ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


リトル・ウィッチ パルフェ


ヨミ: リトルウィッチパルフェ
掲示板をミル!
18カキコ!

リトル・ウィッチ パルフェ』とは、工画堂スタジオから発売された『リトル・ウィッチ パルフェシリーズ』および、第一作である1999年4月28日に同社から発売された魔法経営シミュレーション『リトル・ウィッチ パルフェ ~黒猫印の魔法屋さん~』のことである。

本項では後者について説明する。


概要


それまで硬ストラテジーゲーム(そう会社側が説明していたからそうなのだよ)を作り続けていた工画堂スタジオが、「キャラクターゲームを作ろう!」と決めてくろねこさんちーむを立ち上げ、作り上げた代物。

今まで培ってきたシミュレーション要素をそのまま魔法店経営に生かした上で、かわいいほんわか少女主人公という、おそらく当時は新だったであろうテーマで作り上げられたゲームである。

当初は乙女ゲームっぽい要素で作ろうとしたコンセプトに基づいており、その名残が微妙に残っているのだが、その実主人公)が惚れられた幼馴染(同性)と結ばれる百合ゲームのほうが要素とされ、どちらかといえばユーザー男性のほうが多い。

そのため、生作である「リトル・ウィッチ レネット」は百合ゲー要素を前面に、続編である「ハートフルメモリーズLittle Witch Parfait2~」はギャルゲー要素を前面に押し立てることになった。

くろねこさんちーむは今後の工画堂スタジオチームとなり、くろねこさんちーむの作り出したキャラクターゲームの流れが工画堂スタジオのその後の軸の方針となり、そのくろねこさんちーむ作品はこの作品のシリーズが軸になった。

同作品から、同チーム世界観から「エンジェリックコンサート」、「ASエンジェリックセレナーデ」、「ミマナイアルクロニクル」を生み、音ゲー要素から「シンフォニック=レイン」、「ディアピアニッシモ」、乙女ゲー要素から「パレドゥレーヌ」を生み、百合ゲー要素から「ソルフェージュ」、「白衣性恋愛症候群」を生み出した。

またリトル・ウィッチ パルフェシリーズがひと段落ついた際、一部のメンバー工画堂スタジオまさんちーむに転属となって作られたのが「蒼い海のトリスティアシリーズ(通称Deep Blueシリーズ)である。

PSP版が出て欲しいと望まれていた本作であるが、原作発売から約13年の時を経て2012年3月22日サイバーフロントより初代「リトル・ウィッチ パルフェ~黒猫印の魔法屋さん~」をベースデザインキャスト一新でフルリメイクとなる「リトル・ウィッチ パルフェ 黒猫魔法店物語」が発売された。

また、作品発売と同時に桃色大戦ぱいろん for ニコニコアプリにおいて同作のキャラクターカードが販売された。


関連動画


原作音楽集(他の作品の音楽集も同様)は工画堂スタジオ権利者削除を受けたが、PSP版のプロモーション動画本編ミュージックアクションシリーズプレイ動画削除されていない。


■sm347115[ニコ動]

■sm16358766[ニコ動]


関連商品


■azB0007VRPVO
■az4775303694
■azB005ZNJVDY
■azB005ZNJUOO


関連コミュニティ


■co9752


関連項目



最終更新日: 19/02/23 15:32
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ