ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


リンダ(聖戦の系譜)


ヨミ: リンダドコカデキイタナダナ
掲示板をミル!
3カキコ!

リンダ(聖戦の系譜)とは、ゲームファイアーエムブレム 聖戦の系譜』に登場するキャラクターである。


概要


聖戦の系譜』第2部第7章で初登場。当初は敵として登場するが、のアミッドの説得に応じて仲間になる。


キャラクターとして


リンダ戦士トードの末裔で北トラキア半島を征して王を築いたフリージの血族であり、北トラキアブルームの姪にあたる。

母親エスニャは一時期フリージを出奔しており、リンダはその時期に生まれている。その後にエスニャはリンダともどもフリージに連れ戻されたが、リンダ登場時にはすでに亡くなっている。の死後、リンダ叔父にあたるブルームに育てられた。ブルームの妻のヒルダからはよくいじめられていたが、ブルーム及びブルームの子供リンダ従兄弟にあたるイシュトー、イシュタル兄妹からはかわいがられていた。アミッドはエスニャがシレジアに残してきた生き別れの

フリージは第2部を通してプレイヤーの解放軍と戦う敵勢になっており、リンダは親戚のほとんどと敵対する運命を背負わされた悲劇の少女である。


代替キャラとしての宿命


戦』では第1部でキャラクター同士をカップリングするとその子供が第2部に登場するという恋愛要素がある。しかし、リンダカップリングに失敗するかあるいは母親キャラが死んだ時のみに登場する代替ユニットの一人であり、いわば『戦』の王道から離れたキャラクターの一人である。

第1部のキャラクターリンダ叔母にあたるティルテュのカップリングが成功した時には、リンダの代わりに従姉妹にあたるティニーが登場し、リンダは存在しないものとして扱われる。

ティニーの代替キャラであるためどうしてもティニーと較されてしまうのはしょうがないだろう。

とはいえ、リンダ、およびそのアミッドは戦士の血をひかな民がほとんどを占める代替ユニットの中において一例外的に戦士の血を引いている。そのため武器レベルの上昇などの恩恵を受けているうえにスキルにも優秀なものがそろっているので他の代替ユニットべたら恵まれているといえる。


ユニットとして


クラスサンダーマージ→マージファイター。使用武器はA→炎BBACC。スキルは「エリート」「怒り」、クラスチェンジ後には「連続」も加わる。

「怒り」持ちなためうまく運用できれば必殺の一撃を連発できるのはティニーと同様。クラスサンダーマージ+戦士トードの血(弱)による武器レベル補正により、下級クラスの時点でも強魔法トローン」を使えるのは魅的。この点とスキルエリート」持ちな部分はティニーよりも勝っている。「トローン」はリンダ加入の章で従兄のイシュトーからドロップする。従兄の形見として大事に使わせてもらおう。「追撃」を持たないのが残念なところ。

クラスチェンジ後はも使えるようになるので、後半うじゃうじゃ登場し、魔法に有利な闇魔法を使ってくるダークマージ対策としてサブウェポンは常備させたい。


名前かぶりについて


ファイアーエムブレムシリーズにおいて、リンダという名前を持つキャラクターはもう一人存在する。→リンダ(暗黒竜と光の剣)

同一シリーズが長く続けば名前が被ってしまうこともあるだろうが、『聖戦の系譜』はリメイク含めてシリーズ第4作とまだまだシリーズとして若かった作品であることを考えると、この名前かぶりは意図して行われたのかもしれない。

実際、ゲーム中のとある隠しイベントにおいて『暗黒竜と光の剣』のキャラクターゲスト的に登場するのだが、そこで「どこかできいた名だな」と第1作を知るプレイヤーがにやりとする会話が行われている。


関連動画



■sm4317878[ニコ動]


関連商品


■azB000065V6S


関連コミュニティ


■co525


関連項目



最終更新日: 17/04/15 22:38
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ