ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ルイ・アームストロング


ヨミ: ルイアームストロング
掲示板をミル!
26カキコ!

Satchmo

ルイ・アームストロング(Louis Daniel Armstrong)は、アフリカアメリカジャズトランペット奏者、ジャズシンガーである。サッチモ(Satchmo)の称で知られる。


概要


ジャズ黄金時代る上で外せない人物の一人。ジャズ・フィーリング革新のみならず、新しいトランペット奏法や独自の和音解釈、スキャット唱法の創始など、アメリカ合衆国ひいては世界ポピュラー音楽に影を与えた。

トランペット奏者のほかジャズボーカルパイオニアとしても知られ、その独特のしゃがれ声は印的。なお彼の生み出したトランペットの新しい奏法には、グロウル(呻るように演奏すること)、シェイク(音をしく上下させること)、ベンド(音を理やり曲げること)など非常にボーカル的なものが多い。

代表曲は『この素らしき世界(What a Wonderful World)』『ハロー・ドーリー』など。

音楽活動以外に『グレンミラー物語』(1954)、『上流社会』(1956)、『五つの貨』(1959)、『ハロー・ドーリー』(1969)などの映画にも出演(に「本人」役)。そのエンターテイナーぶりを発揮している。


来歴


1901年、ジャズ発祥の地ニューオーリンズの貧民に生まれる。13歳のときに路上でを発、入れられた少年院の楽団でコルネット(トランペットに類似した楽器)に出会う。少年院を出てからは地元のキャバレーやパレードで演奏、そこで「キングオブジャズジョーキングオリバーに留まり、手ほどきを受ける。

1923年、キングオリバーに呼ばれシカゴの彼の楽団に参加し、二番奏者として活躍する。この楽団でピアノ奏者リルハーディンと出会い結婚。「二番奏者にしておくにはもったいない」と感じた彼女の薦めにより、キングオリバー楽団を抜けてニューヨークの一流バンドフレッチャー・ヘンダーソン楽団」にソロ奏者として参加。ニューオーリンズ・ジャズの要素をNYジャズ界に持ち込み、後のスウィング・ジャズ黄金時代の基礎を築く。

1925年、シカゴに戻りリルハーディンらと「ホット5」を結成。翌年楽器コルネットからよりやかな音色と高音域を持つトランペットに変更する。またこの頃録音された「ヒービー・ジービーズ」は音楽史上初めて録音されたスキャット曲といわれる。

1929年にはビッグバンドを結成。翌年、禁酒法止で勢いを失うシカゴからニューヨークに拠点を移す。1930年代にはヨーロッパツアー第二次大戦中には慰問演奏などもおこなうが、1940年代後半頃からはビッグバンドの需要が減少。小規模バンドでの活動を増やしていく。

その後のジャズの更なる革新ポップ音楽盛といった流れの中、サッチモの音楽オールスタイルとなっていくが、『バラ色の人生』『ハロー・ドーリー』などサッチモはヒットを出し続けた。1967年、『この素らしき世界(What a Wonderful World)』は世界的なヒット作となった。なおこの頃のサッチモは体の衰えから、体を必要とするトランペット演奏から歌手活動へとその重点をうつしていた。

そののち脳梗塞で倒れ入院。退院後すぐラスベガスホテルで3週間演奏おこなうも、最後の演奏終了後バンドメンバーに「もう演奏できない」と最後の言葉を残し、その7週間後の1971年7月6日、逝去。


関連動画



■sm1907969[ニコ動]

■sm5065099[ニコ動]
■sm4053588[ニコ動]
■sm5437271[ニコ動]
■nm4149794[ニコ動]
■sm129785[ニコ動]


関連商品


■azB00005HU9T
■azB0000561IK
■azB000062VFB
■az4887730861


関連項目・リンク



最終更新日: 11/02/21 19:02
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ