ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ルアフ・ガンエデン


ヨミ: レイテイバーロー
掲示板をミル!
11カキコ!

ルアフ・ガンエデンとは「第3次スーパーロボット大戦α」に登場するキャラクター

CV:高山みなみ


概要


αシリーズの初代より登場している敵勢、ゼ・バルマリ帝国の支配者である霊帝アウグストゥスとか創世ズフィルードなどと呼ばれたりもする。見たは幼い少年の姿をしているが、ゼ・バルマリィ創世の時より生き続けてきたであるので実際は途方もく長い時を生き続けている。

表向きの国家運営は宰相シヴァー・ゴッツォを始めとした十二支族に任せているが決して傀儡というわけではない。彼自身も相当に強い念導の使い手であり、自らを守る体であるゲベル・ガンエデンや防衛衛星ネビー・イームも合わせて非常に強を発揮する。
臣民たちからの信頼も厚く、サルファ時点ではバッフ・クランに本の眼前まで侵攻を許すほどに弱体化してしまったゼ・バルマリィ軍であったが、ルアフが覚めと同時にネビー・イームの裁きのによって敵勢を一掃し、そのにした帝国軍兵たちが歓喜のをあげていたことからもそれが伺える。
バルマー側のキャラたちもルアフのことを慕っており、特にルリアやエペソなどはプレイヤー部隊がルアフの名前を口にしただけで、「地球人如きが軽々しくその名を呼ぶな!」と過剰反応するくらいである。

ガンエデン、という名称からも分かるように第2次スーパーロボット大戦αラスボスを務めたイルイ・ガンエデンとは対になる存在と言っても差し支えない。ただ、登場直前までは存在すら知られていなかったイルイとナシム・ガンエデンとは違い、彼の駆るゲベル・ガンエデンは幾度も敵勢と戦い続けてきた戦錬磨の猛者であり、より洗練されているとのこと。

初代から続く敵勢であるバルマートップという非常に重要なポジションにあり、本編中でも何度か顔見せはしている。シヴァーとその直属部隊のゴラー・ゴレム隊の暗躍も気づいていながら粗末なことであると放置するなど器の大きさも見せつけている。
そして終盤、ゼ・バルマリィ本へとやってきたプレイヤー部隊ことαナンバーズと遂に対面。銀河の終焉であるアポカリュプシスを前に共闘のを模索するも最終的には交渉決裂。自分の同たるナシムに見込まれた新たなたちであるαナンバーズと雌雄を決する時として軍を展開、自らもゲベル・ガンエデンで出し、創世霊帝としてのを十全に発揮してαナンバーズを追い詰める強敵として立ちはだかる。

・・・うん、半分くらいは本当だけどかなり盛っている。


真相 ※ネタバレ注意


ゼ・バルマリィ創世の時より生きる霊帝というのはウソで、実年齢は500歳程である。
その正体は霊帝から表向きの支配者としてを与えられてきた影武者を務める人間の1人でしかない。

臣民から慕われているとは言ったがその本性は悪い意味でそのものであり、とてつもなく傲慢で冷酷。実際にバルマーへやってきたαナンバーズにも「自分はバルマーなのだから救うのはバルマーの民だけで、地球人の危機なんぞ知ったこっちゃない」と、てのナシム・ガンエデンと同質の意見を言ってのける。
それだけならまだしも、実際は自分が守護すべきバルマーの民すらも彼にとってはけら同然のどうでもいい存在であり、自分とガンエデンさえ事なら民などいくらでも作れるのだから何人死のうが生きようが関係ないという暴論すらぶちまける始末。
挙げ句、αナンバーズにそれらの数々を摘されて批判を受けると「自分はだそ!」キレて辺り一帯を攻撃するなど器の小ささすらも露呈するなど典的な小物としての一面も見せてしまう。

こんな体たらくなもんだから激怒したαナンバーズガンエデン共々フルボッコ。特に前作でイルイと親しかったニルファ主人公勢は相当に思うところがあったらしく、親分からは「偽を断つなり!」 被撃墜王からは「テメェもなんかじゃねえ!」 超機人操者のおっぱい少女からは「私たちや真・龍虎王はあなたには従いません!」 元負け犬わんこキャプテンからはお前イルイとは違う、お前ガンエデンそのものだ!」などと散々な評価。結果的に彼らの猛攻に追い込まれて一時撤退を余儀なくされる。

だが、逃げ込んだ地下堂には今まで姿を消していたシヴァー・ゴッツォが待ち構えており、彼が霊帝などではなくただの影武者でしかないこと、だというのにのごとき傲慢さを振りまき、意味な出兵や遠征を繰り返してを低下させ、民に圧政を強いてきたことにブチギレていたシヴァーフルボッコにされてしまう。αナンバーズとの闘でを使い果たしていた彼には生身のシヴァーに抗う術すら残されておらず、霊帝に助けをめるもそれすら見放され、情けない断末魔の叫びと共にシヴァーによって断罪され息絶える。


真相その2 ※ネタバレ注意


実を言うと彼の駆るゲベル・ガンエデンの本体とも言える霊帝ゲベル」はとっくの昔にガンエデンから抜け出て霊の王ことケイサル・エフェスへと変貌してしまっている。つまり、「ナシム」としての意思があった地球側のナシム・ガンエデンとは違って、ゲベル・ガンエデンルアフによって操作されるの器でしかなかったというのが事の相。故に、確かに強ではあれど今までの闘を勝ち抜いてきたαナンバーズに通用するほどのは残っていなかったということ。本来ならナシム・ガンエデンと同じく三体のであるクストースも存在していたのだが、彼らもまたゲベルがケイサル・エフェスになる際に随伴する形で姿を消しているので登場しない。

何が悲しいってこれらの相にルアフ本人が全く気付いていないということである。いくら影武者だからってそれくらいのこと確認せんのか普通・・・

また、乗り手である彼と同じくゲベル・ガンエデンも散々な扱いを受けており、終盤のボスとしては申し分ない性を持っているのは確かだが、その少し前に歌以外のダメージ半減という恐怖の技を持つプロデビルンの長ことゲペルニッチと戦っていた関係でそれとべると見劣りするというも大きい。
(これに関してはそれ以降のプロヴィデンスガンダムヨリシロ初号機にもいえることかもしれないが)

それだけならまだしもルア死亡後はイルイの助を受けたシヴァーによって使い回されたり、ハード最終話ではケイサル・エフェスによって二体も量産されるなど、仮にもニルファラスボスを務めたナシム・ガンエデンと同等の存在とはとても思えない扱われ方である。


OGシリーズでの活躍


共々今の所は出番なしである。

ニルファシナリオが終わり、ユーゼス・ゴッツォの口から何度か愚という単が出ていたので多分存在はしていると思われる。他にも、アダマトロン最強技である「エルヨウン・イェダ・ドーマー」にもナシム・ガンエデンと並んでゲベル・ガンエデンが「古き人祖たち」のシルエットとして登場している。
αシリーズと違ってゼ・バルマリ帝国の現状に関する情報が少ないこともあって、登場した場合どのような扱いとなるかが気になるところ。


関連動画



■sm3890887[ニコ動]


関連商品


■azB0009MZ1US


関連コミュニティ


■co323


関連項目



最終更新日: 14/07/04 08:27
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ