ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


リンチ


ヨミ: リンチ
掲示板をミル!
701カキコ!

リンチとは、以下のことを表す。


概要


私刑(リンチ)とは、「法律に則らず、制裁を加えること」をす。

リンチのは、チャールズ・リンチというアメリカ独立戦争時のアメリカ人が由来だとされている。彼はアメリカ独立戦争時にパトリオット(アメリカ独立を支持する閥)として王党派(イギリスを支持する閥)とされた人物を違法裁判で打ち、財産差し押さえ、忠の強制、徴兵だので処罰していたとされる。また、別説としてはウィリアム・リンチという別のアメリカ人判事が由来とする説もある。

中世以前においては私刑が認められていた事もあったが、現代においては「刑罰は法律に基づいて執行する」事が大原則となっており、法治国家である現代日本においてももちろん禁止である。(日本国憲法31条でしっかり明記されている)

私刑が可な場合、極端な事を言えば、「何かムカついたから」と難癖をつけて他人を攻撃することが合法になってしまう。
法律に基づいて執行すればよいのでは?と思うかもしれないが(そもそも私刑が違法行為である、という前提はさておいたとしても) 膨大な法律読み込んで適切な刑罰を下すのは法律の専門でも難しく、法律をかじった素人には絶対ムリである。

また、個人による私刑にはろくな捜・調もないため、誤解や勘違い、デマなどが原因による冤罪が非常に発生しやすい。また、悪人を見つけた時の一般人ヒートアップしやすい傾向にあり、過剰な厳罰化にも行き着く。(そして私刑は大抵、集団で囲んで棒で殴って殺すまでやる)

以上のような観点から、一般人による私刑は非常に危険。
法律の運用は検事、弁護士裁判官などの法律専門に、逮捕警察におまかせしましょう。というのが、現代の考え方である。

現代の法や刑罰を見て、「手ぬるい」と感じる事は多くあるかもしれないが、も杓子も厳罰に処すような世の中はめちゃくちゃ治安が悪化するし、法規範は犯罪者に対する懲罰だけでなく犯罪の発生や再発の防止、社会秩序の維持など、様々な観点から社会全体を見た上で十分に検討され、また時代に合わせて常に変更を加えた上で運用されている。刑罰は別に、個人の感情を満足させる為のものではないということは理解しておこう。


現代における私刑


とは言え、現代社会において私刑がないわけではない。というか、ここまで私刑は禁止されているよ、と書いてきたからにはそりゃーもう色々な私刑、リンチが発生している。

第一に挙げられるのはメディアによるリンチである。上述の通り、一般の人は悪人を見るととにかく制裁を加えたくなる生き物なので、犯罪者の身辺を調べ上げ、これを底的に攻撃するような論調のメディアを作るとそりゃーもう視聴率はドカドカ上がるし週刊誌バカスカ売れる。たちの悪いことに、情報ければいほど価値があるため、対が「容疑者」の段階からこれをやるものだから、たとえ容疑者が実だったとしても元の生活にはまず戻れなくなる。(そしてその頃には、自分たちのしたことはシレっと忘れて、捜の問題点やら何やらを叩き始めている)
メディアを見る上では、「こういう人たちもご飯食べるためにこういうことしてんだな…」くらいのある程度冷めた線で情報を収集する必要がある。

インターネットが発達した21世紀において話題になる事が多くなったのが、ネットリンチである。ネット明期から、問題行動を起こした者に対する2chねらーによる炎上騒動などは度々話題になったが、近年では自身の情報を発信するSNSの流行や、情報恣意的にまとめる「まとめブログ」などの存在により、ふとしたことからネット上のリンチが発生しやすい土壌が生まれている。そしてこれが全くのデマから発生している事も多々あり、被害者側の相談から刑事事件に発展した例も多々ある。
ネットに書いてあったから」と言うだけでリンチに加担するのは、自分が犯罪者になってしまう危険もある行為だと充分理解しておこう。

余談であるが、私刑は左翼団体や活動家の得意技でもある。内ゲバで殺し合ったのはあまりにも有名。


関連動画



■sm3673161[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 20/08/25 21:08
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ