ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


レイダーガンダム


ヨミ: レイダーガンダム
掲示板をミル!
23カキコ!

レイダーガンダムとは、機動戦士ガンダムSEEDに登場する地球連合軍のモビルスーツである。


概要


RAIDER GUNDAM
レイダーガンダム
GAT-X370
全高 17.94m
重量 84.9t
搭乗者 クロト・ブエル
装甲 トランスフェイズ装甲
兵装 100mmエネルギーツォーン
2連装52mm高初速防
破砕球「ミョルニル
距離プラズマ「アフラマズダ」×2
M417
80mm機関
M2M3
「76mm機関」×2

■im2627049(静画)

アズラエル財団下の防産業連合体が前期GAT-Xシリーズデータを参考にして製造した3機の「第2期GAT-Xシリーズ」の内の1機。

劇中に登場したレイダーは先行量産機であり、オーブ解放作戦に投入するため仕様スペックを一部変更している。
後に完成形となる「制式採用レイダー」が作られた。

X-303イージスガンダムを基にしており、簡素化しているとはいえ変形機構が取り入れられている。

宇宙でも運用出来る他、大気圏内での単独飛行も可で、変形して更なる加速を得る。驚異的な速度を活かし、一撃離脱の戦法を取るのが本機体のコンセプトである。
に余裕があるため、重武装のカラミティ背中に乗せて飛行し前線まで送り届ける使われ方もしている。

装甲にはトランスフェイズ装甲が使われ、実体弾を全て効にする。またGAT-Xシリーズにしてはしくビーム兵器ど使われておらず実体弾が体。そのため稼働時間がビーム体の機体よりも長い。

レイダーの武装の中でも一際立つのが破砕球ミョルニルガンダムハンマーを髣髴させるその鉄球は一般機程度の装甲から一撃で葬り去る。さすがにPS装甲は貫けないが、衝撃となってパイロットダメージを与える。円状に振り回せば、ビームミサイルを防ぐにまでなる。

劇中での活躍

作中ではクロト・ブエルの搭乗機として登場し、オーブ解放作戦にて初の実戦を迎えた。オーブ軍の艦艇やM1アストレイをカラミティと共同で多数沈めたが、フリーダムガンダムと途中で介入してきたジャスティスガンダムには決定打を与えられず、の効果切れで戦闘の続行が困難となり撤退している。

その後、舞台宇宙へと移しアークエンジェルフリーダムジャスティスと交戦。ミョルニルフリーダムの頭を吹っ飛ばすという快挙を達成するもフリーダムの捕獲という本来の的は失敗に終わっている。
ザフト軍の宇宙要塞ボアズに侵攻した際には次々とザフト軍の守備隊を撃破し、ピースメーカー隊のを開くという圧倒的な性を見せ付けた。

二次キンドゥーエ攻防戦でも性は遺憾なく発揮され、ミョルニルシグーゲイツを撃破。さらにはデュエル全に押さえる働きをも見せた。その際にレイダーミーティア装備のジャスティス戦闘している。また、味方のフォビドゥンガンダムカラミティガンダムが次々と撃破される中、レイダーは一番長く生き残っていた。

しかし母艦ドミニオンが撃沈。の供給を受けられなくなったパイロットのクロトが禁断症状に陥る。
そして中破したバスターデュエルを発見、向かっていったがバスターを借りたデュエルにコクピットを貫かれ、レイダーも撃破された。


レイダー制式仕様


GAT-333は、本来の開発計画に従って製造したレイダーの制式量産機である。X370レイダーオーブ進攻作戦への投入に合わせて本機のスペックを大幅に簡略化し、そこへ装を加えた機体。

大気圏内外からの長距離航空強襲機として開発されたレイダー制式仕様は、航空MS初の複葉機であり、背部のサブマニピュレーターで副を保持することによって大気圏内における飛行性・航続距離の強化に成功した。

上部に武装保持用パイロンが設置され、エンジンミサイルなど様々な兵装を扱う。ここに装着する武器の大半はメインマニピュレーターで扱う事を前提としている。ただしこのパイロン一の欠点でもあり、特性微妙に悪化させているようだ。
に前線フラップウイングレットが追加され、ターボエンジンも高出タイプに換装。またコックピット周辺に増設したフックには実験的にシリンダーを装着し、マグヌス効果で揚を制御する補助システム検証試験に使用される。

X370の武装の内、エネルギーツォーン」と破砕球「ミョルニル」、M417 80mm機関、2連装52mm最高初速防並びに、飛行性の向上により両脚部4基のスラスターを省略している。

本機のテストパイロットには「切り裂きエド」ことエドワード・ハレルソンも選ばれており、実戦投入の際にはエドの僚機が副ブレードに見立て、敵MSっ二つに切断している。これは、一部パイロット間でとなっている切り裂きエドの伝説的な戦闘を模倣したもの。
かつて戦闘機乗りだった頃のエドは、スピアヘッドを使用して“で敵を切断する”という整備班涙目なことをやらかしており、XP-79フライングラム”も破天荒な戦い方をしていたようだ。

DESTINY ASTRAY』では、連合を脱走したエドが南独立戦争にて再び搭乗することになる。

PS2専用ソフト機動戦士ガンダムSEED 終わらない明日へ』に収録されたMSVムービーでは、エドが搭乗したレイダー制式仕様が登場。戦争末期に行われた八・八作戦を描いたもので、大気圏外から突入してカーペンタリア基地を奇襲。迎撃に出ようとしたアジイルを機掃射で破壊している。「大気圏外からのダイブ、最高だったぜぇ!」
おこ戦闘は連合が敗退している。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のスペシャルエディション及びリマスター版では、ヘブンズベース防衛戦に参加している姿が新規に描かれた。僚機のウィンダム3機とともにレジェンドガンダムを追い回すが、ドラグーンを旋回させたオールレンジ攻撃により撃墜されている。


ゲルプレイダーガンダム


式番号:GAT-X370G

DESTINY ASTRAY R」に登場する改造機。作例・デザインはセイラマスオ氏が担当。

アクタイオンインダストリー社を中心にしたエースカスタム機開発計画「アクタイオンプロジェクト」に基づき、ダブルブイ(ヴァレリオ・ヴァレリ)が単独で開発したMS
人工知能80]を搭載し、同じくAI80]を搭載しているブラカラミティガンダム、ロートフォビドゥンガンダムとの連携行動を前提にした無人機である。

HJ編集部とセイラマスオ氏の間では「連射可ビーム兵器の搭載」と「飛行形態での攻撃の強化」及び「機動の強化」がテーマブラウカラミティに引き続き作中製作者(ダブルブイ)の傲慢さを如実に表しているかのような「分かりやすい若干過剰気味な強化」がされた。

レイダー制式仕様ではなくX370をベース良を加えており、武装にもその名残りが見られる。バーニアの増設による速度の増強をコンセプトに置いている。背部に「IWSP」のレールガンをスタビライザーと組み合わせて装着し、頭部にはセンサーも増設している。


関連動画



■sm15381676[ニコ動]


関連商品


■azB006F9CFX0


関連項目



最終更新日: 17/03/01 02:51
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ