ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ロイヤルペンギン(けものフレンズ)


ヨミ: ケモノフレンズノロイヤルペンギン
掲示板をミル!
75カキコ!

ロイヤルペンギン(けものフレンズ)とは、スマートフォンゲームなどのメディアミックスプロジェクトけものフレンズ』に登場するアニマルガールフレンズ(動物女の子になった擬人化キャラクター)である。

CV/演:佐々木未来アニメ/舞台

概要

南極大陸近くの・マッコーリーにのみ生息・繁殖するペンギンロイヤルペンギンフレンズ黄色の飾り羽根が特徴。

ゲーム版では登場せず、漫画版・アニメ版でのみ登場する。ただし漫画版でも本編に登場するワケではなく、単行本17話の表に他のPPP4人(イワトビペンギンジェンツーペンギンフンボルトペンギンコウテイペンギン)とともに登場するのみ。その回の本編セリフ付きで登場したのはイワトビペンギンのみ。月刊少年エース連載時にはこの表にも他の4人しか描かれていなかったようで、ロイヤルペンギンは単行本化の際に描き足されたようだ。

ほとんどのフレンズゲームからの出演なため、ゲームに登場していなかったフレンズしく、全12話を通じて台詞があるフレンズアクシスジカロイヤルペンギンの2人のみ(モブ役も含めるなら同話で観客役として出演したイワハイラックスオーストラリアデビルがいる。またフレンズなのかは不明だがゲストキャラであるCrunchyrollマスコットキャラクターHime」()も含まれる)。

[画像を見る]外見

ジャージ手袋一体上着を着込み、下にはスカートなどは何も付けていない(下着のようなものは確認できるため、下着をはいているか、コウテイペンギンと同様のハイレグ水着を着ていると思われる)。レースで飾られたニーソックスを着用。靴の色はピンクで、これは動物ロイヤルペンギンの足の色を再現したものと思われる。

髪型白黒ツインテール。配色は元の動物ロイヤルペンギンの色合いをそのまま当て嵌めている。前から飛び出た黄色の触覚も同じくロイヤルペンギンの特徴である黄色い羽のような形状の飾りを再現したもの。前ピンク色の部分は嘴を現している。瞳の色は

[画像を見る]けものフレンズプロジェクトでの扱い

「あのオーロラはみんなの夢。そんな感じで私、一所懸命に歌います!」

みんなと一緒に成長したい、そんな感じで『PPP』のボーカルやらせてもらってる感じです!みんなよろしく!あ、でもプリンセスって呼ばれるの…ちょっと恥ずかしい感じ…

けもフレ図鑑[外部]より

アプリ版けるペンギンアイドルグループPIP(Penguin Idol Project、ピップ)』の5人メンバーとして新たに迎え入れられ、イワビーによって『プリンセス』と命名された(Royalが王室の~等の意だからだろうか)。合わせてグループ名も『PPP(PENGUINS Performance Project、ペパプ)』に名した。プリンセス(Princess)という称にも掛けたものとなっているらしい。

バンド形態で活動する様子の描かれたPPP集合イラストでもマイクを握っており、一貫してボーカル専業として活動しているようだ。

本人は称で呼ばれるのを恥ずかしいと感じているなど、まだまだアイドル活動には慣れていないようだ。PPPの新プリンセスの夢への航路は始まったばかりである。

[画像を見る]アニメでの活躍

[画像を見る] ペンギン ペンギンマカロニペンギン
ロイヤルペンギン
Royal penguin

けものフレンズ』の第1話「さばんなちほー」から次回予告コーナーペパプ予告」で他のPPP4名とともに人形劇形式で毎回登場していた。

また第2話「じゃんぐるちほー」からはエンディング曲「ぼくのフレンド」のバックに流れる映像内でも、木の後ろにうっすら輪のみ映るシルエットとして映し出されていた。本編内での本格的な出演は第8話「ぺぱぷらいぶ」が初登場となった。

第8話で判明した仲間からの称は「プリンセス」で、コウテイペンギン称「コウテイ」と対になるように付けられたのだろう。ただし1話の次回予告では例外的に、「ロイヤルやってみてよ」と、「プリンセス」ではなく「ロイヤル」の名で呼びかけられている。

ジャパリパークの歌って踊れるペンギンアイドルユニットPPP(PENGUINS Performance Project. ペンギンパフォーマンス プロジェクト 略してペパプ)」の3代チームメンバーにして、同チームの発起人。初代・2代目が解散して以降音沙汰なしだったアイドルグループの復活をし、イワトビペンギンイワビージェンツーペンギンジェーンフンボルトペンギンフルルコウテイペンギンコウテイの4人にをかけて新メンバーを集め、5人グループとしての3代PPP」を再結成した。

結成後もダンスの振り付け・曲の作成・歌のレッスンなどをメンバー導し、自身は人に教えられるようよりも練習してきた。また、ライブを開催出来るようにコノハ博士に頼み込んで協してもらい、再結成から1年後でのイベント実施に漕ぎ付けている。そのため、「PPP」への思い入れやプロ意識も強く、同グループの中核的存在。

だが内心では、初代PPP(メンバーは4人。アニメ内でその構成フレンズの詳細は明言されていない)にも2代目PPPメンバーは3人。同じく詳細は不明)にもロイヤルペンギンフレンズは入っていなかった事を気にしている。

なお「初代PPP」についてはメンバー数の共通点から、アプリ版の「PIP(Penguin Idol Project)」(メンバーコウテイペンギンジェンツーペンギンイワトビペンギンフンボルトペンギンの4名)と同一のものと考察するフレンズ(本作のファン)も多い。

再結成後、立ち上げのお披露ライブ告知の為のイベントを終えトレーニングしていた所をサーバルかばんちゃんマーゲイと出会う。

だが、ライブ直前にマーゲイが初代や2代目が5人組ではなかったことを話した(プリンセスはその事を他の4人に伏せていた)ために自信を失い逃亡してしまう。追いかけて来たサーバルかばんちゃんに弱気な心を吐露し、去り際にメンバーに対してヒドイ事を言ってしまったと震えるプリンセスの姿は、ライブ練習での姿とは違う、1人の女の子の姿だった。

しかしサーバルの機転とマーゲイ声真似アシスト仲間の想いを知った事で心が復活。サーバルに木の上からかなり雑なライブ投入(人なら首を折って死にそうな転落っぷりだったが、フレンズだから事)を経て、そのままライブに復帰。見事3代目PPPライブを成功させた。

ライブ後はマーゲイマネージャースカウト。かばんちゃんに、ヒトは最後に港で撃されたらしいこと、ただしそれは「そうとう昔」の話である、という情報を伝えた。

その後、第9話「ゆきやまちほー」ではかばんちゃん一行を追うアライグマフェネックと遭遇。サンドスター動物や遺物が触れるとフレンズ化すること、ジャパリパークの周囲はである事などをメンバーマーゲイらとった。

最終話ゆうえんち」ではコノハ博士ミミちゃん助手に率いられる形で対巨大セルリアン戦にペパプメンバーや他多数のフレンズと共に参戦。「友達を守るのも、アイドル仕事!」と巨大セルリアンの脚をペパプメンバーで囲って両手で往復ビンタ(ペンギンのビンタ攻撃はが折れるほど痛いぞ!)をしてダメージを与えていた。

戦闘終結から1ヵ後に開催された祝賀会では会を任されたらしく、かばんちゃんインタビューをしていた他、マーゲイの手腕によりトキショウジョウトキとのコラボを実現・披露している。船出式にも参加し、ゴコクチホーへ向け新たに立つかばんちゃん笑顔で見送った。

けものフレンズ2』では第8話「しんきょくらいぶ」にて登場。相変わらず練習熱心な様子。新曲初披露ライブを間近に控え、マーゲイ考案の前座として演する演劇キャストを決める審員として登場。当日ではオオセンザンコウオオアルマジロの楽屋乱入や本物のセルリアンの飛び入り参加などハプニングがあったもののサーバル達の機転で演劇は成功、見事新曲ライブを成功させた。

[画像を見る]関連動画


■1488262345[ニコ動]

■1501551459[ニコ動]

■sm30762975[ニコ動]
■sm31144628[ニコ動]

[画像を見る]関連静画

■im6502418(静画)
■im6535123(静画)

[画像を見る]関連商品

■az4041054516
■azB01MTQOIRP
■it21207712569
■azB06XBDHTK6
■azB008C1GOH2

[画像を見る]関連チャンネル

■ch2628354
■ch2632934

[画像を見る]関連項目


最終更新日: 19/03/09 23:05
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ