ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


レイ・グレック


ヨミ: レイグレック
掲示板をミル!
3カキコ!

レイ・グレックとは、トミー(現タカラトミー)より販売されていた玩具シリーズZOIDS』に登場する架の人物である。
ゲームゾイドタクティクス』にも登場しており、柿原徹也を担当している。


概要


ヘリック共和国軍“閃光師団(レイフォース)”に所属する中尉
7人しかいないエースパイロットレオマスターの1人でもある。
元は旧ゼネバス領であった中央大西部の出身で、一兵卒だった頃にレオマスターの一人のアーサー・ボーグマンに素質を見出されてここまで引き上げられた過去を持つ。

惑星Zi歴2100年、ニクシー基地への帝国軍追撃作戦に参加。
後にライガーゼロと呼ばれ、共和となるゾイドの奪取に成功する。
またそこで後に永遠の好敵手ともなる男、ヴォルフ・ムーロアとの初邂逅も果たしている。

その後年が変わって2101年。
共和のものとなったニクシー基地を突如として襲った改造デススティンガー軍団の迎撃のため、当時まだ編成されたばかりだった閃光師団の仲間と共にライガーゼロで出撃し、ゼロに秘められた圧倒的なを持ってこれを見事撃滅する事に成功する。

かしこの時倒したデススティンガーパイロットがヴォルフの幼馴染アンナ・ターレスだった事により、知らずの内にレイとヴォルフと因縁を完成させてしまう事にもなる。

同年7月ヘリック共和国軍はついに帝国の本拠地、暗黒大陸ニクスへと上陸を果たす。
上陸部隊の先レイ率いる“閃光師団”が担当し、次々に帝国軍の部隊を撃破していった。

そして8月、“閃光師団”はニクスの地で帝国の影の部隊、“騎兵団”と遭遇、全滅直前まで追い込まれる。
しかし援軍として駆けつけたガンブラスター部隊の活躍により窮地を脱出。逆に騎兵団を撤退させた。
が、敵隊長であったヴォルフ・ムーロアは逃亡、これが後に取り返しのつかない事態を招く事になる。

ここまでが公式ファンブック3での活躍である。
その後暫くレイの活躍は書かれなかったが、ジェットファルコンに付属されたファンブックEXVol.8にて再登場を果たす。

2109年。時代は移り、ヘリックとガイロスの争いはヘリック&ガイロス連合軍とネオゼネバスの争いに変わっていた。
レイはそんな中、旧共和首都で起こった戦闘に出撃。士気向上のために同じく出撃していたヴォルフ・ムーロア三度戦いを繰り広げた。

戦闘序盤こそヴォルフの駆るエナジーライガーの圧倒的なの前に追い込まれるものの、援軍のジェットファルコンが駆けつけてからは形成が逆転。ライガーゼロファルコンに換装し、見事勝利を掴みとる。

しかしその直後、エナジーライガーエナジーチャージャー暴走
それにより引き起こされる悲劇を避けるため、レイとヴォルフは一時休戦して事の対処に当たる。
そしてエナジーライガーゼロファルコンを繋ぐ事により、2人は危機を回避するのだった。
(詳しくはエナジーライガーの項を参照のこと)

1999年ゾイド復活から続いていた新バトルストーリーは、ここで一応の終息を見せている。
その後ヘリック、ガイロス、ネオゼネバスの3がどうなったかは不明。
このの行く先は、ファン1人1人の想像に委ねられた、という事だろうか。打ち切り

以上の事からも分かるように、レイゾイドバトルストーリー後半の主人公とも言えるべき存在である。
恐らくバトストの中ではヴォルフと並んで特に知名度の高いパイロットなのではないだろうか。
ちなみにファンブック等に載っているイラストカードゲームのもの。担当は幡池裕行

・・・そんな一方で、バトスト界屈萌えキャラであったアンナ・ターレスを殺(向こうが自ら自爆しただけなので、厳密には違うが)した事により、一部ファンからは全に敵扱いされていたりもする。

余談になるが、当初コロコロコミックに掲載されていたバトルストーリー主人公は同じ閃光師団所属でライガーゼロ使いであったナイト・バイケルンというキャラだとされていたが、公式ファンブック掲載のシリーズにてこのレイ・グレックに置き代えられた。

ゲームでの活躍

PS2の『ゾイドタクティクス』にも登場。
やはりここでもヴォルフ共々、役的な扱いを受けている。
な活躍は上記のものとほぼ同じである。


関連動画



■sm7036134[ニコ動]


関連商品


■azB000A7T0MW
■azB000A7T0R2
■az4091060307
■azB000NC8OBW


関連コミュニティ


■co4591


関連項目



最終更新日: 12/07/12 20:55
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ