ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


レオ・ドリーブ


ヨミ: レオドリーブ

レオ・ドリーブ1836~1891)とは、クラシック音楽に属する作曲であり「フランスバレエ音楽の父」と呼ばれる人物である。


概要


フランス現在サルト県に位置するサン・ジェルマン・デュ・ヴァルに生まれる。郵便配達員の父親と優れたアマチュア音楽家母親の間に生まれたドリーブは、パリ音楽入学し、アドルフ・アダンに学んだ。彼は楽を学んだがオルガン奏者としての才を開させ、1853年にはピエール・ド・シャイヨ教会オルガン奏者を務めた。

そして時代は第二政期、ナポレオン三世のためにカンタータ「アルジェ」を作曲したことが彼を注の的にしたのだ。さらにレオン・ミンクスとの合作で作ったバレエ」が彼をバレエへといざなう。彼はほぼ毎年のようにオペラコミック座のためのオペレッタなどの喜劇を作曲していったが、1870年のバレエコッペリア」、1876年の同じくバレエシルヴィア」の大成功によってついにの名を勝ち得たのである。

今日ではあまり知られていない作曲だが、チャイコフスキーなどにはブラームスよりも評価されており、彼やサン・サーンスドビュッシーといった人々に影を与えている。


関連動画



■sm3510565[ニコ動]

■sm1043955[ニコ動]
■sm1984690[ニコ動]


関連商品


■azB00005GJDA
■azB00005FLJD


関連項目



最終更新日: 17/05/13 09:50
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ