ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


レッドアリーマー


ヨミ: レッドアリーマー
掲示板をミル!
17カキコ!

レッドアリーマーとは、アクションゲーム魔界村』に登場する敵、および彼を役としたゲーム作品である。


概要


真紅の体とを持ち、飛翔・ホバリングと吐き出す様々なブレス武器の優れた戦闘力を持つ悪魔

基本的に人を話すことは出来ず『ギャッギャッギャ!』と鳴くだけだが、人間と意思疎通が出来ないだけで他の悪魔とは会話できる模様。


『魔界村』シリーズ


魔界村』のステージ1の中盤から登場する中ボス的な雑魚キャラとして初登場。
中を飛行していてアーサー武器が届かない位置にいる事が多い、地上に降りて武器が当たる位置に来てくれたと思ったら武器を投げたら素く回避する、高速で突進して来る、弾も吐いてくるという多な動きと反応でアーサーを苦しめる強敵。「カプコンゲームは2面から殺しに来る」と言う伝統を視していきなり1面半ばで殺しに来る。
さらに先のステージに進むとこいつが複数体現れると言う脅威が待ち受ける。一体ずつおびき出して戦うか、一気に駆け抜けてスクロールアウトで消してしまえるという攻略法が通じる場面もあり、とにかく対処法を会得しておく必要があった。
倒さずにしばらく放置しているとい体色がく変わりパワーアップするという隠し要素があるが、かなり長時間らないと見ることができない。

アーケード版でも十分な強敵だったのだが、ファミコン移植版でさらに悪化して異常な強キャラとなり、あまりの難易度プレイヤートラウマを植えつけた。最初に出会った時、とても倒せないとコントローラーを投げたプレイヤーも少なくないのではないだろうか?
だが、プレイヤーが技術を身につけ動きを先読みできるようになれば、ノーダメージで切り抜けることも出来るようになる。積み上げた屍の数だけ上達を感じ取ることが出来るこのゲームを体現したキャラとも言えるであろう。

以降、続編にはレッドアリーマーキング大魔界村)、レッドアリーマーエース超魔界村)、レッドアリーマーダーク(極魔界村)といった、一族の中の優秀な者たちや魔王によって強化された個体も登場。
超魔界村R』ではステージボスとなった大の個体レッドアリーマージョーカーが登場する。説明書で「人間よりもはるかにすぐれた知・身体を持っている、レッドアリーマーの王。他のレッドアリーマーは、このモンスターによって産みだされたらしい」と解説されている。


『レッドアリーマー』シリーズ


数多のアーサー死体へと変えた恐るべき強さのために印に残る敵キャラとなり、憎まれつつも人気のあるキャラクターとなったレッドアリーマーは、彼の名をタイトルとしたスピンオフ作品の主人公となった。
魔界村』では個体ではなく多数の同族が出現する魔物の一種族として登場したが、『レッドアリーマー』のシリーズでは種族ではなく個人として登場。魔界村本編以前の物語なので数が増える前だったようだ。
魔界最強戦闘を得つつも魔王として支配の座には就かず、ただひたすら強さのみを希する武人的イメージで描かれている。そのと姿勢は魔界各地を治める魔王たちからも信頼を得て、異世界からの侵略から魔界を守り抜いたり、かつて不意打ちで勝利を盗んだファランクスの支配を打ち破り、アクションゲーム史上最強ボスとも言われる「人界に潜む闇の魔物」との戦いを繰り広げる。

初代はゲームボーイで登場。
アクションRPG的な要素を加えたハード初期のタイトルだが、ビジュアル音楽ゲームシステム共に非常に質の高い作品に仕上がっている。
取り分け特徴的なのはレッドアリーマーので、使い分けできるブレス飛翔&ホバリング、そしてに貼り付くことの出来るヘルクライムによるアクションがこのゲームの売りである。
落下すると即エンドな断崖絶壁を切り抜け、上下ともにが仕掛けられた通路をくぐり、ブレスを作りながら上へ上へと登っていく。
悪魔ならではのアクションと厳しめながら魔界村べればなんとかなる難易度からヒット作品となり、後のシリーズにも繋がることになった。

その後、続編がファミコンスーパーファミコンで登場。
前者はゲームボーイ版のシステムとほぼ同じ。
後者タイトルを『デモンズブレイゾン』と変え、シナリオビジュアルも一新したリメイク作品となっている。いずれも人気を得た名作であり、特に『デモンズブレイゾン』はニコニコ大百科にも作品単独記事が作られている。


外部出演


ファミコンアクションゲーム『魔界 七つの島大冒険』にラスボスとして登場。
魔界村の戦いで敗走した魔物のうちの一体であり、逃亡先でと崇められるうちに以前よりも強大なを得るに至り、体一角獣と同等にまで大化している。同じく逃亡した一角獣とは立場が逆転しており、一角獣から「々のボス」と呼ばれている。
しかし、隠しアイテムサタン」を持っていると一撃で倒すことができる。さすがにサタンほどの格には成り得なかったようだ。

シミュレーションゲームNAMCO x CAPCOM』に雑魚敵のレッドアリーマーと、それをまとめる大将格としてレッドアリーマージョーカーが登場。
レッドアリーマージョーカーはかつて『デモンズブレイゾン』で主人公となったレッドアリーマー本人が長い日を経て変異を遂げた姿ではいかと推測される事もあり、明確にられこそしなかったものの、それを匂わせる設定で描かれた。

格闘ゲームSNK VS. CAPCOM SVC CHAOS』に隠しボスとして登場。

同じく格闘ゲームULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』にも登場。
テーマ曲には初代レッドアリーマーのOP曲のアレンジが使われており、素さとトリッキーな動きが売りのキャラになっている。低飛行や化する各種必殺技から原作のレッドアリーマーらしさを垣間見ることが出来るだろう。


余談


名前の由来はカプコン社員の有馬という人物から。本人は敵キャラにされてしまって嫌だったようだが、気づいたときにはすでに発売が迫っていたので変えるわけにも行かなかったんだとか。

魔界村』という作品を作るにあたって最初にデザインされたキャラクターで、作品世界の中心となる存在とされている。

『レッドアリーマー』と『デモンズブレイゾン』は互いに関連しないパラレルワールドとされるが、『レッドアリーマー』の役の個体はかつて「き炎」と言われて魔界の敵を焼き払った伝説魔物の血を引く子孫であり、その伝説の「き炎」の魔物が『デモンズブレイゾン』の個体だと(強引に)考えれば一応話は繋がる。

『レッドアリーマー』シリーズ魔界村前日譚とされるが、その頃はまだおなじみの大魔王アスロトや後に魔界を支配する魔サマエルは存在しておらず、大魔王ルシファーも魔界の全てを握していない副王という立場にあった。(当時の魔界はダークロードという魔王が治めていた。またアスロトと外見がよく似た魔王が複数存在しており、アスロトやネビロスの先祖ではないかと考えられる)
このためレッドアリーマーの一族は歴代魔王よりさらに古となる歴史ある一族ということになる。


関連動画


 
■sm33138[ニコ動]

■sm6945877[ニコ動]
 ■sm596517[ニコ動]
■sm818995[ニコ動]
 ■sm4809835[ニコ動]
■sm8676081[ニコ動]
 
 ■1321623987[ニコ動]

関連項目



最終更新日: 21/03/06 21:27
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ