ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


リリーナ


ヨミ: リリーナ
掲示板をミル!
98カキコ!

リリーナとは、

  1. ファイアーエムブレム 封印の剣」の登場人物
  2. リリーナ・ドーリアン(リリーナ・ピースクラフト) - 「新機動戦記ガンダムW」の登場人物

本稿では1について解説する。


ファイアーエムブレム


ロイ わたしたち
ずっと いっしょよね
これからも ずっと・・・

[画像を見る]
リリーナ/Lilina
人物情報
性別
特筆種族 人間
CV
役職・立場
初期クラス 魔道士
所属 スティア
立場
関連情報
関連武器
登場作品
FEH二つ名
  • 美しき盟
  • 甘く切ない贈り物
サイファカード

概要


封印の剣ヒロインで、リキア同盟の盟スティア侯爵ヘクトル主人公であるロイとは同い年の幼馴染軍将セシリアさんく「が与えた(魔の)素質」を持ち、ゲームからもそれはうかがえる。
封印の剣には所謂専用グラフィックいが、魔道士の時はっぽかったが、賢者になるといローブをったような姿になりかなり大きくイメージチェンジする。

第1章から登場するが敵に捕らえられてしまい、実際に仲間になるのは第8章「再会」となる。屋に囚われた状態で登場し初めから味方ユニット状態だが、開始時点で丸腰のまま敵アーチャーに狙われており、放っておくと抵抗に倒されてしまう。そのため死に逃がしてやる必要がある。

気丈な性格で、訃報を聞かされても「取り乱さないよう」言いつけを守ろうとした。クリア後はに代わりオスティアを継ぐことになるが、本編中はの溺の影か世間知らずで天然に近い一面を見せる。

封印の剣キャラクター紋章の謎キャラクターに性質が似ている(似せている)とよく言われるが、彼女にも紋章の謎ヒロインであるシーダに似ている点が散見され、シーダほどではないが彼女で説得できるユニットが何人かおり、ゴンザレスガレットなど荒くれ者が多い。

続編の烈火の剣では、条件を満たすとクリア後に幼少期のロイとリリーナが少しだけ登場する。母親ヘクトル支援Aになるか(リンorフロリーナorファリナ)。小説版ではフロリーナが設定されていた。


『魔王』と呼ばれる性能


クラスは「魔道士」→「賢者」。

ユニットとしては典的な魔道士タイプで、幸運・魔防がやや高く、HP速さ・守備は魔道士としては並み程度だが、技がかなり低い。
と聞くと普通魔道士だが、リリーナ最大の特徴はその絶大な魔成長率にある。
75%と他のユニットHP成長率並みの凄まじい成長率を誇り、上位クラスである賢者は全ユニット中最大の魔上限値を持っているにもかかわらず、適当に育てても普通カンストする。

武器である理魔法が「低威だが高い命中率を持ち、非常に軽く攻撃速度が下がりにくい」ため体格や技の低さはあまり気にならず、大半のユニットが守備>魔防であるため終始な殲滅を発揮する。
特に、強敵であるドラゴンナイトマムクートは守備は高いものの魔防や速さは低いため、それらに対して非常に有効である。
速さ微妙に足りず2回攻撃が出ない時があるのが難点だが、本作最強火力と安定した命中を両立できるという点は他のユニットでは代替が効かないため、いくらかの成長吟味や「はやての羽」による補強も純戦略的な観点から十分検討に値する。

上級職の賢者になるとが使用できるようになる。初めはライブしか使えないが、その壮絶な魔ゆえにそれ1本だけでほぼすべての味方ユニットを全回復でき、回復役としても非常に頼りになる。

この異常な魔成長率は初代FEヒロインシーダオマージュだと思われるが(あっちは技と速さ異常伸びる)、技や速さは命中・回避など確率面にしか影しないため高くても有難味が薄いのに対し、魔は高ければ高いだけそのまま攻撃が上がっていくためにおぞましい火力になる


支援


支援相手はフェレ侯爵ロイマーカス、オスティア臣下であるボールスアストールウェンディバースオージェ、魔の師セシリア、説得相手のゴンザレスガレット

メインヒロインらしく支援レベルロイが最も上がりやすくなっており、他者との支援会話でもロイに関する話を聞くことができる。ロイ支援Aにしたキャラエンディングの後日談が変わるが、彼女がAの場合、ロイとの結婚によってリキア同盟が一つのとなり、やがて統一国家リキア王」へと発展していく。さらにエンディングの一部展開(ギネヴィア即位式のやり取り)が変化する優遇ぶり。

彼女すごいところは、単独EDの場合でもリキア同盟をめ上げるという偉業をやってしまう点で、その性格に似合わぬ意外なまでの実のほどが伺える。単独の場合、彼女の功績は後年「リキア王」が誕生する礎を築いた…となる。ペアエンドの時もさぞや頼りになったことだろう。


ファイアーエムブレムヒーローズ


初期から実装。通常版とバレンタイン版が実装されている。CV:小澤亜李

美しき盟主

魔法歩兵。武器はファイアー系列が割り当てられ、最終武器は原作にはない「ボルガノン」。

ステータスとしては原作同様攻撃に全振りし、魔防はやや高め、速さと守備に難ありといった性傾向としてはサナキとほぼ同一。
義「砕火」「爆火」は戦闘前に敵とその周囲にダメージを与えるというもので、リリーナの極めて高い火力で使用するとシャレにならない威となる。
補助スキルは自身の攻撃を上げる「攻撃+」と周囲の味方の攻撃を上げる「攻撃の紋章」で底した火力再現と、攻撃面ばかりが上昇する属性支援効果を再現している。

騎士マムクート、あるいは魔法同士の撃ち合いならばある程度有利に運べるものの、素ユニットに切り込まれるとかなり脆い。この辺も原作通りである。

当初からきっとフォルブレイズが使えるようになるはずとのが上がっていたが、後に本人専用武器として追加実装された。
初期の効果はターン開始時、敵軍内で最も魔防が高い敵の魔防-7(魔防の封印)」、特殊効果付与の武器錬成で「自分から攻撃した時、戦闘中の攻撃+6(の一撃)」の効果をつけることができる。ちなみに追加効果はAスキルの「の一撃」と重複できるため継承させれば生半可な敵は燼にできる。Bスキルいているため、「〇〇殺し」などで追撃を取れる相手を増やしたり「攻め立て」+印「差し違え」のコンボで反撃できる相手に対して問答用の2回攻撃で消し飛ばすというふうにしても面いかもしれない。
原作のフォルブレイズ将器で最低のかわりに最軽量なのが売りなのだが、将器の性というよりは「封印の剣は敵味方とも魔防が低め」というほうを再現原作同様何でも燃やせるようにしたようだ。

甘く切ない贈り物

ヘクトルロイエリウッド親子、リンディスと共に実装。兵種は魔法騎兵

相変わらずのように高い攻撃を発揮する上、騎兵のため高い機動を発揮する。ステータスは通常版の速さと魔防を入れ替えたような

武器は魔法など射程2の敵ユニットバフ戦闘中効化する「プレゼント」、義は「砕火」と同一範囲だが当たるダメージが増幅している「烈火」、スキルには自身のHPと攻撃を強化する「HP攻撃+」、ターン開始時周囲2マス以内の味方(同移動タイプ2人未満の種類に限る)の攻撃を増幅する「攻撃の揮」。

兵であるため「騎の鼓舞」などでの大幅強化がしやすく、魔法騎兵ユニットとなるとスリーズセシリアと競合相手が少ないため活躍の余地は大きい。


二次創作


本編台詞だけから純に判断すれば、主人公にべた惚れしている幼馴染キャラであり、シーダより多少気さくで元気な感じかな?というぐらいの難な性格である。
しかし、周囲にアーマーナイトや山賊のようなごっつい男どもが集まってくることや、何より本人の性があまりにもパワフルすぎるため、それらの台詞が「万物を一消し炭にする破壊を持つ戦略兵器が喋っている」ことになってしまいか弱いイメージイマイチ湧かないという、所謂『怪力ヒロイン』に近いネタキャラという側面がある。
プレイヤーから畏敬を込めて「魔砲少女」とか「魔王」とか「今のはフォルブレイズではない。ファイアーだ」等好き勝手に言われまくっており、二次創作等では味方(ロイ)からも怖がられたり、ヘクトルのような快な性格や肝の据わった性格にされてしまうことが度々ある。


AA


     _........._
   ∠-、r‐、._`ヽ
 _/ /i |  ヽ\ ト、
 { /i ハ l ト_L、_ヽ !| i
 < !ィテiヽヘフトトィ} l
  `}l ー'、__`゙゛l├′ヽ、
   ノ ト、`ー' ,イ ト、_
  イ レ‐ミ!´_ノ / /'-、
/| { ´ヨ7| |´!

          I仁II
         ζ人:;
        丿;イ゚ワ゚)ソ
        ノ:;:;ソ{大}つ
       ヾ:;丿ソtゞ
          UU


関連静画


■im1909239(静画)
■im1009830(静画)
■im3709913(静画)


関連商品


 ■azB000060O7D
■az4087820769
■azB01EHR29GY
■azB01HFYZIMS


関連項目



最終更新日: 18/10/29 16:47
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ