ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


リュシアン・フェーヴル


ヨミ: リュシアンフェーヴル

リュシアン・フェーヴル1878~1956)とは、フランス歴史学者でアナール学派の第1世代にあたる人物である。


概要


1878年にフランスナンシーに生まれた。そのままパリの高等師範学校入学1911年博士号を取得した。それ以降はディジョン大学に赴任した後第1次世界大戦に従軍、戦後トラスブール大学に着任し、後にともにアナール学派を立ち上げるマルク・ブロックと出会った。

マルク・ブロックが戦中に殺されたのに対し、フェーヴルは戦後まで生き残り、フェルナン・ブローデルなど第2世代の研究者たちをけん引する役を担ったのである。

ブロックべるとやや影が薄いが、戦後に出版した『歴史のための戦い』において「生きた人々」を対とする歴史学を高にし、多様な人間活動に着していくという理想を描くなど、文献史料義への批判や問題史の提唱といったアナール学派の基礎固めを行った、きわめて重要な人物なのである。


関連商品


■az4582761011
■az4873953502


関連項目



最終更新日: 17/05/26 14:36
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ