択した墓地モンスターを手札に戻す。

手札の「リチュア」の儀式魔法を見せ、墓地モンスターサルベージ出来る。攻撃の制限はないが、なので発動が遅いのが難点。そもそも、「サルベージ」で手札に戻せないモンスターは少なく、儀式モンスターは「リチュアの儀」で戻せるので4枚以降の「サルベージ」といったところ。
イラストでは「リチュア・エリアル」が「リチュアの儀」を使って、瞑想を行っている。

イビリチュア・マインオーガス/Evigishki Mind Augus
儀式・効果モンスター6/属性/族/攻2500/守2000
「リチュア」と名のついた儀式魔法カードにより降臨。このカード儀式召喚に成功した時、お互いの墓地に存在するカードを合計5枚まで選択し、持ちデッキに戻す。

 レベル6の儀式モンスター儀式召喚に成功した時、お互いの墓地に存在するカードを5枚までデッキに戻す誘発効果を持つ。 相手の墓地アドのリセット、自分の墓地カードの再利用と非常に便利なである。 墓地コストを除外して特殊召喚されるモンスター、自己再生するモンスター生されると怖いモンスターなどを封殺できる。【リチュア】の得意とするピーピングで相手の次の行動を見極め、先んじてその芽を刈る様に動くといいだろう。 ただし、【リチュア】はサルベージも優秀なので自分の墓地カードデッキに戻すのはよく考えよう。
ガスタ」は遊戯王伝統の『乗っただけ』をこなすが「リチュア」は同じく伝統の『モンスターとの合体』をこなす。
攻撃は下っ端クラスだが。このモンスターは「リチュア・エリアル」とモンスター合体のようだ。

イビリチュア・ソウルオーガ/Evigishki Soul Ogre
儀式・効果モンスター8/属性/族/攻2800/守2800  
「リチュア」と名のついた儀式魔法カードにより降臨。
ターンに1度、手札から「リチュア」と名のついたモンスター1体を捨てる事で、
相手フィールド上に表側表示で存在するカード1枚を選択して持ちデッキに戻す。

レベル8の儀式モンスター
1ターンに一度、手札のリチュアと名のついたモンスターコストに相手の表側表示カード1枚をデッキに戻す効果を持つ。 単なるバウンスではなくデッキ内に戻す効果は「氷結界の龍 ブリューナク」などよりも強だが、一ターンに一度な上表側表示のカードしか対にできないため少々使い辛い。ただし、リチュアは手札補充手段も豊富なので、効果の発動機会は多いだろう。 「イビリチュア・ガストクラーケ」が登場当時、このカードレベルが8だったのが問題となっていた。今では同じレベル8の儀式モンスター「イビリチュア・リヴァイアニマ」が登場しているので、その問題も解消している。レベル8のリチュア儀式モンスターはどちらも維持する事で威を発揮するので、レベル6を多用する際よりも儀式モンスターを守る構築にすると良い。


2010年Vジャンプ12月号”V JUMP EDITION 4”


リチュア・ビースト/Gishki Beast
効果モンスター4/属性/族/攻1500/守1300
このカードが召喚に成功した時、自分の墓地レベル4以下の「リチュア」と名のついたモンスター1体を選択して表側守備表示で特殊召喚できる。

召喚時に墓地の「リチュア」を生させることができる。「デブリ・ドラゴン」などとは違い、モンスター効果は効にならないので「リチュア・アビス」や「リチュア・マーカー」などの効果が使える。その「リチュア・アビス」に対応しておらず、特殊召喚時には効果が使えないのが少々惜しいが。このカード自身は「サルベージ」に対応しているので、効果を使ったあとは儀式召喚エクシーズ召喚に使い、「サルベージ」などで手札に戻すといいだろう。
ちなみに「リチュア」で一の族。


2010年12月”DT11 -オメガの裁き!!-”


次へ»
最終更新日: 17/03/06 10:44
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ