ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


リビングデッドの呼び声


ヨミ: リビングデッドノヨビゴエ
掲示板をミル!
35カキコ!

リビングデッドの呼び声とは、遊戯王OCGに登場した永続カードである。


概要


カード リビングデッドの呼び声
カードの種類 永続
効果 自分の墓地からモンスター1体を選択し攻撃表示で特殊召喚する。
このカードフィールド上に存在しなくなった時そのモンスターを破壊する。
そのモンスターが破壊された時このカードを破壊する。

死者蘇生カード版と言えるカードである。ただしあちらと違い自分の墓地からしか呼べず、攻撃表示限定という制約、更にこのカードが破壊されたり手札に戻されるとモンスターも破壊されてしまう。なお早すぎた埋葬とは同じパック出身の同期であり長らく相互互換として死者蘇生き後の二番手として扱われてきた。

死者蘇生早すぎた埋葬に出来ない芸当としては、人造人間-サイコ・ショッカーをこれで復活させた場合はサイコショッカーの効果によりこのカードが場を離れようとサイコショッカーは破壊されないというコンボができる。
この使われ方は遊戯王GXでも実際に精霊化したサイコショッカー自身が披露した…が十代に阻止されている。
ちなみに、後に登場した対となったモンスターをそのターン魔法の効果から守る速攻魔法『禁じられた』でも似たようなことが可である。

また発動タイミングカードであるが故にバトルフェイズにも発動できるため、ミラフォ等でこちらのモンスターが根こそぎ全滅させられてもこのカードを発動させ更なる追撃を行うことが可
また相手が特殊召喚を行おうとした時に大天使クリスティア墓地から呼べば結果として相手の特殊召喚を潰す事が出来たりと、カード故に後出しが可。 また、サイクロンでこのカードが対に取られた時にチェーン発動しクリッターナチュルクリフ等効果による破壊や墓地に送られた時に効果発動するカードを特殊召喚すると、特殊召喚が成功してからこのカードが破壊されるため、破壊や墓地へ送られた時のカードの効果は問題なく発動できる。
ただし、逆にこちらがこのカードを発動してから相手がサイクロンでこのカード定した場合は逆に特殊召喚する前にこのカードが破壊されてしまう。

しかしカードセットしてから次のターンになるまでは発動できないというルールがあるため、伏せたターン中に相手のサイクロンや砂の大竜巻が飛んできたら抵抗で割られてしまう。かつてはこのルール視して伏せたターンに発動できるようになるカード処刑人-マキュラや王殿というカードが存在していたが、どちらも悪用されて禁止カードとなっていた。王殿現在制限カードであり、それを併用すればこのカードを直接手札から出せ、疑似的な死者蘇生として使える。
この1ターンの後先が早すぎた埋葬との決定的差であり、また王宮のお触れや先述したサイコショッカーを先出しされるとになってしまうこと(魔法を永続的に効化するカード禁止カードステータスが低くて維持しにくいかのほぼどちらか)等、色々な欠点も内包したカードであった。

シンクロ召喚エクシーズ召喚にこのカードで復活したカードを使用するとこのカードは破壊されないため駄にスペースを取って邪魔になるというデメリットもある。ただしハリケーンブリューナク等手札に戻す効果を持つカードで再利用できるということでもある。2011年9月ハリケーン禁止カードに、2012年9月にはブリューナク禁止カード入りと手軽に手札に戻せるカードが禁止にされ再利用は難しくなったため、状況によってはスクラップドラゴンダブルサイクロン等のコストにしてしまうのも手。

登場してから半年もせずに一枚制限カードになった後は長らく死者蘇生の二番手として活躍したが、2008年3月訂で何故か死者蘇生が復活してこのカードが使用禁止になった。上位互換が復活で下位互換が禁止ってKONMAIェ…

しかし直後の2008年9月早すぎた埋葬禁止カード入り、その一年後に死者蘇生再禁止でこのカードが帰ってきた。更にその一年後に死者蘇生は復帰し、更に一年後である2011年9月制限改訂ではこのカードは準制限(2枚制限)カードにまで許された。緩和の背景にはハリケーン禁止やサイクロン規制解除などもあるが、汎用カード死者蘇生と合わせて3枚まで積めるようになったメリットは大きい。

そしてついに、2012年3月制限改訂にて制限解除、つまり3枚積みが可となった。禁止カードから制限まで戻ってきたのはこれで5枚となる。とは言えカードは上記でも触れたように即効性が魔法カードに劣るというデメリットがある、またサイクロン大嵐の横行か採用率は全盛期より格段に下がっていると判断されての解除であろう。
これで本格的に下位互換の存在理由が怪しくなってきた。
リミットリバース「自分ユベル機皇なら、わざと守備表示にして破壊することで使えますから」
正統なる血統「通常モンスターなら6枚体制ですがダメですかね」
エンジェルリフト「の存在理由は…?」
甲虫装機「やった、俺達大勝利」←後に数年規制

ちなみに、相手が死者蘇生で自分の墓地からモンスター生しようとした時このカードが発動可な場合、同じモンスター定することで結果的に相手の死者蘇生駄撃ちさせることができる。
相手は死者蘇生1枚を効にされ、こちらはモンスター生成功で2枚分のアドバンテージになるので覚えておいて損はないだろう。

なお、リミットリバースエンジェルリフト、更に正統なる血統やりし魂等このカード下位互換となるカードが多数登場しており、このカード遊戯王OCGにおいての「モンスター一体を復活させる永続」の基準として存在しているカードである。とは言えこカードが制限解除までされてしまった以上、彼ら下位互換の立場は本当に危うくなった。とはいえリミットリバースに関しては破壊がメリットになることもあるため一概に下位互換ではない。

アニメではGXの時代にキャラはほぼ全てこのカードを使用し逆転につながる一手や追撃等で使用している。
またヘルカイザー化した丸藤亮が最初に発動したカードもこのカードである。その時はプロト・サイバー・ドラゴンを復活し、キメラテック・オーバー・ドラゴンへと繋げる布石としている。その後の末はキメラテック・オーバー・ドラゴンの項にて。
5D'sでは、遊星が収容所で栖と決闘した際に使用した。ただし当時の制限改訂ではまだ禁止カードであった。


原作効果


カード リビングデッド(生ける屍)の呼び
カードの種類 魔法カード
効果 自分の墓地に存在しているモンスターを可な限り特殊召喚し、以下の効果を付与する。
このモンスターは種族・アンデット族、守備は0となり、守備表示にすることができない。また墓地から特殊召喚される度に攻撃が破壊された時の値の10アップした数値となる。戦闘で破壊される場合、墓地から攻撃表示で特殊召喚する。このカードの効果で特殊召喚できなかった場合を除き、このカードの効果を受けたモンスター戦闘でのこのカードコントローラーへのダメージは0になる。
ただし元々の種族がアンデット族、または攻撃が0のモンスターはこのカードの効果で墓地から特殊召喚することはできない。

原作で初使用したのはゴースト塚で、初登場時は魔法カードだった。上記のテキスト原作効果からの推定である。
戦闘で破壊されてもその都度攻撃が10上がって即時復活、何度でもゾンビとしてるという悪夢ぶっ壊れカードである。なおこの時に復活したモンスターは後にOCGで別モンスター扱いで登場している。どれも共通で名前に○○ゾンビ、種族はアンデット族、守備が0、攻撃ゾンビ化前のモンスターと同じである。
当時の原作には永続魔法や速攻魔法等の魔法カードの区分がなく、このカードもただ魔法カードと書かれていただけだった。現在の区分で言えば永続魔法だろうか。

この時の対戦者だった城之内克也は、「右手左手を」という攻撃と守備をそのまま入れ換える魔法カードを使ってゾンビモンスターを撃破しデュエルを決着しており、その時にバンデット・キースが「攻撃0のモンスターは復活できねぇ」と解説しているので攻撃0のモンスターは復活できないということがわかる。同様にゴースト王-パンプキング-も劇中で生できないことが説明されているため元々アンデット族のモンスターは復活できないことも示されている。
ちなみに城之内が使用した「右手左手を」は元々読者が考案したアイデアを元に作成されたカードである。後にこのカードOCGに登場している。効果は原作若干異なる。


関連動画



■sm1019314[ニコ動]


関連商品


■azB000VA4KD2


関連項目



最終更新日: 17/04/16 15:27
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ