ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


レッドホーン


ヨミ: レッドホーン
掲示板をミル!
22カキコ!
ゾイド > レッドホーン

レッドホーンとは、『ZOIDSシリーズに登場するスティラコサウル重突撃戦用ゾイドである。


機体解説


レッドホーン
RED HORN
基本情報
EPZ-001
EZ-006
所属 ゼネバス帝国
ガイロス帝国
モチーフ ティラコサウル
スペック
全長 20.8m
全高 7.6m
全幅 7.2m
重量 94t
最高速 130km/h
武装(旧)
武装(新)
ゾイドテンプレート

レッドホーン

ゼネバス帝国が開発したスティラコサウル戦闘ゾイド
帝国初の大ゾイドで、豊富な武装と堅な装甲を併せ持ち、その重装備から“動く要塞”の異名を持つ。

素体としてはゼネバス帝国初期より使われていたが、後に惑星Ziにやって来た冒険商人よりもたらされた地球ビーム兵器などの技術を応用する事により武器の種類とその威が飛躍的に向上している。

ほぼ機体の全身を強固な重装甲で覆いつつその全部位に多種多様な武器を搭載している事から並のゾイドえる圧倒的な攻撃と防御を実現、さらに頭部には大きな衝が装備されているため、これを用いた突撃戦法は対ゾイドだけでなく攻戦においても絶大な威を発揮する。

撃戦と格闘戦が両立されているうえ、レーダーセンサーなどの電子用装備も充実しており、その完成度はこの時代のゾイドとしては極めて高く、それでいて拡性にも優れているため、良機も数多く製作されるなど、帝国軍の的存在として長らく使用され続け、後に多くのエースパイロットが輩出されている。
また、このクラスゾイドとしては最多の生産量を誇っている。

ロールアウト後は親衛隊及び突撃隊に配属され、共和軍のRBOZ-2マンモスRBOZ-4ゴルドスなどを圧倒する活躍をしたが、RBOZ-3ゴジュラスの前に苦戦を強いられる事となり、それでもゴジュラスに対抗できる数少ない存在としてEPZ-2アイアンコングが登場するまでゴジュラスの相手を務め続けた。

ZAC2051年にガイロス帝国軍に接収された後は内部に“ディオハリコン”と呼ばれる特殊物質を組み込み、背部に強ハイブリッドバルカン砲を搭載したDPZ-10ダークホーンとしてガイロス軍の戦に取り入れられた。

第2次大陸戦争においてはディオハリコンが使えなくなったためダークホーンは再びレッドホーンに作り直され、装備の一部も修と変更が成されつつ再就役を果たし、以前と同じく帝国軍の機の一として活躍した。

また、ZAC2059年にはキングゴジュラスオーバーテクノロジーを用いての改造が施された生機種のGRZ-11クリムゾンホーンが開発されたが、制作技術が途絶えたのかそれ以降は使われる事はなかった。


劇中での活躍


バトルストーリー

2030年ロールアウト。その圧倒的な戦闘で高い戦果が期待されたが、同年にゴジュラスが登場したため、戦争導権を握るまでには行かなかった。

それでも数少ないゼネバス帝国の大ゾイドとしてアイアンコングサーベルタイガーが登場するまで戦線を支え続け、その後も前線での戦闘だけでなく後方支援においてもその性を遺憾なく発揮して陰ながら活躍を続けた。

ガイロス軍によってダークホーン修された後も突撃戦兼撃戦用ゾイドとして運用され、2機がかりで挑めばあのマッドサンダーをも撃破するほどの戦闘を見せつける。

二次大陸戦争においても大異変の影で数を減らした他の大ゾイド埋めとしてダークホーン修しての量産が進み、第一次大会戦では数と武装で共和軍を圧倒して緒戦における帝国勝利に大いに貢献した。

アニメ

ゾイド -ZOIDS-』から『ゾイドフューザーズ』まで登場。


初登場は盗賊団デザルト・アルコバレーノの頭領ロッソの乗機としてだった。
実は本作でのレッドホーンそのものの出番は意外に少なく、むしろダークホーンの出番の方が圧倒的に多かった。

ダークホーン帝国軍の機として対要塞攻撃や撃戦シーンなどに登場したが、基本的に後方支援役扱いになっており、具体的な活躍シーンはあまり多くなかった。


/ZERO』ではゾイドバトル選手機として登場。

ハリー・チャンプの特殊仕様ダークホーンがよく登場していた。
ビームランチャーや高機動ブースター搭載の改造としてチームブリッツと何度か交戦した。

他にもレッドホーンだけで構成されたチームモブ役で出演している。


フューザーズ』においてもゾイドバトル用選手機として登場。

ライガーゼロを想定したバトルロイヤルに参加し、ブレードライガーレイノスジェノザウラーの4機がかりでライガーゼロフェニックスに挑んだが、こちらも最終的には及ばず敗北している。


主な機体バリエーション


ダークホーン

ダークホーン
DARK HORN
基本情報
DPZ-010
所属 ガイロス帝国
モチーフ ティラコサウル
スペック
全長 20.1m
全高 13.5m
全幅 8.3m
重量 115t
最高速 130km/h
武装(旧)
武装(新)
ゾイドテンプレート

レッドホーンのガイロス帝国仕様機で、その名の通り機体色は漆黒に塗り固めてあるのが特徴。

内部に特殊鉱物ディオハリコン”を組み込んで出を引き上げ、背部にはハイブリッドバルカン砲を搭載してを高めている。

当時は複数でかかればマッドサンダーすら撃破できるほどの攻撃を誇っていたが、惑星Zi大異変でディオハリコンが失われたためほとんどのダークホーンはレッドホーンに戻され、残ったものは指揮官機として少数配備される事になった。
一応現在でもかつてと同の大ビームガトリング砲を装備しているが、以前ほどの攻撃再現されていない。

クリムゾンホーン

クリムゾンホーン
CRIMSON HORN
基本情報
GRZ-011
所属 ガイロス帝国
モチーフ ティラコサウル
スペック
全長 21.6m
全高 7.2m
全幅 7.9m
重量 103.0t
最高速 120.0Km/h
武装
ゾイドテンプレート

惑星Zi大異変直後のガイロス帝国HRZ‐1キングゴジュラステクノロジーをレッドホーンに応用して開発した機体。

当時の惑星全土に吹き荒れている磁気にも対応している他、頭部にはより強な偏向荷電粒子砲、背部には格闘戦用として身内にクローアームを仕込んだリニアキャノンなどを搭載して火力および各状況への対応性を高めている。

機体色が系統なのは軍内に多い旧ゼネバス兵士の士気を維持、鼓舞するためとされている。

ダークホーン・ハリースペシャル


次へ»
最終更新日: 18/01/20 23:47
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ