ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ロイド・アーヴィング


ヨミ: ロイドアーヴィング
掲示板をミル!
147カキコ!

もしかして攻略王ロイド
 

ロイド・アーヴィング掲示板より

((())))
(´Д` )
ロイド・アーヴィングとは、『テイルズ オブ シンフォニアTOS)』の主人公である。
また、TOSから2年後の物語ラタトスクの騎士』ほか、
八頭身のきれいなロイドで『ソウルキャリバー レジェンズ』にもゲスト出演を果たしている。
 
CV小西克幸
 


概要


17歳 / 173cm / 58kg(※TOS開始時、ほか『テイルズ オブワールドシリーズなど)
クラス士(二刀流
出身:シルヴァラント
 
 
幼少時イセリアにてディザイアンに襲われ、瀕死母親アンナペットのノイシュと共に倒れていたところをドワーフ族のダイクに救われ、そのまま育てられた少年
ドワーフに育てられたため手先が大変に器用であり、細工を得意とする。
本来ドワーフ族にしか扱えない要の紋も簡単な修理程度なら可。また、流で二刀流剣術を習得をしている。
エクスフィア左手の甲に装着しており、母親の形見でもある。
 
上述の生い立ちから人種や立場などに偏見どない。
とはいえ物語開始当初は、幼馴染みであり再生の神子であるコレット世界再生を信じ、であるディザイアンひいてはハーフエルフを嫌悪していた。
が、ある事件をきっかけにコレット世界再生のへついてゆくことになり、その先に待ち受けていたさまざまな苦難を乗り越えてロイドはやがて自分ので見たものを信じ、理解し、受け入れようとするようになる。その上で間違っていると思うこと・間違えてしまったことを正そうとするまっすぐさ、ひたむきに走り続けて理想を諦めない心など、ロイドの持つ“強さ”が、仲間達を含め多くの人々の心を惹きつけ、そして動かしてゆく。
しかし自分の心ので物事を見て信じる純さが裏に出て、物事を自分本位で捉えて思ったままを発言してしまい他者から反感を買ってしまうこともある。
 
秘奥義は、『ラタトスクの騎士』を除くすべての参加作品で一貫して「」。TOSではマテリアルブレードを装備していないと使用できない。
流になったり、デリスカーラーンまで飛んでいったりすることがある(※GCTOS限定の石化バグによる)。
 
他者からは「ロイド」(ゼロスからは加えて「ロイドくん」「ハニー」)、プレセアからは「ロイドさん」と呼ばれている。
ニコニコ内での呼称は「ロイド」の他、「攻略王」(下記参照)「Dイド」まれに「エロイド」など。
 
テイルズオブシンフォニア ユニゾナントパック』発売決定に際して、ロイド魔神剣を放つ姿が描かれたTOS誕生10周年記念ロゴが発表された。テイルズオブシリーズ誕生10周年記念の折にデザインされたロゴの、魔神剣を放つクレス・アルベインTOP主人公)がモチーフとなっているようだ。
なお、『ユニゾナントパック』で追加された歴代キャラ衣装は、ガイ・セシルTOA)。
「まさかメーカーの垣根を超えたメタ的な何かなのだろうか……?」と思わず邪推してしまいそうな人選である。
 


人物


クール大人の男に憧れているが、本人は良くも悪くもまっすぐな性格で、正義感が強いお人好しの熱血である。
加えて、コレットほどではないが天然ボケのきらいがある。「正義」という言葉が大嫌い。

好物はビーフ敵はトマト料理トマトを使うレシピ以外はそれなりに上手い。カレーパイナップルは入れない

頭に血がのぼりやすい性質で、特に物語序盤ではクラトスリフィルに何か注意されるたびにカッとなり、そのことを窘められる場面がよく見受けられる。だが、そういった自身の性質をロイドも自覚しており、リフィル達から窘められれば自身の非を認めて素直に反できる。
飽きっぽい性格でもあり、生来のまっすぐな性格も作用して時と場を考えずに「飽きた」と口に出してしまうことが度々あるので、そういった部分も周りからよく窘められる。
 
勉強が大の苦手で、その悲惨さたるや17歳にして未だ九九が出来ず(のちにマスター)、400点満点のテストで取った25点を100点満点のテストと勘違いして「過去最高得点だ」と喜ぶほどであり、自身の二刀流「一刀で100の力なら二刀流にすれば200の力」という考えによるものである。あまりにもあんまりなその学力・知に担任教師リフィルも頭を抱え、時に実さえ諦念を隠しきれない。
だが頭の回転は速く、作中で機転を利かせたり突破口を見出したりすることも決して少なくない。勘も鋭く、物事の本質見抜き核心を突く発言をすることが多い。
また、他者の機微に敏い一方で、色恋沙汰には大変疎い(下記参照)

ダイクから「ドワーフの誓い」なる生活信条を叩きこまれており、多くの項があるそれらすべてを暗記している。
美的センスドワーフ価値観が刷り込まれているためか、どこかずれているところがある。トレードマークダイクに作ってもらった品で、気に入るあまり同じものを7着も作ってもらったらしい。
 
 (以下ネタバレ/反転
実の父親は、仲間の一人であり、クルシスの四大天使としても敵対する古代大戦時代の英雄クラトス・アウリオン
ノイシュも古代大戦時代からのクラトス仲間で、ロイドのアーヴィング姓はアンナのもの。
彼との親子関係が発覚し、のちに決着をつけてからは、クラトスを「父さん」と呼ぶ場面も時々見受けられるようになる。ただ、そこに至るまでの経緯が複雑だったためか、素直に呼べず「さ・・・クラトス」と言い直すこともある。
作中のキーアイテムでもあるロイドの武器マテリアルブレードダイクとクラトス、二人の父親からの餞別である。

ミトスく、
ロイドボクの影」「ボクが選ばなかったの最果てに存在する者」。
 (/反転終了)
 


ラタトスクの騎士


19歳 / 178cm / 63kg
タイプ戦士
属性:火
 
 
続編『ラタトスクの騎士』でもキーキャラクターとして他の前作パーティキャラクター達と共に登場する。
世界統合の立役者のひとりとして世界再生の神子コレット仲間達と共に有名人である。
が、同時にパルマコスタにおける大虐殺「血の粛清」の首謀者とされているため、エミル達とは当初敵対関係にある。
かつての仲間達にも何も告げず、たった一人でセンチュリオンコアを集めるべく世界を奔走している。
 
 (以下ネタバレ/反転
「血の粛清」を引き起こしたとされるロイドの正体は、デクスがセンチュリオンソルムのコアを用いて化けていた姿。
デクスのつけていた最臭兵器香水メロメロコウの臭いがきっかけで正体が露見した。「血の粛清」自体もヴァンガードが仕組んだ自作自演であり、ロイド自身は偶然その場に居合わせただけでまったくの実である(それどころかヴァンガード兵に追われて窮地に陥っていたマルタを救っている)。むしろ、その名を利用された被害者であると言えよう。
にもかかわらず、人々からどれだけ非難や憎悪を向けられてもロイドが一切の弁解をしなかったのは、かつてミトスに示した「何も悪いことをしていないのなら堂々としていればいい」という自身の信条を貫いたから。加えて、自身のセンチュリオンコアの回収がその性質上、容易に人と接触することを許されず、決して他言できないものだったこともあるだろう。
そのセンチュリオンコアの回収は、大カーラーンの精霊ラタトスクによる人類絶滅計画を阻止すべく、新たなる大精霊マーテルとその守人ユアンからの依頼で極秘に行っていたことだった。触れた者を狂わせる性質があるセンチュリオンコアを集めながらもロイドが正気でいられたのは、新たなる大の名付け親として精霊マーテル加護を受けていたからだったようだ。
彼が真実コレット達に告げなかったのもたった一人で世界中を奔走していたのも、ひとえに仲間を危険にさないため、ひいては世界を守るためであった。
 (/反転終了)
 
上述の事情もあってその言動は当初、前作からは想像もつかないほどクールめいており、数多の前作プレイヤー達が彼の変貌ぶりに驚愕・動揺・悲嘆した。
かつてクールな男に憧れしていたロイドだったが、世界統合から2年の時を経てロイドを取り巻いた遇が図らずも彼を歳相応以上のクールな男に変えたようだ。前作とべて若干低くなり、身長や体重と共に精的にも更なる成長を遂げた。良くも悪くも大人になったと言えるかもしれない。リフィルく、「変なところが父親に似た」。
しかし、その本質は以前と変わっておらず、(別行動時は敢えてクールに振舞っていたということもあって)パーティ参入後は以前の明るさや頼もしさ、愛すべき馬鹿っぷりも遺憾なく発揮するようになる。
パーティ参入前の単独行動時にも、シリアスな場面で「高速ポスター貼り」の追加特技を披露したり、見るからにダサイ自作仮面を装着してノリノリで「のジュエルハンター」と名乗ってみせたり(本人はイケてると思っていたようだ)
と、随所でアホの子っぷりを垣間見せている。
今作で、細工など図工方面の才に反して絵の才皆無であることが判明した。また19歳にしてようやく九九マスターしたようである。
「すけべ大魔王」の座は同情しつつも謹んでエミルに譲り渡した。ただし誤解で憂きに遭うことに変わりはない。
 
なお、今作においてもお染みのフラノールでのデートイベントにおける見事な手腕は健在である(下記参照)
ダイクに拾われ、母親のいない環境で育ったためか、人妻性を感じさせる年上の女性が気になる模様。
 
前作パーティキャラクター達の中では最も遅くにパーティーに加わり、その参入時期も終盤である。
だが、さすが前作主人公と言うべきか、レベル・装備固定ながらも伊達英雄と呼ばれていない強さを見せてくれる。
今作では、クラトスから譲り受けたフランヴェルジュをエクスフィア回収のへ出発する前にアンナの墓前に置いてきたため、マテリアルブレードは装備していない。それに伴い、秘奥義も「」から「蒼天」に変更された。
 
ところでデクスの声優が陶山氏だったのはもしかして大神隊長的なアレだったりしたのであろうか
 


その他の主な参加作品における設定



次へ»
最終更新日: 18/09/30 11:28
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ