ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


リンク召喚


ヨミ: リンクショウカン
掲示板をミル!
364カキコ!

リンク召喚とは、遊戯王OCGの召喚法である。


概要


2017年3月25日の新マスタールール施行に伴って登場した、ペンデュラム召喚に次ぐ新たな召喚法。定されたモンスターリンク素材として、エクストラデッキからリンクモンスターを出すという点はシンクロ召喚エクシーズ召喚といったこれまでの召喚法に類似するが、エクストラモンスターゾーンの新設、リンクマーカーの概念など、単なる追加にとどまらない大規模なルール変更が行われている。

5D's以来恒例の、アニメシリーズに合わせた新召喚法であり、2017年5月より放送のアニメ遊☆戯☆王ヴレインズ」にもこの召喚法が登場している。


リンク召喚してみる


難しいルールは後回しにして、とりあえずリンク召喚してみる。


リンクモンスターを見てみる


リンクモンスターの例として、「デコード・トーカー」を見てみよう(リンク先は公式データベース)[外部]

リンク召喚する際に参照するのは、テキスト欄の右下普通は守備が書いてあるところ)にある"LINK-○"と、カードテキストの一番上(実物では【サイバース族リンク/効果】の下の行)にある素材の条件を記した記述。

"LINK-○"とは、「○体のモンスターリンク素材にしなさい」という意味である。「デコード・トーカー」の場合、"LINK-3"と書いてあるので、3体のモンスター素材にする必要がある。

カードテキストの一番上にある素材の記述は、リンク素材にするモンスター定である。「デコード・トーカー」の場合、"効果モンスター2体以上"とあるので、効果モンスター2体以上を使ってリンク召喚しなければならない。通常モンスターは使えないということだ。

まとめると、「効果モンスター3体をリンク素材としてリンク召喚できる」ということになる。
実はほかの出し方もあるのだが、それは順を追って説明する。


リンク召喚!


必要な素材がわかったので、「デコード・トーカー」のリンク召喚をやってみる。

まず、リンクモンスター融合シンクロエクシーズモンスターと同様、デュエル開始時点ではエクストラデッキに投入する。

デュエルが始まったら、頑ってフィールドに3体の効果モンスターえよう。ここでは「クリボー」(効果モンスター)を3体出したということにしておく。これでリンク召喚の準備は了だ。

自分ターンメインフェイズに、リンク召喚することを相手に宣言し、「クリボー」3体を墓地へ送る。これが"リンク素材にする"ということである。そして、エクストラデッキから「デコード・トーカー」を取り出してフィールドエクストラモンスターゾーンに置く。これでリンク召喚成功である。

エクストラモンスターゾーンって何だよと思われる方が多いだろうが、とりあえずフィールドにそういう場所があるのだと思っておけばよい。詳しい説明は後ほど。


素材の記述が2つある意味とは(LINK-○の意味)


先ほどは、「LINK-○とは○体のモンスターリンク素材にしなさい」という意味であると書いてしまったが、すると気になることがある。「効果モンスター2体以上」の"以上"とは何なのか。実は、リンク素材LINK-○の数より少なくする方法もあるのである。

リンクモンスターの特徴として、別のリンクモンスターリンク素材にする場合、LINK-○の数分の素材にすることもできるというものがある。

これだけでは分かりにくいので、実例を出してみる。まず、「デコード・トーカー」とは別のリンクモンスターである「ハニーボット」を見てみよう(リンク先は公式データベース)[外部]。"LINK-2"、"サイバース族モンスター2体"と書いてある。先ほどの例と同じように考えれば、フィールドサイバース族モンスター2体をえ、それを墓地へ送る(リンク素材にする)ことでリンク召喚するわけである。

さて、「ハニーボット」を出したところで、さらに「デコード・トーカー」をリンク召喚したいとする。この場合、先ほどのように「クリボー」を3体えて出す手もあるのだが(本当は問題があるけど、それは後で考える)、「クリボー」1体に「ハニーボット」1体で出す方法もあるのである。

つまり、「デコード・トーカー」の"LINK-3"を満たすために、「クリボー」1体に「ハニーボット」1体だとあと1体分足りないが、"LINK-2"の「ハニーボット」を2体分とすることで合計3体分となるわけである。「ハニーボット」も効果モンスターなので、"効果モンスター2体以上"という条件もクリアしている。

こうなると、"LINK-3"の「デコード・トーカー」1体をリンク素材に別の「デコード・トーカー」をリンク召喚できるのかということが気になるが、これはできない。もう一つの素材定である"効果モンスター2体以上"が満たせないからである。LINK-○の数分の素材にできるというのは、新たに出したいリンクモンスターLINK-を満たすために使えるだけで、カードテキストの一番上に書いてある素材定には適用できない。リンクモンスターであろうがなかろうが、1体は1体である。

それならばと、"LINK-3"の「デコード・トーカー」1体に「クリボー」1体をリンク素材として、"効果モンスター2体以上"の条件を満たせばいいのかというと、そうでもない。これではLINKの数が4になってしまう。LINK-○の数はぴったり合わせなければいけない。

では、「デコード・トーカー」をリンク素材にして別の「デコード・トーカー」をリンク召喚する方法はないのか。実は、リンクモンスターリンク素材にする際、LINK-○の数を視してただの1体分としてしまうこともできる。そのため、「デコード・トーカー」1体と「クリボー」2体をリンク素材として別の「デコード・トーカー」をリンク召喚することは可なのである。


ここまでのまとめ



例題


自分フィールドに"LINK-2"の「ハニーボット」が2体、リンクモンスターではない「クリボー」が3体いる(どちらも効果モンスター)。この状況で"LINK-3"、"効果モンスター2体以上"の素材定を持つ「デコード・トーカー」をリンク召喚したい場合、どのような素材の組み合わせが考えられるだろうか。
リンクマーカーはまだ考えなくてよい)

答え

  1. クリボー」3体
    最も基本的なリンク召喚法。2つの条件を満たしている。
  2. ハニーボット」1体と「クリボー」1体
    "LINK-2"の「ハニーボット」を2体分とすることで"LINK-3"の条件を満たし、"効果モンスター2体以上"の条件も満たしている。
  3. ハニーボット」2体と「クリボー」1体
    2体の「ハニーボット」の"LINK-2"の数を視すれば、これでも条件を満たせる。問題の条件にはないが、「ハニーボット」3体で出すことも可
  4. ハニーボット」1体と「クリボー」2体
    3と同じく、"LINK-2"の数を視すればこれでもよい。
  5. ハニーボット」2体
    1体の「ハニーボット」は"LINK-2"で2体分として扱い、もう1体の「ハニーボット」は"LINK-2"を視するとこんな組み合わせもできる。

以上がリンク召喚の概要である。しかし、リンクモンスターにはまだ特別な要素があり、以降はその説明をしていく。


エクストラモンスターゾーンとは


リンクモンスターを説明する前に、先ほど後回しにしてしまったエクストラモンスターゾーンEXモンスターゾーン)について取り上げる。リンクモンスターと同時に導入された概念であり、深い関係がある。


新マスタールールにおけるデュエルフィールド


まず、今(新マスタールール)のデュエルフィールドは以下のようになっている。

デッキ 魔法
(兼ペンデュラム
魔法 魔法 魔法 魔法
(兼ペンデュラム
EXデッキ
墓地 メイン メイン メイン メイン メイン フィールド
EX EX
フィールド メイン メイン メイン メイン メイン 墓地
EXデッキ 魔法
(兼ペンデュラム
魔法 魔法 魔法 魔法
(兼ペンデュラム
デッキ

※名前が長いので上では省略したが、メインとは「メインモンスターゾーン」のこと、EXとは「エクストラモンスターゾーン」のことである。

背景い下側2行を自分フィールドとして、背景灰色の上側2行は相手フィールドである。この場所はそれぞれ自分・相手が扱うカードを置く場所である。

エクストラモンスターゾーンはそれらと違い、カードが置かれる前はどちらが使うかを決められていない。モンスターを置くことで初めて置いたプレイヤーフィールドとして扱われる。

背景くしてあるのはどちらも使用しない場所である。


メインモンスターゾーンとエクストラモンスターゾーン


そしてここで注するのがメインモンスターゾーンエクストラモンスターゾーンである。

大雑把に言えば、エクストラモンスターゾーンエクストラデッキから出すモンスターを置くための場所、メインモンスターゾーンはそれ以外の場所から出すモンスターを置くための場所である。

エクストラデッキに入るモンスター融合モンスターシンクロモンスターエクシーズモンスターリンクモンスター、そしてペンデュラムモンスターである(ペンデュラムモンスターはちょっと特殊)。


どこにモンスターを置けばよいか


実際のカードを例に出して考えてみる(リンクマーカーはまだ考えない)。

手札にある「ビットロン」(レベル2の通常モンスター)を召喚したい。この場合、フィールドゾーン墓地の間に挟まれた5か所のメインモンスターゾーンのいずれかに置かなければならない。エクストラモンスターゾーンに置いてはいけない。

墓地にある「ビットロン」を通常魔法カード死者蘇生」を使って特殊召喚したい。この場合も置く場所はメインモンスターゾーンである。除外されていたり、デッキにあったりする「ビットロン」を特殊召喚する場合もやはりメインモンスターゾーンに置かなければならない。

カオス・ソルジャー」を手札から儀式召喚したい場合も置くのはメインモンスターゾーンであり、「デーモンの召喚」をアドバンス召喚したい場合も置くのはメインモンスターゾーンである。


次へ»
最終更新日: 17/06/08 00:42
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ