ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ルウム戦役


ヨミ: ルウムセンエキ
掲示板をミル!
20カキコ!

ルウム戦役とは、アニメ機動戦士ガンダム」または「機動戦士ガンダム MS IGLOO」における架の戦い。


概要


一年戦争序盤、宇宙世紀0079年1月15日から16日にかけて連邦ジオン公国間で行われた宇宙戦。ブリティッシュ作戦に次ぐ大規模宇宙戦闘である。参加艦艇もブリティッシュ作戦を上回り、作戦規模ではソロモンア・バオア・クーと同等かそれ以上であると言う説がある。


戦闘開始前


ジオン宣戦布告直後に行われたブリティッシュ作戦により連邦よりのサイドであった1・2・4を壊滅させた。さらにサイド2の第八番コロニーであったアイランド・イフィッシュ地球に降下(コロニー落とし)させることにも成功し、アースノイドに多大な心理的圧迫を加える結果をもたらした。一週間戦争と言われる一連の戦闘により、人類の総人口の25%に当たる30億人が死滅。人類史上でも類をみない戦果が上がった。

しかし、コロニー落としの本来の標的は連邦部のジャブローであり、これは連邦軍の決死の迎撃によりアイランド・イフィッシュが大気圏突入後に崩壊する形で阻止されてしまう。また、連邦宇宙軍は初戦で壊滅した第四艦隊を除き健在であったため、宇宙での優勢を確保出来てはいなかった。

ジオン公国の最高指揮官であったギレン・ザビブリティッシュ作戦の結果に満足出来ず、二回コロニー落としを実行すべく戦を再集結させサイド5(ルウム)に向かわせた。一方の連邦軍もジオン軍の動きを察知し、第三艦隊(レビル中将)と第一連合艦隊ティアンム?)をルナツーより出撃させた。

MS IGLOOでは、第二次ブリティッシュ作戦ルナツーに逼塞する連邦軍艦隊をおびき出すため、ジオン軍が流した偽情報だとしている。つまりコロニー落としまでは視野に入っていなかった事となる。


ジオン軍の戦力


どの作品においても参加可なほぼ全ての艦艇を動員したと描かれいる。具体的な参加艦艇としてはチベ級重巡洋艦ムサイ級軽巡洋艦が考えられる。また、作品によってはグワジン戦艦も参加が確認できる。数については不明な点が多いが「機動戦士ガンダム 戦略戦術大図鑑」では巡洋艦73艘とされ、「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」ではグワジン戦艦は1艘とされる。一方、IGLOOでは少なくとも2隻のグワジン級の参戦が確認できる。

MSMS-05ザクⅠ(いわゆる旧ザク)とMS-06ザクⅡCと考えられるが異説も多い。総数は不明だが、巡洋艦73艘説に立つと250機前後が導入されたものと見られる(ムサイの搭載数が3機であるため)。

この他、試作艦隊決戦QCX-76Aヨルムンガンドが実戦導入されている。艦隊決戦の要として絶大な期待が寄せられており、運用する第603技術試験隊の士気も高かった。


連邦軍の戦力


第三艦隊と第一連合艦隊ブリティッシュ作戦時と同様、マゼラン戦艦サラミス巡洋艦であったと思われる。総数は不明だが、多くの作品では数においてジオン軍を圧倒していると言う描写が立つ。

当然ながらMSは存在せず、トマホークセイバーフィッシュと言った戦闘艇や戦闘機が近接戦のであったとされる。IGLOOの描写では、何故か1機たりとも艦載機が確認できない。


戦闘の推移


ジオン軍サイド5(ルウム)に先着。コロニーに核パルスエンジンを装着していた1月15日22時連邦宇宙軍が攻撃を開始し、戦闘の火ぶたは切って落とされた。反航戦で布した両軍は互いにしく撃ち合った。序盤は連邦軍が数の上で優位であったこと、既にミノフスキー粒子の使用を予測していたためブリティッシュ作戦時のような奇襲が成立しなかったこともあり連邦が優位に戦闘を進める。艦隊戦のノウハウや戦闘艦の性に関しては連邦が上で、ジオン艦隊から次々にムサイが落していく。15日中には核パルスエンジン装着を断念せざるを得なくなり、戦略標の一つは失敗が確定した。艦隊決戦の要として期待されていたヨルムンガンドも、何故か前線からの間接射撃示が届かず、戦局に寄与できていない。それでも砲術長ヘンメ大尉の独断で発射され、至近弾を受けた1隻のサラミス級が脱落している。

しかし、16日になりジオン軍MSを集中的かつ飽和状に導入し、徐々に連邦を押し込み始める。周りを取り付くモビルスーツ隊とジオン艦隊を同時に攻撃できない連邦軍艦隊はどちらか片方に狙いを絞らなければならず、苦戦を強いられていく。さらにザク核弾頭を装備しており、一撃で沈む艦艇が後を絶たなかった。また連邦軍には多様な人種がいるため機械化が進んでおり、撃はオート制御が大半を占めていた。だがザクの機動にそのオート制御が追いつかず、有効弾が出なかった事も敗因の一つとされる。

戦闘開始から2時間後には戦50%を喪失し敗勢が表面化。3時にはレビル中将の乗艦であったマゼラン戦艦ナンケが被弾、ランチで脱出を図ったところをジオン軍黒い三連星に拿捕され彼自身も捕虜となり揮系統も壊滅する。投入された試作艦隊決戦ヨルムンガンドサラミス級1隻を至近弾で落させ、マゼラン級1隻を沈させる戦果を挙げたが、流れ弾で操作員が全滅したため放棄された。

4時、連邦軍の残存艦隊はティアンム中将に率いられて撤退。ジオン側も6時に撤退を開始し戦闘は集結した。


戦闘の勝敗


戦術的にはジオン軍勝利であり、連邦宇宙軍が壊滅したことにより以後の宇宙での優勢を揺るぎないものとした。ただし、コロニー落としそのものは失敗し、艦艇の損失・損傷を甚大であったため再び宇宙で同様の大規模作戦行動を取ることはできなかった。また、連邦軍の鋭才であったレビル中将を捕虜としたことも大きかったが、こちらはのちに連邦特殊部隊により解放されている(異説では戦争継続を望むキシリアが意図的に逃がしたとも)。

一方、正面決戦で敗れた連邦軍の心理的な圧迫感は大きく、講和をめるも大きくなったとされる。


その後


表裏問わず和を両者は模索したが、弱気になった連邦軍とは裏ジオン軍は居丈高となり条件降伏に近い要を突き付け交渉は難航した。しかし、捕虜となったのち帰還したレビル中将ジオン軍の疲弊ぶりを喧伝。連邦もこれに勇気づけられる形となり態度を硬化。交渉は決裂した(なお、この過程で両軍の間に南極条約が結ばれ、核・コロニー落としなどの大量破壊兵器の使用禁止と捕虜の地位が確認されている)。

2月宇宙での勝利では連邦を屈させられないと考えたジオン軍地球へと降下。これ自体は成功し、相当な面積を占領するが戦線は限に伸び切り泥沼化。着状態のまま作品開始時点の時系列である9月にまで続くことになる。

また連邦もこの戦役をV作戦と呼ばれるMS開発を開始。さらに既存艦艇にミノフスキー粒子散布下戦闘MS搭載を付与するビンソン計画も始められ、以降の宇宙世紀の軍備はこの戦役を基礎としたものとなる。


著名な参加人物


ジオン軍

連邦


その他よもやま



関連動画



■sm5857371[ニコ動]

■sm1198616[ニコ動]


関連商品


■azB004OYUFZI


関連コミュニティ


ルウム戦役に関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 19/09/30 16:23
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ