ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


リック・ディアス


ヨミ: リックディアス
掲示板をミル!
75カキコ!

リック・ディアスとは、機動戦士Zガンダムに出てきたMSである。形式番号はRMS-099(MSA-099)。


概要


エゥーゴアナハイム社が共同開発した高性モビルスーツ「γガンダム」。
連邦ジオンの技術融合に成功し、実戦投入された初の機体であり、高性MS共同開発計画(Zプロジェクト)へつながっていくこととなる。
武装はバルカンファランクス、クレイバズーカビームピストルビームサーベル

開発経緯

反地球連邦組織エゥーゴでは、ティターンズとの本格的な戦争に備えて次世代MSの開発を行っていた。
この頃アクシズから帰還したクワトロ・バジーナことシャア・アズナブルによってガンダリウムγ提供され、この技術を導入することにより従来のMSべて大幅な軽量化と耐弾性の両立に成功した。

開発は、アナハイム社で旧ジオンにいた者を中心にして行われ、そこに以前ガンダム開発計画にかかわっていた技術者が加わった。コンセプトとしてはガンダムの技術を用いたジオンMSという形でまとまっており、連邦軍制式武器のほとんどを使用できるという運用上のメリットも生まれた。

外観は旧ジオン軍モビルスーツを彷彿させるモノアイや、スカート式装甲を受け継いだ重装甲にみられるように、ドム系・ゲルググ系を彷彿させるシルエットとなっている。リック・ディアスがガンダム系の系譜を受け継ぎながら、旧ジオンMSの外見を持つ理由の一つとして連邦軍によって計画が凍結されていた先年のガンダム開発計画からの関連性を隠蔽するための偽装も兼ねていた。

推進剤タンクとスラスターを内装したバインダーは、GP01FbフルバーニアンのブーストポッドGP02Aサイサリスの肩部大ラスター・バインダーと共通したシステムであり、リック・ディアスのバインダーはこれらのガンダム開発計画MSから得られたノウハウが流用されていることが分かる。

なお、「ΖΖ」には発展機であるシュツルム・ディアスが登場するが、裏取引によりネオジオンへ譲渡され、隠れジオンに支給されている(小説版ではアムロ・レイが搭乗し、ジュドー・アーシタと共闘している)。

名称の由来

開発当初はエゥーゴ導者ブレックス准将の提案により「γガンダム」と呼ばれていたが、その外観から別の名称を使いたいとするクワトロ大尉希望により、宇宙用の機体を意味する「リック」、喜望峰の発見者バルトロメウ・ディアスの「ディアス」を合わせて『リック・ディアス』と名付けたとされる。

リック・ディアスの命名についての経緯は『機動戦士Zガンダム』の劇中ではられることはなかったものの、『機動戦士ガンダムΖΖ』の第1話「プレリュードΖΖ」などで確認することができる。


実戦投入後


ロールアウト後はエゥーゴが新造した強襲機動巡洋艦アーガマ」に三機が先行配備され、サイド7において初めて実戦投入された。
その戦闘では、ズングリとした外観に似つかわしくない高機動性を発揮し、サイド7の防部隊に配備されていたジムⅡティターンズ所属のハイザックを圧倒した。
以後、エゥーゴの中核を担うモビルスーツとしてベテランパイロットに供給され、グリプス戦役を戦い抜くことになる。

代表的なパイロットは、クワトロ・バジーナエマ・シーンロベルトアポリー・ベイなどである。
アムロ・レイもカラバ参加当初はこれに搭乗、機体性で上回るティターンズの可変MS相手と交戦し、アッシマーなどを撃墜している。また、アムロシャアが共通して搭乗した一のモビルスーツでもある。

当初は基本カラーで、クワトロ専用機のみ塗装が施されていた。
後に制作現場でい絵の具が大量に余っていたから宇宙空間での視認性を向上させて敵味方の識別を取りやすくするため全機赤色にぬり替えられることとなった。


関連動画



■sm1592837[ニコ動]

■sm15835862[ニコ動]


関連商品


■azB0006TNAJI
■azB00030EUW6
■azB0002U3DWU
■azB001E5GHC0
■azB001E5GHCA


関連コミュニティ


■co2675


関連項目


AE社製ギリシア文字ガンダム一覧
γガンダム - εガンダム - δガンダム - ζガンダム - ηガンダム - θガンダム - ιガンダム
- σガンダムκガンダム) - λガンダム - μガンダム - νガンダム - ξガンダム

最終更新日: 16/01/14 21:35
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ