ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


リニア中央新幹線


ヨミ: リニアチュウオウシンカンセン
掲示板をミル!
418カキコ!

JR-Maglev MLX01

リニア中央新幹線とは、東海旅客鉄道(JR東海)が事業体(計画・建設・営業等)となっている東京名古屋大阪間を結ぶ整備計画路線である。上記の名称はメディアに用いているが、国土交通省[外部]及びJR東海[外部]は、この路線の正式名称を「中央新幹線」と一貫して使用している。

JR東海は当初2025年までに東京名古屋間の開業をして建設していく方針だったが、東日本大震災をはじめとする不気の東海道新幹線の収入が予想以上に落ち込んだ為、2014年現在では2027年の開業をしている。

なお、2020年東京オリンピックに間に合わせてほしいとの意見もあるが、JR東海は前倒しするのは難しいとしている。また、神奈川県山梨県間のみの部分開業もいとしている。

全通すれば東京名古屋間が40分、東京大阪間が1時間7分で結ばれる予定。なお、東京大阪間の運賃は1万5050円を想定している。

そして2014年12月17日、前述の通り2027年の開業をして着工された。

概要

中央新幹線
基本情報
現況 建設中
日本
所在 東京都神奈川県山梨県静岡県長野県岐阜県愛知県三重県奈良県大阪府
種別 超電導磁気浮上式鉄道
起点 品川駅
終点 名古屋駅(計画:新大阪駅
6(品川-名古屋間)
開業予定 2027年度(品川-名古屋間)
所有者 JR東海
運営 JR東海
車両基地 関東車両基地、中部総合車両基地
使用車両 L0系
路線諸元
路線総延長 286.6km(東京-名古屋間)
路線数 複線
電化 交流 33,000V・60Hz
最小曲線半径 8,000mm
最大勾配 40
特記事項 JR東海全事業費負担による建設の推進

路線としての名称は「リニア中央新幹線」「中央リニア/リニア中央エクスプレス」とも。鉄道としての名称は「ジェイアール式マグレブJR-Maglev)」とか「超電導リニア」など。

かつてから「中央新幹線」の構想はあったものの、資など様々な問題があり長らく計画は進まないでいた。しかし、

等の理由により、東海道新幹線バイパスとしての路線の期建設の必要性が高まった。

そのため、JR東海2007年12月25日に中央新幹線の東京名古屋間をからの支援を受けず税金を一切投入しない全額自己負担(5兆1000億円)で建設する方針を表明。

当初東京名古屋大阪間の中間は地元自治体が負担するものとしていたが、2011年11月21日JR東海全額自己負担に方針を変更した。これにより、建設費は名古屋まで5兆4000億円、大阪まで9兆300億円となった。

現在財政投融資活用独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構を通じてJR東海に最大で3兆円程度を融資することを政府が検討している。これが成立すれば最大8年程、全体の工期を前倒しできる。

首都圏中京圏近畿圏は深さ40mの大深度地下を通し、首都圏の乗り入れ先を品川駅中京圏の乗り入れ先を名古屋駅する構想を発表し、JR東海JR東日本東京都に対して東京ターミナル駅羽田空港への接続が良い品川駅とする方針を伝えている(理由としては東京駅には在来線地下ホームなどで余裕がない為)。

一方の大阪の乗り入れ先に関して、JR東海東海道・山陽新幹線との接続、特に岡山広島方面からの乗客を考慮して新大阪駅に設ける方針を示しており、JR西日本山陽新幹線との乗り換えの利便性確保をめている。なお、新大阪駅には国鉄時代に既にリニア用(=以前の第2東海道新幹線計画)のスペースが確保されているとも言われている。

2010年10月26日には営業線仕様の「L0系」を発表。2013年度以降に最長12両編成で各種試験を行う予定となっている。

その他の計画・構想は(非公式含む)

など。


ルート問題


リニア中央新幹線の建設ルートは、1990年代に、

の3案が提示され、「リニア中央エクスプレス建設促進期成同盟会」はBルートでの建設を支持。地質的に複雑な構造の赤石山脈を貫通するトンネル建設は難しいとされ、建設されるならばBルートが有とされていた。

しかし2008年10月21日、J距離が短く経済理性が高いとされる「赤石山脈を貫く直線ルートでの建設は可」とする地形・地質調結果が出たため、それに基づき、JR東海はCルートでの建設をす方針を固めた。これにより一気にCルートでの建設が有となった。

これを受け、Cルートでは沿線を路線が通らないことになる長野県伊那市諏訪市が、説明を受けなかったとして強硬に反対。ただ、長野県飯田市、そして下経済団体はCルート支持を表明し、県内でも意見が対立した。ああもうめんどくさい

現在は何だかんだありつつも、Cルートで決定されたため上記の動きは収束した……かに思われたが、今度はの設置場所を巡って飯田市JR東海が対立。市民の意見も全に分かれるという面倒くさい事態に発展した。(※結果は後述)

なお、路線の全貌が明らかになった2013年以降、沿線各都県自治体では公民館・自治会レベルでの会議で、計画自体への疑問が投げかけられている模様(活発なのが川崎市町田市上野静岡市井川地区など)。それら内容は、本記事の読者ご自身で検索考察していただきたい。

しかし、赤石山脈を通過することで大井量が減少する可性があるということで静岡県と流域10町が反発。JR東海が当初はを全量戻すと言っていたのに後になって全量戻すのは不可能と翻したこともあり、予定通りの2027年開業に必須であった2020年6月までに準備工事を開始することすらできていない状態である(もっとも、林道が寸断されており、仮に合意できても工事は不可能だったと思われるが)。


駅一覧


東京名古屋間の最終的な位置は2013年9月18日発表された。名は仮称と既存の名を併記する。

なお、上述された通り、山梨県駅長野県駅間で静岡県を経由するが、この間には設置されない。

接続路線 所在
仮称 既存 会社名 路線名
品川駅 東海旅客鉄道
JR東海
東海道新幹線 東京都港区
東日本旅客鉄道
JR東日本
山手線
京浜東北線
東海道本線
横須賀線
京浜急行電鉄 本線
神奈川県駅 橋本駅 東日本旅客鉄道
JR東日本
横浜線 神奈川県相模原市緑区
相模線
京王電鉄 相模原線
山梨県駅 (新 接続路線なし
(同甲府駅BRTで接続する計画あり
LRTも可性の範囲として計画内にある))
山梨県甲府市
長野県駅 (新 接続路線なし
飯田線への設置検討中)
長野県飯田市
岐阜県駅 美乃坂本駅 東海旅客鉄道
JR東海
中央本線
中央西線
岐阜県中津川市
名古屋駅 東海旅客鉄道
JR東海
東海道新幹線 愛知県名古屋市中村
東海道本線
中央本線
関西本線
名古屋臨海高速鉄道 あおなみ線
名古屋市交通局
名古屋市営地下鉄
東山線
桜通線
名古屋鉄道 名古屋本線
近畿日本鉄道 名古屋線

駅の位置(東京都~愛知県)



次へ»
最終更新日: 20/08/03 21:45
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ