ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ルパン三世 風魔一族の陰謀


ヨミ: ルパンサンセイフウマイチゾクノインボウ
掲示板をミル!
26カキコ!

ルパン三世 風魔一族の陰謀とは、ルパン三世OVA第1弾兼劇場用第4弾の作品である。


概要


元々はOVA作品として制作され、ビデオ商品自体は1988年4月発売を予定していたが、それに先駆けて1987年12月東京大阪のごく一部の劇場で開された。そのため本作はルパン三世シリーズにおいて、OVA作品と劇場用作品のどちらとしても扱われている。
この作品ではしく監督はいないものの、1stシリーズ作画監督を担当した大塚康生が監修を努めている。そのためキャラクターデザイン1stシリーズと酷似しており、衣装の配色に関してもルパンジャケットを着ている
初めてメインキャストの総入れ替えが行われた一作であるが、ファンの大規模な抗議と後述する騒動によって、1989年から始まったTVスペシャルシリーズでは山田康雄たち旧来の声優に戻された。
(とはいうもの山田没後に栗田貫一ルパンを引き継ぎ、2011年テレビスペシャルでも五エ門、不二子銭形の配役が一斉に交代されてる)


キャスト総入れ替え騒動


本作を制作するにあたった東京ムービーは当時経営難に陥っており、ギャランティが高い山田康雄たち5人の声優を降ろして製作費を抑えようと図っていた。また制作の中には山田の演じるライトルパンに否定的なスタッフもおり、意図的にそのイメージを覆そうとしたという情報もあることから、アニメライター(現:脚本家)の小黒祐一郎く、「キャストの総入れ替えが行われた要因はギャラと演技の両方にあるのでは?」と分析している。
それまで、山田たち声優と親交があった原作者のモンキー・パンチキャスト総入れ替えについて当初渋っていたが、制作側から先述した事情を聞いて考え直した結果、「5人の声優さんに前もって話をしてそれから了承を得ること」を条件に許可を出した。
ところが総入れ替えの話をルパン役の山田スタッフから聞いておらず、本作でルパンを担当した古川登志夫から初めてその話を聞き、開から1年後の深夜山田モンキー・パンチの自宅に苦情の電話をかけたという。
(銭形役の納谷悟朗も同様の話をスタッフから聞いておらず、本作で銭形を演じた加藤精三からやはり初めて話を聞き、「複雑だ」と吐露していた。)
この出来事がきっかけで山田パンチは仲違いしてしまい、その溝は山田が亡くなるまで埋まらなかった。事実山田訃報を新聞社から電話で聞かされた際、山田との思い出を巡らせていくうちに電話口で泣きをあげたり、葬儀の時もキャスト総入れ替えの話に納得いく説明ができなかったことを悔やむなどしていたパンチにとっては、山田の誤解が解けていたかどうか最後までわからなかったことが一番の心残りといえよう。


キャスト



関連動画


ルパン三世 風魔一族の陰謀に関するニコニコ動画動画を紹介してください。


関連商品


■azB0000C4GN3
■azB000M2EABQ


関連コミュニティ


ルパン三世 風魔一族の陰謀に関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目


次作
ルパン三世 生きていた魔術師

最終更新日: 15/04/12 14:25
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ