ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


リング☆ドリーム


ヨミ: リングドリーム
掲示板をミル!
58カキコ!

『リング☆ドリーム』とは、女子プロレスを題材にしたアナログおよびデジタルゲームシリーズである。略称は『リンドリ』。


概要


原作者はでいしろう泥士朗)。初出は1993年に「コンプRPG」Vol.7の付録として収録されたカードゲーム

翌年に汎用TRPGシステムガープス日本語版のサプリメントの1つとして『女子プロレス最強伝説 ガープス・リング★ドリーム』が発売された。これは『GURPS Martial Arts』等を参考にしつつもプロレスらしいメリハリのあるスピーディな展開を可とすべく大胆にアレンジされており、当時の女子プロレスブームも相まってかなりの人気となった。

なおメインイラストレーター安西真(現: 西安)は、泥士朗とは共にウルフチームを離脱しすたじお実験室を立ち上げた同僚であり、ピンのプロ絵師としてはこれが初仕事であった旨を「えろまんがけんきゅう(仮)」のインタヴューで発言している。また、同じく同僚の森山大輔プロレス技の解説イラストを担当している。

それから10年以上の時を経た2007年携帯アプリゲームレッスルエンジェルス』にて、ソニックキャットらリンドリのキャラメイン使用も可キャラとしてまさかの登場。これが好評を博した。

そして2012年ニコニコアプリでも遊べるブラウザゲームリング☆ドリーム 女子プロレス大戦』として復活を果たしている。


カードゲーム「女子プロレス列伝リングドリーム」


概要にある1993年の「コンプRPG」Vol.7に付録として登場した最古のリングドリーム。対人数は2~4人。プレイヤーが場に出したレスラーカードの各値と、山から引いた「技カード」に、サイコロの数値を足して勝負し、5ダメージを受けたレスラーカードは退場。レスラーカードくなったプレイヤー敗北。というルールだった。

キャラの音速ヒロインソニックキャットやいちおう主人公の火の玉田中えり子のほか、炎の絶対王者神崎子、静かなるドラゴン日高レディゾンビー・ブラッディ井上、えり子の親友にしてライバル友野なるみ、といったのちのGURPS版に登場するキャラクターは、すでにこの時誕生している。もっとも初期ということもあって、キャラクターの設定性格がのちのバージョンと異なり、特にソニッククールキャラクターだった。

リプレイでは脱衣ハプニングカードが二度も出現し、えり子とソニックが胸丸出しで戦うという嬉しい状況に陥っていた。これが好評であったことと、GURPSの万性を示したいという編集側の意図もあって、リングドリームはGURPSサプリメントとして製作されることになる。


GURPSリング☆ドリーム


カードゲームの好評を受け、泥士朗とすたじお実験室が製作した汎用TRPGシステムGURPS」のサプリメント。当時勢いのあった女子プロレスRPGとして再現するため、部位ダメージや加減抜き攻撃など、通常のRPGとは違う多くのシステムが導入されていた。

プレイにもっともを与えるのが「観客ポイント」と呼ばれるシステムで、これは試合に参加しないプレイヤーが観客役になり、試合内容に応じて判定ロールに有利な修正を与えるポイント援代わりにPCへ与えるというものである。これによってプロレスらしいプロレスをする者には多くのポイントが与えられ有利となり、器攻撃や味方乱入といった反則をする者にはポイントが与えられず不利になる、というバランスを取っていた。とはいえこういった反則もプロレスの一部であるため、よほどのことがい限り制限するものではない。

また一般のTRPGは「事件の発生~捜探索~敵との戦いに勝利してクリア」という流れだが、プロレスRPGということから捜探索もなく、日常的なやりとりと試合がメインプレイスタイルとなる。試合に勝利することはもちろん大切だが「それよりもいかにいいプロレスをしたか」が重要視されるという、ある意味上級者向けRPGであった。

コンプRPG1994年10号から始まったリプレイは、特に上位キャラを扱った第二部が好評で、メイン作品である「ルナルサーガ」「妖魔夜行」に追随する人気を博した


GURPS時代の主なキャラクター


リングネームの前の記号が「」になっているものはカードゲーム時代に作られたキャラクター、「■」になっているものはTRPG化後に作られたキャラクターである。

正規軍

“音速ヒロインソニックキャット(正規軍:ソニックファミリー
 リプレイ舞台となる新日本女子プロレスの看レスラー。本名は結城みか。アニメ漫画特撮の大ファン入門当初、見たかわいいが小柄で実もなかったことからキャラクターレスラーとして売り出されたが、どんな相手にも全で立ち向かい、何度倒れても立ち上がる不屈の姿は多くのファンを獲得し。やがて実もともなって上位に名を連ねる存在となった。
 カードゲーム時代はクールな性格だったが、リプレイ第一部が始まるまでに「好奇心マンボウゆとりを併せ持つ性格」へと変更され、「うきゃ」「うきゅ」という鳴きもこの時追加された。「来るものは拒まず、去る者は追う」義であり、下に優しいことから新女内最大閥を誇るが、不動の女王神崎子を心から尊敬しているので二心を持ったりしない。リプレイ第二部ではPCとしてリング内外で活躍したが、日高菊池山口神崎のベルト奪取に動いた際も覇権争いに参加せず、「明るく楽しい音速ヒロイン」を貫いた。
 モデル獣神サンダーライガーレッスルエンジェルスシリーズゲスト出演するなど「リング☆ドリーム」でもっとも成功したキャラクターである。

サバンナディアナ・ライアル(正規軍:ソニックファミリー
 ブラジル出身の褐色少女アニメふしぎの海のナディア」をモデルとしているが、性格は180度違い、両親を亡くしたことから8人のを養うため12歳プロレス界に入ったという健気な少女ブラジル遠征に来ていたソニックがひどい仕打ちを受けている彼女を見かねて事務所に交渉し、彼女を新女へ迎え入れた。
 こういったいきさつからソニックに対する憧れは絶対的なものであり、ソニックファミリーナンバー2にして、ソニック二のタッグパートナーである。おかげでソニック同様にレッスルエンジェルスへのゲスト出演を果たした。山村なみきなどの同期ながら実は一歩抜きんでており、中堅どころに食い込んでいる。

“火の玉田中えり子(正規軍:ソニックファミリー
 GURPSリング☆ドリームの主人公プレイヤーガイド)。本名は田中恵理子。幼い頃から女王神崎子に憧れ、彼女を倒すために新日本女子プロレスの門をいた。ソニック同様の小柄なキャラクターだが、間湯沸かし器に例えられるほどの熱血であり、その向こう見ずな行動がよく墓につながる。
 主人公らしく成長の余地があるやや庸なキャラだが、がむしゃらプロレスは時に大きな爆発を生み、リプレイ第一部ではNPCでありながらイベントヤングドラゴン杯」でこずえを破って優勝。さらにその後の防衛線でもこずえを破ってタイトルを保持した。この防衛戦は終了後にGMプレイヤー全員がぶっ倒れてしまうほどの熱戦となり、コンプRPGで別個にページを設けられて取り上げられるなど、GURPSリプレイ名勝負であった。
 カードゲーム時代からソニックの門下。ちかの入団後、えり子自身もデビュー3年の若手にも関わらずちかを付き人として付けられ、リプレイ第二部終盤には天気先輩と右も左も分からない後輩に挟まれ苦労していた。
 モデル大谷二郎の新人時代。

ちか(正規軍:ソニックファミリー
 えり子の2年後輩にして付き人。えり子と共にルールブックで解説役(プレイヤーガイド)を務める。に連れられてプロレス観戦した際、ソニック場外乱闘に巻き込まれ、試合後にお詫びとしてアイスクリームを大量に奢ってもらったことでプロレスラーしたという妙な経歴の持ち中学で長距離走の県記録を出しており持久はあるが、それ以外はからきしであり、同期入門の中ではっ先に脱落するだろうと思われていたところを覆してデビューにこぎ着けた。尊敬するソニックに匹敵する大ボケ・大飯喰らいであり、えり子を悩ませた。読者から「ダブルスピン・ムーンサルトレス」というオリジナル技を贈られている。

“炎の女神崎子(正規軍 → 正規軍:ナウ・リーダーズ
 堅実なサブミッションと鋭い蹴りを使いこなす新日本女子プロレスの絶対的女王。数年間シングル敗という、所属レスラーすべてが憧れ、標とするカリスマベビーフェイスいわゆる正規軍のトップでもある。
 リプレイ第二部終盤では、彼女ブラッディ井上が率いる旧勢から日高菊池の新反逆軍がいかにしてベルトを奪うかという話が焦点になる。最終回ではアントラ山口スパイダー菊池日高と一日でタイトルマッチ三連戦という謀を行うが、それでもゆるがない強さを見せつける。
 欠点のなさそうな人物に見えて、酒乱の気がある宴会の危険人物。
 モデル全盛期を過ぎた頃のアントニオ猪木

“静かなるドラゴン日高(正規軍:日高 → 新・反逆軍)
 ベビーフェイスナンバー2。本名は日高陽子。麗なスープレックスを持ち味とする実レスラーだが、軽い冗談でも鉄拳が飛んでくるという怖い性格。「静かなるドラゴン」というキャッチフレーズに反してお祭り好きであり、千葉出身でありながら祭っぽいという理由でインチ関西弁を喋る。
 リプレイ第二部の主人公格で、当初は因縁浅からぬスパイダー菊池率いる反逆軍との抗争に明け暮れていたが、キャンペーン焦点が打倒神崎に移る際、シングル戦において全でぶつかりあったことをきっかけに和解。新反逆軍を結成して神崎に挑み、最終回ではブラッディ井上のハッパに応えた法攻撃で神崎から理やりベルトを奪い取った。
 門下生にはプリティ西田こずえとなぜかアイドル系がついている。
 モデルは「BI(馬場猪木)に対する次世代リーダー」という意味でジャンボ鶴田藤波辰爾長州力天龍源一郎)。

爆弾アイドルリティ西田(正規軍:日高 → 新・反逆軍)
 日高の一番子。本名は西田幸恵。入門テストは不合格だったにも関わらず、アイドル顔を買われてスポンサー推薦で特別合格したため、新人時代は陰惨ないじめに遭っていた。連日のように暴行されていたところを日高に救われて以来、命知らずと言われながらも日高子入りし、いじめにも勝るしごきに耐えて実者の仲間入りした。日高に心酔しているため、命には条件で従い、日高の悪口を聞くと自分のこと以上に激怒する。


次へ»
最終更新日: 20/05/24 10:50
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ