ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


レイヴィニア=バードウェイ


ヨミ: レイヴィニアバードウェイ
掲示板をミル!
31カキコ!

[画像][外部]

レイヴィニア=バードウェイとは、ライトノベルとある魔術の禁書目録』の登場人物である。

CV:大地葉


概要


初登場は電撃文庫MAGAZINEに掲載された『とある魔術の禁書目録 SS』第1話。
禁書でも18巻と22巻に登場しているが、本格的に本編に合流したのは『新約』第1巻から。

『黄金』系でも有数の魔術結社明け色の陽射し』を束ねる魔術師魔法名は『Regunm771』。

実年齢12歳前後の金髪碧眼美少女であるが、魔術師としてはかなりハイレベル魔術集団を適当魔術で殲滅したり、魔術結社を単独で壊滅に追い込んだり、『人』の域に届く程の実を持つ。この歳で魔術結社を率いているのも納得の強さである。

タロットといった「徴武器(シンリックウエポン)」を使い、『の如き者(ミカエル)』のの一部も使用可
タロットを使用した大アルカナフルセットコンボすれば一時的に音速で行動できるらしい。それどころかちょっとした思い違いで「世界」を消滅させかけた。末恐ろしい幼女である。

性格としてはドS上条股間を蹴ったり浜面にビンタをお見舞いしたこともある。
胸はフレメアよりもい。あまりにも小さすぎてブラが不要な事を気にする程。年齢を考えれば気にするほどでもないと思うのだが。
パトリシア=バードウェイを大事にしており、密かに護衛を配したり命の危機には部下を向かわせるなどしているが、そのからは「わがまま」だの「心配性」だのと言われている。

科学に対しては特に否定的ではなく、科学雑誌も普通に講読している。『明け色の陽射し』自体、魔術結社でありながら最新科学を取り入れており、アレイスター=クロウリーは「ある種、私の欠片を最も色濃く継承している」という認識を持っていた。


活躍


SS~旧約

上条とはSSにて出会い、霊装『ドナーティホロスコープ』の回収を依頼。
その際に裸を見られたりする等ラッキースケベが発動しているが、「仲間にしたい」と思う程に気に入ったらしい。

旧18巻では『連合の意義(ユニオンジャック)』のもと戦闘に参戦しようとする民を傍で見て呆れていた。しかしパトリシアまで参戦しようとした事が部下(マーク?)の口から明かされた際、慌てて連れ戻そうとしている。

22巻ではドーバー海峡付近で徴武器を振り回し、フィアンマが発生させた100m前後の『の腕』をり落としている。周囲は然としていたが、これでも出80パーセントに至ってないらしい。何この幼女こわい。

新約

『新約』にて重要キャラクターの一人として登場。
上条浜面一方通行に『魔術』についての知識を与えるが、その後のハワイ編では上条をはじめ科学サイド人間を介入させる事により学園都市の孤立を謀る。その結果、上条を『裏切る』ことになった。

新約6巻では、フロイライン=クロイトゥーネを巡る戦いにて上条と対峙。その際の上条の最初の言葉は『よおバードウェイ。ちょいと仲直り(ケンカ)しようぜ』であった。
戦闘中には上条に『自分を巻き込んでくれれば良かった』といった言葉をかけられて動揺。そして『常に同じ動作で同じ術式を使用する』ことが魔術記号として彼女の強さと見抜かれる。つまり彼女は『新しいもの』をめつつも、自身に苦労を惜しまない「とてつもない努」であったのだ。

最終的に男女平等パンチを受けて敗北したが、その後シルビアに腫れたと不機嫌な様を見られた時には「お兄ちゃん属性」があるとからかわれている。
彼女自身は認めずとも『お願いを聞いてくれて頼りになるお気に入りのお兄ちゃんに叱られて拗ねている』なわけである。可愛い

新約8巻では対グレムリンの切り札としてお兄ちゃん上条キープしておく為に、上条に堂々とダイナミック侵入。
スペル戦ではレッサーと活躍。しかし上条レッサー美琴インデックスと共に船の墓場に到達した直後、オティヌスが「世界」を消滅させてしまう。

新約9巻では再生された世界オティヌスを攻撃している。
続刊の新約10巻では上条オティヌスを守る為に(彼女達の体感時間的には)いきなり態度を変させた事を当然快く思っておらず、レッサーに「愛しお兄ちゃんを横からかっさらわれてほっぺたが膨らんでいるんですかね?」とからかわれた。

その後オティヌス(と理由も言わずに去った当麻お兄ちゃん)を倒すために、インデックスと「模倣神技」を完成させて「グングニル)」をある程度再現し、上条達の前に立ち塞がった。
当初は上条に対しては多少お灸を据えるだけの予定だったが、上条があまりにも空気読めない発言をした為に全で対応する事になる。

レイヴィニアもインデックス世界を吹っ飛ばせる事を知らず、上条の忠告を視して使おうとしたが、上条ラッキースケベ機転によってインデックスの羞恥を犠牲に世界は崩壊せずに済んだ。

新約14巻ではサンプル=ショゴスに寄生されたパトリシアを救うために「カニリゼーション」を構築する。詳細は後述するが、レイヴィニアはカニリゼーションをった「」と呼ばれる存在になって突。両者は戦闘の末に倒れ、レイヴィニアは上条に、パトリシア上里翔流に保護された。
最終的にサンプル=ショゴス上条上里の手で除去され、さらにネフテュスの介入もあった事でバードウェイ姉妹は命を救われている。


召喚爆撃


火の徴武器を行使し、ドーム状の(属性化以前のの塊)を最速最短で叩きつける魔術
面倒な儀式を必要とせず、あらゆる行程を簡略化する代わりに威を落としているが、その劣った威を回数(速度)で補っている。
ただしあらゆる行程を視した魔術の為、並の魔術師が手を出せば自爆しかねない。綿密な計算を分量だけで済ませてしまう天才肌のレイヴィニアならではの術である。

…しかし、これは彼女の偽装であった。

なにもレイヴィニアは才で召喚爆撃を行使している訳ではなく、いつも同じ…すなわち「パターン化された行動」によって召喚爆撃を成立させていた。
大した事がないように思えるが、彼女の場合は一時間前、一日前、一週間前、一年前の自分を全に再現できる程に洗練されている。それは才というよりは「積み重ねた努」がもたらした成果だった。

逆に言えば「決まった動作で決まった魔術しか扱えない」という弱点がある。彼女自身新しい術式を開発出来るが、その場合はまた努の積み重ねが必要となる。
彼女は弱点を隠す為にアドリブや片手間、即といったトリックスター的言動をとるが、実はそうした言動も全て努によってパターン化されていた。

既定のコース璧に辿る事で、常に「自分という」へと収まる。この究極のパターン化魔術的な記号となり、使用すればするほど威の向上に繋がる。
つまり、積み重ねた努こそが彼女という魔術師本質、そして彼女自身なのである。

レイヴィニアはこの術式を使って他の魔術結社を単独で潰したこともある。


模倣神技


簡単に言えば、魔神オティヌスの持つ「(グングニル)」を限定的に再現し、上条オティヌスの頭のなかにある破壊のイメージを「現」として反映させる術式。
正しく使えば魔神に届き得るという、インデックスの10万3000冊もの魔道書が成立させている。

レイヴィニアは北欧魔神でない為、本来ならグングニルを扱えない。
しかしインデックスの協を得ることで絶大な魔神のほんの一部分を切り取り、たった1度だけでも高純度で保たれた「」と紡ぎ出される「現」を再現する事は出来た。

問題点として、人の身でわずかなを扱うだけでも、膨大な原典(オリジン)の知識を必要とする点が挙がる。作中ではインデックスの歌でレイヴィニアにを扱えるだけの知識が授けられたが、歌から流れてくる原典のを防ぐ術はなく、徐々に頭の中が蝕まれていた。

加えて、元のグングニルが「世界の創造・破壊」すら可という問題もある。
これによっての破壊を抽出しただけでも世界自体を余裕で吹っ飛ばせる、人の身に余る悪な性に至っている。扱う彼女達に世界を滅ぼせる自覚がない点も併せて非常に厄介である。

幸いにも上条ラッキースケベを発動させ、誤ってインデックスの胸を触った事で「模倣神技」を成立させている詠唱が途切れ、爆発四散した。
そのまま使っていれば確実に「グレムリン」のお世話になっていた事だろう。


カニバリゼーション


サンプル=ショゴスに寄生されたパトリシアを救う為に構築した、暗黒大陸(アフリカ)由来のハイブリッド魔術カニリゼーションは自社製品の共食いを意味するマーケティング用である。

根幹にあるのは、アフリカシンデレラこと「ニャニャブレムブ」という民話。これは醜い毛皮を被せられからも気味悪がられたが、不思議なで美しく育った話である。
レイヴィニアはこの民話を多少アレンジして(具体的には毛皮の色がになっている)、毛皮に「防衛、隠蔽、成長を一挙に促す培養器」という意味を持たせ、新たな臓器を体内で育てていた。

レイヴィニアはこの臓器を「果実」と呼ぶ(い毛皮も林檎に見立てている為)。この「果実」はトウモロコシで作られているらしく、パトリシアに食べさせてショゴスを摘出した後の不足した脂肪分を補う。
しかし、成分がトウモロコシと同じだろうが臓器をに食べさせることに変わりはない。上級者向けというかかなりサイケデリックかつグロテスクな話である…。

なおレイヴィニアも体内を圧迫され体に不調が起きており、いずれ確実に内側から破裂してしまう

新約14巻の騒動の根幹・原因をめると以下のようになる。

  1. パトリシア=バードウェイの全身の脂肪を溶かしていたスペースに寄生するサンプル=ショゴスを摘出しても、パトリシアは衰弱死する
  2. 新たな臓器(果実)を食べさせればショゴスを取り除いても助かるが、今度はレイヴィニア=バードウェイが最悪の可性として死ぬリスクを負う

この二者択一が姉妹間のすれ違いを生み、を、を助けるために命がけで行動していた。

「赤」

先述した通りニャニャブレムブの毛皮は「防衛機」を持つ。作中で「」と呼ばれていた不定形の存在は、ニャニャブレムを全身に被ったレイヴィニアであった。
かろうじて人は保っているが、傍から見ればサンプル=ショゴスと大差ない存在と化している。


関連商品


■az4048655078
■az4048665324
■az4048912534
■az4048707388


関連項目



最終更新日: 18/07/31 21:30
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ