ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


レッドアリーマー


ヨミ: レッドアリーマー
掲示板をミル!
14カキコ!

レッドアリーマーとは、アクションゲーム魔界村』に登場する敵および魔界村スピンオフ作品である。


概要


真紅の体とを持ち、飛翔・ホバリングと吐き出す様々なブレスが武器の優れた戦闘力を持つ悪魔
作品によって、エースキングジョーカー等の亜種も存在する。
基本的に人を話すことは出来ず『ギャッギャッギャ!』と鳴くだけだが、人間と意思疎通が出来ないだけで他の悪魔とは会話できる模様。

元々は魔界村に登場するザコキャラだったが、マイクロニクスの作ったファミコン移植版の出来が恐ろしく悪かったために異常な強キャラとなり、プレイヤートラウマを植えつけてきた。
最初に出会った時、とても倒せないとコントローラーを投げたプレイヤーも少なくないのではないだろうか?
だが、プレイヤーが技術を身につけ動きを先読みできるようになれば、ノーダメージで切り抜けることも出来るようになる。
積み上げた屍の数だけ上達を感じ取ることが出来るこのゲームを体現したキャラとも言えるであろう。

移植のせいで印に残る敵キャラとなり、結果的に憎まれつつも人気のあるキャラクターとなった彼を主人公とした魔界村スピンオフ作品、それが「レッドアリーマー」である。
初代はソフトを差し替えられるタイプ携帯ゲーム機の元祖とも言えるゲームボーイで登場。
アクションRPG的な要素を加えたハード初期のタイトルだが、ビジュアル音楽ゲームシステム共に非常に質の高い作品に仕上がっている。
取り分け特徴的なのはレッドアリーマーので、使い分けできるブレス飛翔&ホバリング、そしてに貼り付くことの出来るヘルクライムによるアクションがこのゲームの売りである。
落下すると即エンドな断崖絶壁を切り抜け、上下ともにが仕掛けられた通路をくぐり、ブレスを作りながら上へ上へと登っていく…。
悪魔ならではのアクションと厳しめながら魔界村べればなんとかなる難易度からヒット作品となり、後のシリーズにも繋がることになるのだった。

その後、続編がファミコンスーパーファミコンで登場したが、こちらは前者はゲームボーイ版のシステムとほぼ同じ、後者タイトルを『デモンズ・ブレイゾン』と変え、シナリオビジュアルも一新した異質な作品となっている。
また、格闘ゲームSNK VS.CAPCOM SVC CHAOS』では隠しボスとして登場し、『NAMCO x CAPCOM』では『デモンズ・ブレイゾン』の設定を引き継ぎつつ登場した。
そして、現在発売中の『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』にも参戦。
テーマ曲には初代レッドアリーマーのOP曲のアレンジが使われており、素さとトリッキーな動きが売りのキャラになっている。
飛行や化する各種必殺技から原作のレッドアリーマーらしさを垣間見ることが出来るだろう。


関連動画


 
■sm33138[ニコ動]

■sm6945877[ニコ動]
 ■sm596517[ニコ動]
■sm818995[ニコ動]
 ■sm4809835[ニコ動]
■sm8676081[ニコ動]
 
 ■1321623987[ニコ動]

関連項目



最終更新日: 13/08/07 22:44
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ