ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ルナマリア・ホーク


ヨミ: ルナマリアホーク
掲示板をミル!
139カキコ!

ルナマリア・ホークとは、アニメ機動戦士ガンダムSEED DESTINY」の登場人物である。

担当声優坂本真綾シン・アスカマユ・アスカ役と兼任)。


概要


ステータス
生年 C.E.56年 7月26日
年齢: 17歳
身長 164cm
体重: 46kg
血液型 A型
人種 コーディネイター
家族 メイリン・ホーク

ザフト軍艦ミネルバ所属のMSパイロットで、シン・アスカレイ・ザ・バレルとは士官アカデミー以来の親友。メイリン・ホークも、同艦のオペレーターを務める。称はルナ着用が許可されたエリート軍人でもあり、改造してミニスカートに仕立てている。ガンダムシリーズキャラクターにしてはしく、頭にアホ毛が生えている。

初登場時はかのシャア・アズナブルを彷彿させるザクウォーリアに搭乗し、シンデスティニーガンダムに機体替えすると、インパルスガンダムを譲り受けた。主人公仲間女性パイロットである上に、ミニスカアホ毛萌え要素も兼ね備えた美少女であり、DVD2巻のイラストを飾るなど、当初はその活躍にも期待が寄せられた。

しかし、「初陣からし戦前に機体のエンジン不調で脱落する」「キラの武介入の巻き添えを食って大ケガを負う」「アスランが原因で敵味方に分かれたメイリンにおいしい場面を持って行かれる」など、作中の扱いはシンに劣らぬ踏んだり蹴ったりの扱いであった。監督夫妻のキラ・ヤマト達への偏によって、シンが冷遇されるにつれて待遇が悪化していった側面もあるが、彼女の場合はシン以上に最初から不遇である。せっかく坂本真綾を当てているのにキャラソンキャラ、というのもしい。

ルナマリア最大の弱点にして、彼女る上で避けて通れないのは、射撃が大の苦手という所である。肝心な場面で敵を取り逃がす場面が本編では何度も見られており、当時ファンからは「誤射マリア」などと呼ばれる始末であった。具体的に例えるなら、「ルナマリアにビームライフルで狙われる=ヒイロ・ユイに『お前を殺す』と言われる」ようなものである。反面、格闘戦は優秀な描写が多く、撃機仕様ザクで格闘戦に秀でたガイアガンダムと互に渡り合ったり、ソードインパルスデストロイガンダムを撃破したりといった活躍を見せている。

スーパーロボット大戦シリーズなどのゲーム作品でシンの名誉挽回が進むにつれ、ルナマリアの扱いもフォローされるようになり、ステータス設定も原作フューチャーした「射撃が苦手な代わりに、格闘が得意」といった調整がされるようになった。ただし、攻撃が必ず当たる精神コマンド「必中」を使う際の消費ポイント大だったり、「必中」の効果を含む別のコマンドを先に覚えるなど「誤射マリア」としての側面も必ず反映されており、「機動戦士ガンダムSEED DESTINY 連合vs.Z.A.F.T. II」でも僚機のルナマリアがかなりの頻度で自機に誤射してくる。
スーパーロボット大戦UXではシンとの合体攻撃が実装。しかし続くOE、時獄篇では不参加となってしまった。
Gジェネレーションシリーズでも射撃より格闘の数値が高いことがある。
が、Gジェネレーションではいろいろとフォローする手段が豊富(キャラクターを育成して射撃をあげる、強化パーツスキルを使う、そもそも格闘が強い機体をあてがう等)であるためそれほど気にならない。

なお「射撃が苦手」とはよく言われているが、正確には「MSのような動いている的に当てるのが苦手」であり、通常の射撃訓練では問題なく的に命中させるシーンも存在する。 

また、クロスオーバー作品では、中の人ネタが多いのも特徴である。シンカミーユ・ビダンと絡むことが多いのと同様に、似たポジションファ・ユイリィセットで扱われることも多い。


カップリングについて


本編では中盤からシン仲になり、ラストは戦いに敗れたシンとルナマリアが寄り添うシーン最終回を迎えた。しかし、シンとのカップリングはこれまで、ドラマチックな悲を繰り広げたステラ・ルーシェとの「シンステ」が人気であり、「シンルナ」はそれに押されがちであった。

だが、「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」放送から7年経った2011年8月に、シン役の鈴村健一とルナマリア役の坂本真綾結婚。両名は「ファイナルファンタジーVII」「空の境界」でもカップル役だったが、初めてキャラクター同士がカップルになったのが本作だった。この朗報が発表されるや否や、シンルナイラストが数多く製作された。中の人同士がアニメキャラ同様ゴールインする例は稀であり、下述の関連動画にも多くの祝福するコメントが寄せられている。


EXVSシリーズ


バンナムが何をトチ狂ったのか、まさかのガナーザクウォーリアでルナマリアがオールスター参戦。

コスト2000ストライクと同コスト帯である。気になる性はというと、でかい判定と強口補正を持つメイン事故や着地を狙えるCSプレッシャーの高いグレネードに高い誘導と口補正を誇るレイ・ザ・バレルによるアシスト・・などシステム面の相性もよく、かなりの良機体であった。さらに本機は撃機の分類なのだが原作を意識してなのか格闘が割と振っていける(万レベルと、撃機であることを考えれば破格性である。

そして極めつけに覚醒技の存在が挙げられる。覚醒技の内容はシンが乗るインパルスが敵に向かってエクスカリバーで突撃するというものだが、これがとんでも性。具体的には誘導が強でなんと敵が横ブースト全快でも刺さる程。さらに本来覚醒技は使用するとブーストがになる仕様なのに対し、この機体だけはブーストがくならない。とにかく強なことは確かであり使わなきゃ損とまで言われてる。(FBでは覚醒仕様変更によりブーストの利点は消滅した)

ちなみにこの技はフリーダムVSインパルス原作再現で最後の爆発まで再現されているのだが、爆発するのは何故かインパルスである、どういうことだ。

以上、基本性に加え、められる操作も他機体以上にシンプルなこともあってかユーザーからは初心者オススメ機体として認識されおり、公式初心者機体として紹介している。
最新作のマキシブーストONではアシストが増えた(アスランセイバーガンダム)ために、武装欄に3機もアシスト(ブレイズザクファントムインパルスガンダムセイバーガンダム)が存在するというしい機体になった。

EXVSFB庭版ではDLCインパルスガンダム搭乗版が参戦。コストシン機より下がって2000。なぜかザクより耐久値が低い。性シン機を2000に調整したような感じだがただでさえネックであった武装のリロードがさらに遅くなり、武装の弾数も少ない。(フォースのビームライフルブラストミサイルシン機のような感覚で使ったり射撃武装に頼りすぎるとあっという間に枯渇してしまうので丁寧な戦い方がめられる。覚醒技はデスティニーガンダム呼出に変更。今度はアロダイトで突撃する。性ザク時と変わらず。・・・そう。爆発させることができるのも。
しかもインパルスになって換装が可になり様々な射撃武装が増えたので撃墜バリエーションが増える羽
もうやめてあげて。

EXVSMBではザクは今まで通り続投。インパルスガンダム版はVSモバイル会員限定で8月に解禁される。 


関連動画



■sm15293135[ニコ動]

■sm9735797[ニコ動]


関連静画・お絵カキコ


[画像を見る][画像を見る]

■im3773969(静画)
■im2402445(静画)
■im615643(静画)
■im2688240(静画)
■im2142609(静画)
■im3136709(静画)

Minecraft

■im1526391(静画)


関連商品


■azB0007N34XA
■azB000B64F18
■azB0007SMGLG


関連コミュニティ


■co1380


関連項目



最終更新日: 16/04/15 18:56
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ