ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


レーション


ヨミ: レーション
掲示板をミル!
165カキコ!
今週のおすすめ この記事は第298今週のオススメ記事に選ばれました!
よりニコニコできるような記事に編集していきましょう。

レーション英:ration)とは、各の軍人の朝食食・おやつ・夕食・夜食のことである。


概要


本来は「割り当て」「支給」などを意味しており、軍隊で支給される配給品(歯ブラシ手袋など)全てをであったが、最近では作戦行動などに当たって個人に支給される携行糧食(コンバットレーション)のみをす場合が多い。

その支給品の1つである携行糧食は、近年では携行性や保存性を考慮し缶詰レトルトパックを組み合わせたタイプが現代では流となっている。現地の気などによっては簡易燃料や清澄剤といったものが同梱されることもある。
また糧食の中には缶などで包装された物もあるため、兵士にはアーミーナイフ(十徳ナイフ)が支給され、有事の際にはアーミーナイフ等で缶を開封するよう訓練している軍隊も多い。


内容


レーションは「兵士戦闘な状態に維持する」「大量に生産・消費され、補給路遮断を考慮して長期間保存されることがある」「戦地に置かれ、火ももない状況での維持食たりる」「末期の食事になるかもしれない」といった様々な条件のもとに作られている。高いストレスと死の恐怖にされる交戦地域では「食事」も兵士や将官の士気にくため、ある程度自民の味覚や好みに配慮し、バリエーションを増やしたレーションが多い。

レーションの中身は「包装に至るまで各の事情を表現している」と言われており、味に特化したフランスティータイムを重視したイギリスデザートワインつきのイタリア肉料理にこだわるドイツ、異色の「米飯+おかず」という形態の日本、実用本位のアメリカ、寒地のため熱を加える事前提のロシア中国など、ごとに内容物が違う。中にはモンゴルのように大量の軽食様の食品を袋詰めしておき、兵士は常時それをボリボリつまんで過ごすというレーションもある。

また、係争中でない同士の軍人は平和的に接しており、特に複数のの将兵が一堂に会した時はレーションの大交換会が催されることもある。最も高く評価されるのはフランスのレーションだが、"異色"の日本も好評を得ており、自衛隊カンボジア派遣された際での交換会では参加32中で「戦闘糧食II」が最も人気があったといわれている。

か失礼な話だが、軍事趣味者としても「味」がもっとも気になるところであり、よく「一番美味なのはどこののレーションか」等と議論になる。各所のWEBサイトなどではフランスを筆頭に、イタリアドイツ日本が好意的に評価されているが、逆にほとんどの場で「一番マズイ」として玉に挙げられ、またレーションネタオチをしめる役回りが多いのが、米国のレーション「MRE(Meal, Ready-to-Eat)」である。


「Meals Rejected by Ethiopians」


このMRE、特に1981年頃から支給された初期MREには様々な蔑称がつけられた。「もが食べることを拒否したメニュー(Meals Rejected by Everyone)」や「食べ物に似た何か別の物体(Materials Resembling Edibles)」など。その極めつけはタイトルの「(当時全体が飢餓状態に置かれていた)エチオピア人さえも拒絶するメシ」であろう。あまりのまずさにここまで罵られたのである。
この初期MREはまさに大量生産保存性最優先のマクドナルティックレーションであり、その味はさながらヨハネスブルグガイドラインで列挙できそうなほどまずく、散々各から味覚オンチと揶揄されたアメリカ人でさえ拒否反応を示し、残飯40%も出て兵士が1日に必要なカロリーを補いきれなかったであろうという報告が出る程に忌避された。
現在のMREではそのまずさはいくらか良されているが、現在でも「マズイ」糧食の喩表現として使われる。

一部には「レーションの味と戦争の強さは反例する」などと言う話もあるが、あまりアテにはならない。


滋養


「心身の健康を保つ」ことが料理の存在意義である以上、特に長期の絶食状況に置かれる可性を考慮して、レーションは味の他に栄養についても配慮がなされている。保存が効き大量に備蓄されていて、カロリーが高く調理しなくても食べられるため、災害などの際に民間にも配給されることがある。ただし兵士(≒しい運動を行う者)が食べることを基準として作られているため、長期連食した際には栄養バランスの点でやや難があり、そもそもレーション自体長期間の連食は想定していないことが多い。

また上述のように、各レーションはできるだけ「自の味」を再現しつつ栄養も考慮されて製作されている場合が多く、レーションのみで最低限の必要栄養素を満たせるように想定されている。つまり、レーションの中身は兵士しい運動に堪えうるように高カロリー(一般に3,000~4,000kcal、体の減耗がしい厳寒地のレーションは最高7,500kcal、成人男性が1日に必要なカロリーは約2,300kcal)なメニューになっているので、もし食べる機会があったとしても、相応にエネルギーを消費しなければ急速に太ってしまうだろう。

また、自衛隊災害派遣の際には被災者感情に配慮し、缶メシ(戦闘糧食I)から赤飯を外しているという。


注意


レーションといえど各軍隊の軍需物資であり、民の血税で作られる官品である。通常、これらは軍隊内で配給され軍隊内で消費されることが義務付けられているため、上記のような災害時等のケースでもなければ「食用の」正規レーションが民間に出回ることは基本的になく、ましてや品と取引されることはありえない。もし品とのやり取りがあったならばそれは横流しであり、発覚すれば官品横領の罪で逮捕されることは間違いない(外では実際にレーションを横領したグループ逮捕されている)。

よって、しばしば「実物レーション」として民間に出回るものは、長い間食べられず軍内でも必要要件(消費期限)を満たさなくなった古いレーションが「観賞用グッズ」という名で払い下げられたものがほとんどである。その場合、あくまでそれはコレクターグッズであり、食品としての健康的保は一切されていないので留意されたい。実際、その点については多くのレーション紹介サイトで特記している。

しかし、血税を利用しているがためにレーションはコスト限界まで抑えていることが多く、ほとんどので民生品(販されている食品)をレーションに加えている。例えば三立製菓やカニヤが自衛隊に卸している乾パンは納入の際の合格基準が厳しいだけで、中身自体はスーパーなどで販売されているカンパンと同じものである。
また、最近は企業民間向けにカジュアル仕様にした「ミリメシ」を販売する場合もある。例えば自衛隊駐屯地では民間向けのPX内でレーションと同等の「災害保存食」が販売されている。他、民間で売られている「災害保存食」も、レーションに準じている。


余談:SPAMについて


スパムメール」やモンティ・パイソンスケッチで有名になった「スパム(SPAM)」。このスパムに「飽きられるほど連続する」という意味が付会したのは、これがレーションに含まれていたからである。

携行性に優れ、塩分脂質タンパク質が多く、ソフトシェル包装で開けやすいといった特徴を持つこのランチョンミートSPAM」は、その利便性・保存性を買われてアメリカ軍に納入されていた時期があった。スパムも他のMRE同様とにかく大量に米軍に納入され、しかも保存性が高すぎるので食糧庫にはSPAMばかり溜まり、しかしながら味が強く連食すると飽きが来るためくから飽きられ、兵士たちはうんざりしながらSPAMを食うはめになり、「今日スパム明日スパム、明後日もスパム、来週もスパム…」という状況に陥った。

さらに「レンリース法(武器貸与法)」が米国で可決されると、これ幸いとばかりに死蔵されていたSPAMを含むレーションも各軍事物資として大量に送付された。特に英露にはたっぷり送られた。当然、イギリスに送られたレーションはイギリス軍の食糧ということになり…モンティ・パイソンネタにするほどSPAMがシティに溢れることになったのだ。

これが、「飽きられるほど大量に送りつけられる」という意味でのSPAMである。


関連動画



■sm2531862[ニコ動]

■sm18072198[ニコ動]

MRE実録。MRE中最もまずいとされるミートソースパスタを食べている。
■nm3389854[ニコ動]
■nm3866708[ニコ動]


関連商品


■azB0019HJ7GG
■az4846526127
■azB001877UB6
■az4769813651
■azB002XVOFU0
 

想像してみてほしい。これが毎日送りつけられる職場というものを。
■azB003L745CS
■azB001VZDOMO
■azB001VZ4S38
■azB001VZ3FAU


関連項目



関連リンク



最終更新日: 19/03/18 05:23
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ