ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


レッドアクシズ


ヨミ: レッドアクシズ
掲示板をミル!
38カキコ!

レッドアクシズとは、スマートフォンアプリアズールレーン』に登場する営・軍事組織である。


概要


中世界における4大国家のひとつ「鉄血」が、人類共通の敵である《セイレーン》に対抗するための方針を巡る対立か国家軍事連合《アズールレーン》を脱退し、自分たちの手で新たに設立したもうひとつの国家軍事連合

セイレーン》との戦いで戦利品として手に入れた彼女たちの技術やを積極的に導入し、人類のさらなる発展と革新ことを題に掲げている。

そのため、「人類自らが生み出した科学技術と天然自然による自然進化的な発展」を良しとする《アズールレーン》とは対立関係にあり、この対立は最終的に両営による本格的な武衝突へと発展していく。

その後、「鉄血」と同じく4大営の一を担っていた「重桜」も半ば寝返りに近い形で《アズールレーン》を脱退・離別し、《レッドアクシズ》に加わったため、世界は「人類ののみで戦う」と「を以てを制す」の一方を選択することを迫られることとなる。

モデル第二次世界大戦における枢軸国


ゲーム中におけるレッドアクシズ


作品名が示すとおり、ストーリーは基本的に《アズールレーン》側の視点で進んでいくため、ゲーム中における《レッドアクシズ》はプレイヤーおよび自軍の敵として登場する。

しかし、プレイヤーゲーム中に行える「建造」で普通に「鉄血」や「重桜」に所属するKAN-SENを入手することができ、自軍の艦隊に編成することも可

また、部内の各種施設には明石不知火ケルンといった《レッドアクシズ》所属KAN-SEN普通に存在し、それぞれ「ショップ」、「購買部」、「戦術教室」を運営している。

さらには、これはレッドアクシズに限らずアズールレーン側にも言えることなのだが、メインストーリー上でKAN-SENたちの生死に関わる事態が起こることがある。しかし、ゲーム上でプレイヤーのもとにいる該当するには影がない

これら要素は、ゲームシステム上の都合」ではなく、作中設定的にも明確な理由があるのだが、ストーリーおよび世界観の重大なネタバレになるのでここでは割愛する

なお、本編ストーリーは史実を下書きにしていることに加えて、アメリカ合衆国モデルとした「ユニオン」の戦いを題として描いているため、2018年4月の時点で敵として登場しているのは日本大日本帝国)をモデルとした「重桜」のみである。
一方、2017年12月26日から開催されたイベント写されし異色」では、「鉄血」の艦が敵として登場している(ただしこれもネタバレになるので詳しく言えないが、彼女らは本物ではないとだけ言っておこう)。

ただし、チュートリアルも兼ねたプロローグでは「ロイヤル」と「鉄血」の戦いが描かれており、2017年10月下旬から行われたイベント紅染の来訪者』のストーリーでは「重桜」の所属艦である瑞鶴主人公を務めている。

この他にも、過去イベントに「鉄血」のキャラクターたちをメインにしたストーリーが展開されたものが存在するため、今後本編においても「重桜」以外の勢が敵および物語メインとして登場するステージ実装される可性は十分ある。…と思ってたらゲイムギョウ界の女神たちがきちゃったり、トゥスクルの人々がきちゃったりしたよ。


所属国家


かつて《アズールレーン》の設立に深く関わった4大国家のうちの2である「鉄血」と「重桜」を中心に、様々な国家が所属ないし《アズールレーン》から替えした――という設定だが、2018年4月の時点で、公式で所属が確認されている国家は上記2だけであった。

イタリアを始めとした史実における枢軸国モデルとした国家本編らびイベントでの登場が待たれていたが、2018年7月に新勢ヴィシア聖座」、2019年9月に「サディア帝国」が登場した。


鉄血


4大国家のひとつ。強大な軍事とそこから生まれた高度な科学技術により勇往邁進を続ける軍事独裁国家。正式名称は鉄血英語表記は"IRON BLOOD"。艦船接頭辞は"KMS"。皇帝がすべての決定権を握り、貴族による評議会が行政を担う国家体制である。前々から北方連合と対立している。同出身のアドミラル・ヒッパーからは「科学」と評されている。

セイレーン》との戦いで得た彼女たちの技術を解析し、これを自軍の戦として転用したが、これにより「ユニオン」「ロイヤル」と意見対立を引き起こし、やがて《アズールレーン》を脱退。《レッドアクシズ》を設立する。

上述したセイレーン由来の技術を取り込んだ影か、所属しているKAN-SEN装は機械化した怪獣のような異形的なデザインをしたものが多く、大艦であるほど装も大きくなり、その点が顕著という外見的特徴がある。
また、KAN-SENたちのファッションとしては、軍服の意が強めに反映されており、ほとんどの帽子をかぶっているのが立つ。

日本版のメインストーリーでは、今のところプロローグにのみ登場する。戦艦ビスマルクゲーム上で2018年7月現在実装)がセイレーンを利用し、「ロイヤル」のフッドに2万以上のダメージを与えて即死させている。

[画像][外部]

KAN-SENの装備は「クラップ」という企業によって製造されている。モデルであるドイツが史実においては水上艦艇よりも潜水艦のほうに重点を置いていたためか、ゲームクラップ製の装備から入手できる装備品は装備中最も種類の幅が狭い特に、戦艦航空機が入手できないため、艦隊(後衛)の装備がほしい場合は要注意。しかし、これは逆に言えば「前衛艦隊用の強な装備が他企業の装備よりも狙いやすい」ということでもある。2018年以降では、戦艦空母実装にともなって戦艦航空機も入手できるようになった。ただ、事実上の鉄血艦専用装備も多く、(実際に特定の艦にしか装備できないものも)イベント写されし異色」を未プレイ鉄血艦がそろっていないプレイヤーには扱いづらいものがあった。現在では通常建造に実装された艦もあるため、だいぶ状況は善されたが。思わずスクラップと呼んでしまった指揮官もいるとかいないとか。なお、艦砲に関しては徹甲弾を使うものが多く、KAN-SEN側でも徹甲弾を強化するスキルの所持率が高い。余談だが、名前の元ネタ実在した企業クルップ社か。

第二次世界大戦時のドイツすなわちナチス・ドイツモデル――と思われがちだが、厳密には「ドイツ帝国ベース軍事独裁などのナチス・ドイツ的要素を取り入れた架ドイツ」をモデルとしている。「ロイヤル」ほどではないが、KAN-SENたちの装が洋寄りなのもそのため。

戦場で散った者たちの魂はヴァルハラへ赴く」という教えが慣習化している。おそらく『銀河英雄伝説』のオマージュこの点もモデルであるドイツの文化面・死生感を反映している。


重桜


4大国家のひとつ。「じゅうおう」と読む。極東に存在する君主制国家英語表記は"SAKURA EMPIRE"。艦船接頭辞は"IJN"もしくは"IRN""IJN"表記はドックや図鑑での艦船表記に、"IRN"表記は「艦船技術」の営別画面で確認できる。ちなみにIJNのJはJapaneseIRNのRはRìběn(「日本」のピンイン表記)と思われる。。「カミ」と呼ばれる常的存在の託を受ける「神子」が国家の中核となっている。しかし、実際には政府に属する人間たちが統治を行っている。隣東煌(ドンファン)と対立している。

という立地に加え、「数百年に渡り他国との交流を極力避けていた」という歴史ゆえに、「ヤオヨロズノカミガミ」を精霊信仰など独自の文化・習を今もなお色濃く残している。そのためか、所属しているKAN-SENは全体的に和服姿もしくは和風な装いをしている者が多い。
の中心地にはの名を冠した巨大ながあり、名実ともに徴となっている。かつてはKAN-SEN長門臣民と重桜艦隊の頂点に立っていたが、旗艦の座は大和(未実装)に譲渡。長門自体は開戦に反対の立場だったが、開戦に押し切られたようである。

鉄血」同様、《セイレーン》との戦いで得た彼女たちの技術を積極的に取り入れる方針を掲げたために「ユニオン」「ロイヤル」と対立を深めていき、最終的に《アズールレーン》を裏切るような形で《レッドアクシズ》に替えをする。ちなみに、ストーリー開始時点ではまだ《アズールレーン》に所属していた本編ストーリーが「ユニオン視点物語なので、すぐに真珠湾攻撃が始まるため大して気にする設定ではないが。日本鬼子を敵にしないと中共が怒るからね、仕方ないね
重桜」が《レッドアクシズ》入りしたのを契機に、東煌が《アズールレーン》に加入したという設定がある。

「カミ」という存在からを貰った赤城加賀が、重桜の中心人物になっている模様。より強大なを得るべく、仲間の魂を生け贄にしてカミにげている。強引かつ仲間を犠牲にするやり口に反発した一部のKAN-SENが離反しており、瑞鶴がその勢の中心人物となっている。このため重桜内部で内紛が起きている。瑞鶴は独自に《アズールレーン》に接触しており、一枚岩ではない事をわせる。

所属しているKAN-SEN体には獣耳尻尾、ツノといった人外的な器官が生えている。ただし、不知火翔鶴瑞鶴のように人外的要素が一切ない者も少なからず存在する(前者は獣耳の形をした機械製の外付けオプション。明言はされていないが、綾波野分などもその可性が高い)。これらは、重桜の人種的特徴であるらしい公式4コマびそくぜんしんっ」第005話・2のツイッター掲載時のコメント外部[外部])で、高雄が「重桜は御伽話の存在とともに共存しているゆえ、異の方からすればいささかしい外見を持つ子が多い。…そういえばやウロコの子もいるな」とっている。。重桜上層部によるセイレーン技術の研究によって、重桜の民は人間と「カミ」の調和を強化した「ミズホの秘」へと人種的進歩を遂げているようである。これらが体に少なからず影を与えているようなのだ。

ちなみに「重桜」の艦はモノノケをモチーフにしているとされる。また、人形(ひとがた)、花札といった、日本アイテムを使いこなすが多い。ファッション面も、和服着、忍者衣装といった日本?的なものが立つ。

[画像][外部]

上述したとおり、2018年4月現在ストーリー上でプレイヤーおよび《アズールレーン》の敵として登場する一の勢である。それゆえか域のドロップでしか入手できないキャラクターや装備設計図の数は、この「重桜」のものが最も多い

KAN-SENの装備を製造している企業は「蔵王重工」。ゲーム中のテキストでは「蔵王」と略称で表記されることが多い。蔵王製の装備は入手できる装備品の種類が豊富で、とりわけ駆逐艦軽巡洋艦用の装備が非常に充実している。例えば、ロイヤル軽巡ベルファストに最適と呼ばれる最強軽巡用榴弾は、この蔵王製である。反面、にクセが強いものや普通に「ハズレ」扱いされる装備品の数も非常に多い企業名の元ネタ三菱重工だろうか。


次へ»
最終更新日: 19/09/15 17:36
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ