ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


リンクリボー


ヨミ: リンクリボー
掲示板をミル!
4カキコ!

リンクリボーとは、アニメ遊☆戯☆王VRAINS及び、遊戯王OCGに登場するカードである。

CV金田アキ


クリクリンクー!(概要)


遊戯王OCGでは、2017年9月号の最強ジャンプの付属カードとして初登場。
テキスト遊戯王カードWiki[外部]より引用

リンクリボー/Linkuriboh
リンク・効果モンスター
リンク1/闇属性/サイバース族/攻 300
リンクマーカー:下】
レベルモンスター1体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手モンスターの攻撃宣言時、このカードリリースして発動できる。
その相手モンスターの攻撃ターン終了時まで0になる。
(2):このカード墓地に存在する場合、自分フィールドレベルモンスター1体をリリースして発動できる。
このカード墓地から特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

LV1モンスターならトークンだろうが何だろうが素材に出来る汎用性を誇る。リンク召喚を行う上で素材えるのに《スケープ・ゴート》等のトークンを量産できるカードは便利だが、それ故に素材定に「トークン以外」、「効果モンスター」、「名前が異なるモンスター」等を条件に定するカードがあるため、トークン4体ではまとめて素材に出来ない場合がある。そういう場合にLINK-1やLINK-2のリンクモンスタートークン以外の効果モンスター等に置換することにより素材縛りクリアするテクニックがあり、MTGで言うところのマナフィルター[1]の様な動きが可。そういう使い方をされるリンクモンスター補はいくつか存在するが、その中でもこのカード素材の条件は非常に緩い部類に入り、特に厄介デメリットい。しかも(2)の効果を使えば、墓地に落ちてなお同じことが可となる。そうでなくてもLV1モンスターというのは、効果発動やコンボの為にさっさと墓地に送りたいものが多い。そしてLV1モンスターの事となれば、ほぼ必ず話題に上がるとの相性も良い。

(1)の効果は事実上、相手の攻撃を1度だけ中断させられる効果である。相手モンスターの攻撃を0にしても、このカード自身がリリースされてフィールドを離れるので「バトルステップの巻き戻し」というのが発生し、効果処理後に相手は攻撃モンスターの対を選択し直して攻撃続行か攻撃中断を選択できるためである。とはいえ攻撃0なので、特に理由がい限りはそのまま攻撃してはこないだろう。この効果の存在から、(2)の効果との組み合わせ含めて弱小モンスター放置による駄死に+大ダメージという状況にはなりづらい。

(2)の効果は自分フィールドのLV1モンスター墓地のこのカードと入れ替えるに等しい。上にも書いたように(1)の効果のおかげで牽制に使え、リンク召喚素材の条件を再度調整することもできる。黄泉ガエルサクリファイスロータス生効果と組み合わせると実質ノーコスト生に繋げられる。後者に至ってはスタンバイフェイズ毎にコントローラーに発生するダメージも回避可。ただし、相手モンスターの攻撃宣言時に(2)の効果で生しても、そのモンスターの攻撃宣言自体は終わってしまうので、(1)の効果をそのモンスターに使うことはできない。そういう使い方で出すならバトルフェイズのスタートステップ(開始宣言時)等になる。アニメで言うなら「バトル」と相手が高らかに宣言した時である(言わない時の方が多い?知ら管)。

名前通り、リンクモンスターの「クリボー」。尻尾の先がリンクマーカーになっている。現状EXデッキに入る「クリボーモンスターである。

登場当初はLINK-1として高い汎用性の割に、刊誌付属カードであったのと最強ジャンプ自体の発行部数の少なさで、雑誌が出回らなくなると途端に高騰してしまった。現在は「STARTER DECK(2018)」に再録されたので入手は難しくない。


クリンクリンクー(メディアミックスにおける活躍)


OCGで登場してからも、アニメでは長らく登場しなかった。現在シリーズ主人公にちなんだクリボーが存在するが、アニメ作品で主人公が必ずクリボー系を使うというわけでもなかったので(その場合は漫画版に登場させることで帳を合わせていた)、もしかしたらクリボー系自体登場しないのではと思われていた。

クリボールをセットした!それをデコイにしろ!」

が、第16話「潜入SOL要塞」にて、SOLテクノロジーがひた隠しにしているロスト事件の秘密を探るために、SOLマザーコンピューターPlaymakerが潜入した際、侵入してきたデータを破壊するセキュリティトラップに対して、草薙翔一が用意してくれたデコイプログラムクリボー[2]」を撃ち込んで相殺していた。

それ以来クリボー系も一切出なかったが、第43話「イグニスの誕生」で、リボルバーイグニス誕生の経緯についてっていた際に初登場。鴻上博士によって完成したイグニス達はネットワークの中に独自の間「サイバース世界」を作り出し、その中でサイバース族モンスターを誕生させていったとられ、次々誕生するサイバース族の一体として登場した。

クリクリクー

その後もAi回想などに登場していたが、2年の新展開を迎えた第47話「帰ってきたPlaymaker」にて、遂に本人が登場した(第47話からの新OPにも登場している)。ハノイの騎士が壊滅した事で人質としての役割から解放されたAiが、久しぶりにサイバース世界へ帰郷したところ、荒し瓦礫の山と化したサイバース世界に独り隠れているのを見つけた。

クリクリンクじゃぁ・・・わかんねぇよ~!」

サイバース世界でのAi友達だったらしく、上記の回想シーンではAiを頭に乗せて彼と共に遊び暮らしていた。しかし、そんな仲だったにもかかわらずAiにはリンクリボーの言葉が理解できるわけではないようで、サイバース世界に何が起こったのか聞いてもさっぱりだった。

その後、Aiに連れ出されサイバース世界を後にし、草薙仁の意識データを奪っていったの人物(ボーマン)を追っていたPlaymakerに合流。Aiが持ち帰った新しいサイバース族カードと共にPlaymakerの手持ちに加わり、直後に行ったボーマンとのスピードデュエルドットスケーパー》素材リンク召喚された。

以降、OCG同様守りに素材にと有用なので、素材にも効果のコストにも出来て自身の効果による生も可ドットスケーパー》などと一緒によく使われるようになる(ドットスケーパー》の運命は決まった)。(1)の効果は相手モンスターの攻撃を一旦受け止めつつ、そのモンスターの攻撃を0にした後フィールドから退場する形の演出となっている。

遊作のロボッピには子分みたいなもんだとAiに紹介され、遊城十代(の舎の座)を巡って争う丸藤翔ティラノ剣山の様に、お互い火を散らしていた(あちらと違ってだいぶ微笑ましい)。

イグニスウィンディが作ったハリボテサイバース世界にも生息していたが、作りが雑なのかつきが悪く、が低かった。この個体はその世界の崩壊と共に消滅したと思われる。


関連動画



■sm33624112[ニコ動]

■sm31660359[ニコ動]


関連商品


■azB074QKZ5GV
■azB0785P5BYZ


関連項目



脚注



最終更新日: 19/01/19 21:45
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ