ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ルンバ


ヨミ: ルンバ
掲示板をミル!
43カキコ!

ルンバとは、

  1. RUMBAまたはRHUMBA。キューバアフリカ系住民が創り上げた音楽およびダンス
  2. 1のリズムなどを取り入れた社交ダンスの一種。
  3. ROOMBA。アメリカiRobot社が発売しているロボット掃除機。または室内の室内での乗り物
  4. 2008年プロ野球東北楽天野村克也監督(当時)が発した「バッカじゃなかろかルンバ♪」という歌の略称盗塁失敗での試合終了に対しての発言で、これが転じ「ルンバ」が走塁ミス采配の代名詞とされるようになった。

本稿では3について述べる。


概要


2002年ファーストモデルが発売されたロボット掃除機。良く誤解されるが「世界初」なわけではない。

iRobot社が1997年軍用に設計したロボット「フェッチ」を進化させたものである。ロボット兵士の戦争」P・W・シンガー 小林由香利訳 2010 p.39

ロボット掃除機を一般に広く認知させた機種であり、現在でもロボット掃除機の中で最も売れている。2012年までの販売台数は世界中で800万台。日本では60万台。

現在発売されているモデルは第3世代である。


ルンバの特徴


掃除機ロボット」と聞くと、何となくこいつはAIを搭載しており、学習があり、使い込めば使い込むほど学習して賢くなり、部屋の広さや形なんかを認識してくれて、最終的には非常に効率の良い掃除をするようになってくれる、と誤解しがちなのだが、実はそんな事はまったく

ルンバにはAIも記憶装置も搭載されておらず(少なくとも第3世代までは)、マッピングいんである。

ルンバは「何か物に当たったら、こうする」という条件反射的なアルゴリズムを組み合わせて動いているに過ぎない。その反射的な動作には40もの種類があるので、それをランダムに組み合わせる事によって、一見考えて動いているように見せているに過ぎないのである。後はタイヤローラーの回転数を数える事によって走った距離を測り、距離が長ければ部屋が広いと認識してそれなりの稼働時間を確保したり、ゴミセンサーで汚れが酷いところを見つけて入念に掃除してくれたり、バッテリーが切れたらベースに戻ってきたりするだけなんである。

故に、ルンバは実は大変なお馬鹿さんである。

見ていれば分かるが、何度も何度も同じところを掃除していたり、全然掃除しないところがあったり、袋小路に入って出て来られなくなったり、ちょっとしか掃除していないのにすぐにベースに帰ってきたりするんである。

しかしながら、これを毎日繰り返していれば毎回違う選択肢を選ぶから「総合的には」きちんと全体を掃除出来ている。ルンバの設計思想はそもそもそういうものなので、購入したばかりの人がルンバの仕事を見て「手抜き過ぎる!」と驚愕するのも理からぬ話なのだ。

もっとも、現在販されているロボット掃除機の中で、かなりお馬鹿さんなのルンバが、日本製の賢いロボット掃除機よりも断じて評価が高い。開発関係者は世界一の頭が集まるマサチューセッツ工科大学MIT)出身でかつ爆弾処理ロボットにも採用されている人工知能概念「サブサンプションアーキテクチャSA)」に基づき作られている(ようは世界最強軍事技術?)ことも大きく影はしているが、や室内乗り物としても評価が高いからとの感がある。


ルンバを使う際の注意事項



関連動画



■sm5502090[ニコ動]

 


関連商品


■azB009JAXM7A
■azB009RYY8XU


関連項目



最終更新日: 19/04/06 07:08
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ